2016年06月04日

続報・モハメド・アリ氏が死去/アントニオ猪木、マイク・タイソンらが追悼コメント/名言集 etc.

燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木VSアリ 伝説の異種格闘技戦 【初回入荷限定特典付】
燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木VSアリ 伝説の異種格闘技戦 【初回入荷限定特典付】 [分冊百科]

モハメド・アリ氏が死去(2016年06月04日)

 こちらの続報

元世界ヘビー級チャンピオン モハメド・アリ氏 死去(NHKニュース)
プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリ氏が、アメリカ西部の病院で亡くなりました。74歳でした。

モハメド・アリ氏は12歳でボクシングを始め、1960年、ローマオリンピックのボクシング、ライトヘビー級で金メダルを獲得しました。プロに転向したアリ氏は、1964年、22歳でヘビー級の世界チャンピオンになりましたが、3年後、ベトナム戦争への徴兵を拒否したことでタイトルを剥奪されました。
その後、アリ氏はプロボクシングに復帰し、1974年に世界王座を奪還して通算19回の防衛を果たし、ヘビー級ながら華麗なフットワークを見せるボクシングスタイルは、「チョウのように舞い、ハチのように刺す」と評されました。通算成績は56勝5敗で、このうち37勝がノックアウト勝ちでした。
一方、アリ氏は、アメリカのレストランで受けた人種差別に抗議して、ローマオリンピックの金メダルを川に投げ捨てたほか、黒人の人権擁護を呼びかける集会に参加するなど、人種差別の撤廃を国際社会に訴えました。

引退後は、難病のパーキンソン病を患って闘病を続け、1996年のアトランタオリンピックの開会式では、聖火台に火をともしました。また、アリ氏は病をおして、アメリカ軍兵士の慰問などの社会活動を続け、2005年には、アメリカ政府から、最高の栄誉とされる「自由勲章」を贈られました。
アリ氏は3日、アメリカ西部・アリゾナ州の病院で74歳で亡くなりました。


【IGF】猪木がアリに追悼コメント「非常に辛い」(イーファイト)
「逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。最近では、体調を崩されているということを聞いて心配しておりましたが、こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常に辛いものです。あの戦いから今年で40年。6月26日が『世界格闘技の日』と制定された矢先の訃報でしたので残念です」


アリ氏死去―ボクシング界からは哀悼の声(AFPBB News)
■フィリピン出身の元プロボクサー、マニー・パッキャオ(Manny Pacquiao)氏
「われわれは今日、巨人を失った。ボクシング界がモハメド・アリの才能に恩恵を受けただけでなく、人類はその人間性から恩恵を受けた」

■元プロボクサーのフロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、米国)氏
「俺たちは、伝説を、ヒーローを、偉大な人物を失った。彼のおかげで俺はここまでやってこれたんだ」

■元ヘビー級王者のマイク・タイソン(Mike Tyson)氏
「神が彼の王者を迎えに来た。さようなら最高のボクサー」

■プロモーターのボブ・アラム(Bob Arum)氏
「私の中では疑いなく、彼はこの時代で最も変革させる力を持った人物だ。素晴らしいスポーツ選手で、素晴らしいボクサー。しゃべりがうまく、思ったことを口にする。そしてその考えは正しい。そういったこともあって、モハメド・アリは最も影響力のある人物だった」

■アリ氏がジョージ・フォアマン(George Foreman)氏と対戦した伝説の「キンシャサの奇跡(Rumble in the Jungle)」でプロモーターを務めたドン・キング(Don King)氏
「ボクサーとしてだけでなく、人としても、アイコンとしてもとてつもない存在だ。その魂が消え去ることはない、マーティン・ルーサー・キング(Martin Luther King Jr.)と同様にね。彼らは人々に正しいことをさせ、一歩も引かせさせない。だから、モハメド・アリは永遠に生き続ける」


「キンシャサの奇跡」で対戦、フォアマン氏「自分の一部なくなった」(スポニチ)
 フォアマン氏はこの日、短文投稿サイトのツイッターで「アリ、フレージャー(2011年に67歳で死去)、フォアマン、私たちは一つだった。自分の一部がなくなってしまった」とつぶやき、ともに名勝負を繰り広げた仲間との別れを悲しんだ。


アリ氏死去・談話(時事通信)
◇同じ時代にいたことを感謝
 元世界2階級王者の原田政彦氏 (アリ氏は)常に話題を振りまき影響力もあった。モハメド・アリという存在があったので、私も世界チャンピオンとして広く認めてもらえたと思う。1歳年上のアリ氏が、同じ時代にいてくれたことに感謝したい。
◇英雄だった
 元WBAライトフライ級王者の具志堅用高氏  ボクシングを始めた頃の英雄だった。プロの本当の面白さを教えてくれた。フットワークと、相手のパンチをもらわないところはすごいと思った。今のヘビー級にあのような選手はいない。


モハメド・アリ、魂の名言集「不可能など、何もない」(ハフィントンポスト)
「私は蝶のように舞い、蜂のように刺す。奴には私の姿は見えない。見えない相手を打てるわけがない」

「リスクをとる勇気がない人間は、人生で何も達成することができない。」

「俺は世界を震撼させた。俺は世界の王だ。俺は最高、俺は偉大だ。世界を揺るがしたんだ。」

「俺を倒す夢でも見たのなら、目を覚まして俺に謝れ。」

「俺を自由の身にするか、さもなくば刑務所に入れろ。いずれにしても、俺は自分の主張を貫く。」

「人間が試練に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私自身を信じる。」

「私、私たち」

「不可能など、何もない。」


ムハマド・アリ氏が死去 ローマ五輪で金、徴兵拒否、猪木氏と異種格闘技戦(スポニチ)

スポーツの枠超えたカリスマ=「ザ・グレーテスト」アリ(時事通信)

猪木氏と“世紀の対戦”も…モハメド・アリ氏死去(テレ朝news)

闘い、守った尊厳=感動呼んだ五輪開会式-モハメド・アリ氏死去(時事通信)

「アリは死なない」悼む声続々=米メディア一斉に速報(時事通信)

posted by ジーニアス at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁやっぱり亡くなったあとに現役時代の映像見ると泣けてきますねぇ。
ご冥福をお祈りします。
Posted by ssa at 2016年06月04日 19:07
今年は偉大なミュージシャンの訃報が多かったですが、アリも亡くなったんですね
リングの中でなく差別や圧力とも戦った正真正銘のファイターでした
安らかに
Posted by アクエリアス at 2016年06月04日 19:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索