2016年06月09日

ロンダ・ラウジーがWWEレッスルマニア33に出場か

ペイジ・ヴァンザントがWWEサマースラム2016に出場か(2016年06月07日)

 こちらの続報。

WWE's secret plan to steal Ronda Rousey(New York Post)

 WWEがブロック・レスナーを『UFC 200: Cormier vs. Jones 2』に貸し出す代わりにロンダ・ラウジーのレッスルマニア33出場を望んでいるとのこと。また、UFC 200でサマースラム2016のプロモーションをすることも望んでいるそうです。

ロンダ・ラウジーがレッスルマニア31に登場、ステファニー・マクマホン&トリプルHと乱闘(2015年03月30日)

 ロンダは昨年のレッスルマニア31に登場、ザ・ロックと組んでステファニー・マクマホン&トリプルHと絡んでいますが正式な試合ではありません。今回は正式なプロレスデビュー戦を望んでいるとのこと。レッスルマニア33は2017年4月2日にフロリダ州オーランドで開催予定。

posted by ジーニアス at 22:56| Comment(11) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目先の大きな利益よりも長期的な安定した利益ってこと
WWEが無償で貸し出すとは考えにくかったけど思ったより高く付きそうな流れですね、、残念です
Posted by lo at 2016年06月10日 00:21
お!プロレスが絡みはじめて何だかPRIDEみたいなカオスな臭いがしてきたぞ(笑)
Posted by う at 2016年06月10日 07:47
ロンダもプロレス大好きだし、Win-Winの取引になるんじゃないの
Posted by くら at 2016年06月10日 08:21
どんなにUFCがスポーツ化したとしても、プロレスとMMA「総合格闘技」は切っても切れない関係ですね。

想定通りですね。
Posted by ゴリゴリ at 2016年06月10日 11:28
これは盛り上がりそう

青木のIGFでの茶番、ぜんぜん盛り上がらない
青木のRIZINでのペットボトル投げ込み、盛り下げてる
Posted by まさ at 2016年06月10日 11:52
これでいいのかUFC?
Posted by ケンジ at 2016年06月10日 14:44
WWE参戦を卑下してるが、向こうの一流アスリートがWWEのマットに上がるのは珍しいことではないのにな。
NBAのロッドマンやシャック、ボクシングのメイウェザーもWWEに参戦してる。
Posted by 一味 at 2016年06月10日 15:02
今後の利益も、UFCの方が大きいんじゃないですかね。
UFCが放映権料の契約更改をしたら、UFCはもうWWEの手の届かないとこまで行くんじゃないかと。

ラウジーもWWEに出たがってるし、選手の映画出演を認めてるなら、WWEの1試合くらい認めないのもおかしいよ。
映画撮影が被ってなければ、ラウジーは今年のレッスルマニア32にも出てたんじゃないか。

ビスピンがロックホールドを倒す前に、ソネンとグラップリングマッチやってたようなもんでしょ。
Posted by DA at 2016年06月10日 19:33
ビスピンがロックホールドを倒す前に、ソネンとグラップリングマッチやってたようなもんでしょ。

全然違います
きょうびグラップリングマッチでは小遣い稼ぎにもなりません
しかしWWEで小遣い稼ぎが出来るとなれば今後そっちも平行してやってく可能性もあります
そうなるとロンダの場合は映画→MMAの間にWWEも挟むことになってしまう
これはUFCにとって大きな興行的損失ですから
Posted by お at 2016年06月11日 02:51
俺は別にグラップリングマッチとWWEのギャラを比べてる訳じゃないし、
ラウジーはWWEよりもUFCでの1試合の方が圧倒的に稼げるので、小遣い稼ぎのためにWWEに出るってのはどうなんだろう。
Posted by DA at 2016年06月11日 21:57
小遣い稼ぎとかいう言い方するからそう思われるんじゃないですかね。
WWEのレッスルマニアはメディアの注目が集まるイベントです。
それに果たす役割が違うんだから、ギャラだってWWEの方が安いに決まってる。
そんな目先の利益なんかよりも自身のプロモーション活動として効果的だからでしょう。
Posted by ぎゃん at 2016年06月12日 07:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索