2016年06月17日

UFCが39~42億ドルで身売り間近か

UFCが身売りを検討、少なくとも4社が参戦か(2016年05月11日)

デイナ・ホワイトがUFC身売り報道を全力で否定(2016年05月11日)

デイナ・ホワイト「我々はアジア進出を目指している」「身売りをする時はやる気を無くした時だ」(2016年05月13日)

 こちらの続報。

UFC sale reportedly imminent with two bids in $4.1 billion range (updated)(MMAFighting)

 UFCが身売り間近とのこと。以前候補として大連万達グループ、WME-IMG、ブラックストーン・グループ、チャイナ・メディア・キャピタルの4社を紹介しましたが(上記リンク先を参照)、現在はWME-IMGと大連万達グループが共同出資するグループとチャイナ・メディア・キャピタルの2つに絞られているとのこと。金額は39~42億ドルだと見られているそうです。

 なお、UFCの2015年の総売上は6億862万9000ドル、利益は1億5780万6000ドルだったとのこと。

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本
マンガで入門!  会社の数字が面白いほどわかる本
posted by ジーニアス at 12:25| Comment(42) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う~ん、UFCが身売りしても運営のノウハウは買収先はしらないわけで、少なくともダナがマネージメントを継続すればそれ程大きく変わらないと思うが。。
Posted by mr_st at 2016年06月17日 12:30
UFCも売上高800億前後か...WOWOWの売上高とだいたい同じか少し上。
UFCも紆余曲折あったけどよくここまで来たね...と思った。
Posted by あるケミストさん at 2016年06月17日 12:36
利益率半端ねーな!
スタッフが残らなければ意味ないけど
どういうつもり、なんだろ
Posted by なか at 2016年06月17日 12:38
デイナは売る時はやる気がなくなったときだと言ってたけど
もはや橋下さんの「2万%出馬しません」みたいになってるな 笑

身売りしても変わらないと思うけど、
多少中国選手が多めに出て来たりするのかな?
なかなか勝てないとは思うが......
Posted by まさ at 2016年06月17日 12:44
>金額は39~42億ドルだと見られているそうです。

プロスポーツ球団の資産価値

ダラス・カウボーイズ NFL 40億$
レアル・マドリード リーガ・エスパニョーラ 36億$
FCバルセロナ リーガ・エスパニョーラ 36億$
ニューヨーク・ヤンキース MLB 34億$
マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ 33億$
ニューイングランド・ペイトリオッツ NFL 32億$
ニューヨーク・ニックス NBA 30億$

UFCって凄いんだな
いつの間に、こんなに巨大化しちゃったんだよ

Posted by 善次郎 at 2016年06月17日 12:53
いやいや凄い値段だけど売却する値段と資産価値は全然比較できないっしょ。
資産価値30億ドル以上する団体が売却する時なんて資産価値の何倍もの値段じゃないと普通売れないから。
Posted by 価値 at 2016年06月17日 13:20
中国だから金あるってものあるんだけれど、UFCがこの値段で売れるんだったら資産価値に載ってるチームは何兆で売れるんだよ。
Posted by 4444 at 2016年06月17日 13:43
中国ってなんかやだなぁ…
Posted by 9029 at 2016年06月17日 14:09
>4444

いや4000億レベルのUFCが凄いんですよ
NBA NFL チームの人気トップチームと同じ価値って事です
Posted by あ at 2016年06月17日 14:27
to 価値さん
cc 善次郎さん

実際の売却価格が、Forbes算定の資産価値より高くなる可能性は低いと思います。

実際に身売りするような状況下ですと、
安く買い叩かれるのが通常ですので。

実際、セリエAのインテルは
資産価値は610億円と言われてましたが、
この前の身売りの時の
売却価格は330億円ほどにすぎませんでした。

もちろん、
親会社も売却事業も、
財務状況がしっかりしているのに身売りする
というのがないとはいえませんし、
その場合は売却価格のほうが高くなるとは思いますが、
スポーツチームのような人々の耳目を集める事業が、
健全な財務下で身売りされるのは考えにくいかと。
Posted by SK at 2016年06月17日 14:31
あるケミスト


売上高800億あるスポーツチームを上げてくださいチームですよチーム

有料テレビ局と比べてるのが笑えてくる こういう人間って本当にどこにでもいますね
上を見て安心したいんでしょうね
Posted by あ at 2016年06月17日 14:32
元々社会主義に民衆が傾かない様に労働者の権利や福利厚生を手厚くした自由主義の国より、
いつの間にか?労働者の環境が劣悪になった社会主義の国。

その国が市場経済を利用すれば生産業ならコスパで圧倒出来るのは確実だが、
そのマインドで経営するならエンタメで成功するとは思えない。

でも失敗してくれれば再び日本が一番になれるかもなんで嬉しいニュースなのかな。
Posted by スラッカー at 2016年06月17日 14:45
>NBA NFLチームの人気トップチームと同じ価値

批判するわけじゃないがさすがにそれはないわ。UFCは資産価値ランキングトップ10にも入ってない。
NFLの1チーム当たりの平均資産価値なんて20億ドル超えてて全32チームの資産価値がプレミアのマンCを超えてるんだぞ?
Posted by お at 2016年06月17日 14:51
そういやなんかで
フェティータ兄弟はアメフトの球団のオーナーになりたいらしいって見た気がするな
売ってアメフトいきたいのかな?

UFCはここまでやったし、
新たな挑戦か
それは夢があるんでしょうね
Posted by まさ at 2016年06月17日 14:55
エド・フィッシュマンに売ったらどうか
Posted by ・ё )南国【の】 at 2016年06月17日 14:59
アジアがあまり関わらない北米だから安心して観れたのだが。
このご時世好き嫌いともかく中国が関わるものはどうも厄介で見る気が失せかねない。
Posted by あ at 2016年06月17日 15:12
MMA業界において今やUFC自体が一つのリーグとしての役割を果たし機能している以上、リーグ内の一球団や一チームと比べることに何の意味もない。
比べるならMLB、NBA、NFLなどリーグ全体と比較しないと。
Posted by paw at 2016年06月17日 15:44
>>お


だから資産額が4000億って査定されてるじゃん

2000億査定されたNBAクリッパーズが2000億で買収しましたよ。
そして見てくださいスポーツチーム単体で800億の売り上げがあるチームがいくつあるか
年160億の利益があるチームがいくつあるか。

UFCはキックボクシング市場全体の100倍価値ありますよ
Posted by あ at 2016年06月17日 15:54
to あ さん

NFLのダラス・カウボーイスの
売上高は2014年に6億2000万ドルで、
1チームだけでも
UFCの2015年売上高より多いです。

さらに、2015年はもっと増えていると思われます。
↓な状況なので。。

なお、NFLリーグ全体としては、
2014年で120億ドルで、
2015年は130億ドルだそうです。

Posted by SK at 2016年06月17日 16:30
dvdとか、フィジカルな媒体の発売が無くなりそうで嫌だw
Posted by ててて at 2016年06月17日 16:59
他競技落とし大好きな「あ」さんが知ったか知識披露して墓穴掘るのはこのサイトの風物詩ですね
Posted by FC at 2016年06月17日 17:07
ダナ「チャンピオンクラスの選手が欠場ばかりするからやる気なくしました」
Posted by ジュロム at 2016年06月17日 17:13
まーUFCはすごいけど新興スポーツ団体だし、メジャースポーツのメジャーチームと比べてしまったら、数字的なもの以上に組織としての安定感は及ばないでしょうねー。
高く売れるなら売ってしまいたいとオーナーが考えて不思議は無い。オーナーとしての苦悩も半端でない場合もあるし・・デイナもこれ以上ハゲたくないだろう(笑)
GBP前CEOのリチャードシェーファーが、以前に「本当に愛するものは家族だけだ・・・会社を含むそれ以外のあらゆるものが売り物になり得る」と言ってたと記憶。まーGBPは基本デラホーヤのものなんだろうけど・・

ヒョ-ドルUFC参戦 vs UFC身売り なら
アンダードッグはヒョードルかなーー?(笑)
Posted by ufcer at 2016年06月17日 17:27
評価額と買収額はほぼ一緒です

MLBのドジャースの2015年の評価額は25億ドルですが2012年に実際に売却した額が21億ドルです。
http://www.forbes.com/mlb-valuations/list/

NBAのクリッパーズの2015年の評価額は20億ドルで、2014に実際に売却した額も20億ドルです。
http://www.forbes.com/nba-valuations/list/

ちなみにMLBの評価額1位のヤンキースで
評価額が34億ドル 総売り上げが5億1600万ドル 利益が1300万ドル

NBAの評価額1位のニックスで
評価額が30億ドル 総売り上げが3億700万ドル 利益が1億8万ドル

UFCの売却額が40億ドル 総売り上げが6億8000万ドル 利益が1億5700万ドル

他のメジャースポーツチームと比較するとUFCの評価額や総売り上げ及び利益などが全く遜色のないものだとよくわかると思います

Posted by 図書 at 2016年06月17日 18:03
今のところアメリカの情報をまとめると
買収先の要望でデイナはこのままのポジションで残留。デイナは所有しているUFCの持ち株を買収先に売って45億円ほど貰えるそうです。そのあと株を割り引いて購入するオプションをもらえるみたいなので、そのオプションを使ってどれぐらい株を買い戻すのか。

ジョー・シルバやシェルビーも残留。ジョー・ローガンは不明。

フェティータ兄弟はUFCから完全撤退。ラスベガスのパームスを買収する予定で、ステーションカジノを含めたカジノ事業に戻ると共に、UFC売却で得た4000億円を使って、NFLチームのオーナーになるようですね。レイダースを買収してチームをラスベガスに移転させるなんて話も出てますが。

Posted by 図書 at 2016年06月17日 18:15
これだけ利益が増えたUFCだけど、まだまだこれから2倍以上に増える見込みが有るからな。
数社がUFC争奪戦をしてるのだから、評価額より高く売却出来ても不思議ではない。
今後は選手への還元率ももっと増やしていって欲しいね。

ダナはまだやる気有るのかな?
また、ダナやフェティータの後継者についてはどう考えていたんだろう?
Posted by DA at 2016年06月17日 18:31
SK

だからリーグの話をしてないでしょ
スポーツチームの資産価値でググれば出てくるよ

じゃあNFLを買収できる? 出来ないんだよねだってチームそれぞれが独立してるから

スポーツチームの資産価値の欄に売上高 利益が出てるから
あんたが出した情報によるとUFCとNFLチームはどうとうの価値と認めちゃってるね

ちなみにスポーツチーム資産価値で調べればわかるけど、MLBなんてみーんな利益は薄利か赤字
160億の利益を出しているスポーツチームはない
Posted by あ at 2016年06月17日 18:32
つまり、UFC選手のファイトマネーはやはり売上の割に安かった、ということでいいのかな。
Posted by uji at 2016年06月17日 19:16
四大スポーツは人気選手が各球団チームに分散している一方で、MMAはUFC以外の団体はほぼマイナー扱い且つ上位競技者をUFCが独占してる状態。
なのでUFCと球団チーム単体の売上げ比較は全くフェアではないと思いますね。
皆さんが贔屓のMMAを持ち上げたい気持ちは分からなくもないですが・・・比べるならSKさんの挙げてるようなNFLなどリーグ全体の売上げ(2014年で120億ドルで、2015年は130億ドル)で比較すべきでしょう。
Posted by 渉 at 2016年06月17日 19:53
to あ さん

UFCと比較するなら、
比較対象は「1チーム単位」ではなく、
「リーグ単位」とすべきと思っているので
NFL全体の情報もあわせて書いたのです。
私と同じ考えの人もいるようですし。

MMAにとってのUFCは
アメフトにとってのNFLと同じ階層で、
NFL内の1チームと同じ階層なのは、
UFCにとっては選手個人となると考えてます。


とはいえ、1チームだけと比較するのであれば、
たしかにNFLのトップのチームとほぼ同等です。
営業利益は1.5倍ほどの差が有りますが。。

NFLのダラス・カウボーイスは
資産価値 40億ドル
売上高  6億2000万ドル
営業利益 2億7000万ドル
です。

なお、
NFL全体だと
資産価値 640億ドル
売上高  130億ドル
です。

あと、
MLBで赤字なのは30チーム中、3チームだけです。
また、
MLBの30チーム中、11チームが
ソニーの営業利益(約3000万ドル)よりも営業利益多いです。

あ さんの言う「薄利」の基準がわかりませんが
個人的には薄利とは思いませんね。。
Posted by SK at 2016年06月17日 20:17
UFCのユニフォームが
リーボックからリーニンになる日が
来ようとわ
Posted by わ at 2016年06月17日 20:25
デイナがUFC株の売却で得るのは「450億円」の間違いでした。

そしてフェティータ兄弟がUFCを買収した金額が「2億円」。それが15年後に売却する金額が「4000億円」ですから。

まさに「アメリカンドリーム」の世界です。
Posted by 図書 at 2016年06月17日 20:34
>SKさん

資産価値の基準がよくわからないのですが、サッカーの場合はチケットやユニフォームの販売、リーグ戦やCLの優勝によってその年の価値が変わると思うのですがどうでしょうか?
Posted by MOM at 2016年06月17日 23:27
>>SK

あ って人はUFCを賞賛したいだけの儲体質の人なのでスルーするのが吉かと思われます
Posted by ..... at 2016年06月17日 23:41
アメリカンドリームだから格好いいのに、チャイニーズドリームなるわけ?だっせーwこれが本当ならUFC見る目全然かわるわ。ベラトール頑張ってくれ
Posted by カバ at 2016年06月18日 00:49
UFCというブランドが残れば、売却するのは別に良いのだが、俺もチャイニーズドリームは乗れないな(笑)
Posted by 格闘技ラブ at 2016年06月18日 02:11
バブル時代に多くいた美術品を美的価値
Posted by wwe at 2016年06月18日 06:22
to … さん

ご忠告ありがとうございます。
そうします。。

to MOM さん

ここまでで書いた資産価値は
Forbesの算出した資産価値ですが、
Forbesが具体的にどんな評価基準で算出したかというのは
見つけられなかったので、
すいませんが一般論で答えさせていただきます。

まず、前提として、
資産価値=
 流動資産
  +
 有形固定資産+無形固定資産+その他固定資産
  ー
 負債
です。

各項目のサッカーにおける例を挙げますと、↓の感じです。
・流動資産:現金、ユニフォームなどの販売グッズ
・有形固定資産:スタジアム
・無形固定資産:選手契約(独占交渉権も)、テレビ放映契約
・その他固定資産:??(すいません。思いつきません。他社への投資などの項目です)
・負債:社債、銀行からの借り入れ、グッズ製造会社などの取引会社に対する未払いの売買代金

ただ、標準の評価基準がない資産(無形資産など)は、
現金や有価証券のように評価基準が明確なものと違って
評価基準によって資産価値が変わってしまいます。

なので、Forbesと違う基準で評価したら、異なる金額となると思います。
なお、前述のとおり、Forbesの評価基準は発見できませんでした。

ということで、
MOM さんのおっしゃるとおり、
この資産価値は毎年変わるものです。
(厳密に言うと、常時(毎分毎秒)かわります。)

しかし、Forbesが記事にするのが年に1回なので、
その時点の情報しかわからないという状況です。。
Posted by SK at 2016年06月18日 10:14
WME-IMGと大連万達グループの共同出資の方なら、
スポーツ、ハリウッド、ミュージシャン、ファッション等のアメリカ大手芸能事務所と、中国の複合企業の合体で、
アメリカの方も中国の方も、規模自体も段違いなのですが、ズッファよりむしろワールドワイドに展開してますよね。
日本で錦織やフィギュアスケート選手が協力してくれるようになる訳でもないでしょうけど。
IMGの子会社とパートナシップを結んでたWSOFは、まだ続いてるならUFCと繋がる可能性も有るんだろうか。
Posted by DA at 2016年06月18日 16:42
バブル時代に美術品を投機の対象としか見ていない成金連中が多くいたが、同じ様な連中には身売りしてほしくないな
Posted by wwe at 2016年06月18日 17:09
>SK さん

そんな必死にならなくても…
あまり細かい所つっこみくないですが、資産に関しての理解が色々と間違ってるとおもいます…。
素人が専門的な話に首つっこんでも仕方ないんで、もっと気楽に動向見守りましょう(笑)
Posted by はら at 2016年06月18日 20:34
なんか、揉めなくていい事で
揉めてるような気がする…
Posted by のらくろ at 2016年06月18日 23:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索