2016年06月01日

コディ・ガーブラント「UFC 203に出たい。誰であろうとKOするよ」

トランスフォーマー TAV11 ブラッディノックアウト
トランスフォーマー TAV11 ブラッディノックアウト

After Breakthrough Win, Cody Garbrandt Seeking Spot on UFC 203 Card in Cleveland(Sherdog)

 『UFC Fight Night 88: Almeida vs. Garbrandt』でトーマス・アルメイダに1R KO勝ちしたコディ・ガーブラントが試合後会見で以下のコメント

「トーマス・アルメイダにKO勝ちしたことでリスペクトされる気がするね。トップ15にすら入ってなかったけど上等だよ。自分のポジションを確立するためにも彼と闘う必要があった。全てを得るためにもね」

「俺は自信があるし、この階級で一番のハードパンチャーだと思ってる。計量で彼のエネルギーを感じたけど俺とは違うなと思った。彼がスロースターターだということは分かってたからガンガン行かなきゃいけないと思っていた。強烈なのが入ったのは彼の目を見て確信したし、そしたら彼は出血しだした。これまでの試合のように前に出て来なくなった。すぐにラッシュしなきゃいけないと思った。スピードとパワーの違いがよく分かった」

「クリーブランド大会が控えている。スティペ・ミオシッチが防衛戦を行う。9月10日、オハイオ州クリーブランド、UFC 203。俺も故郷の州(※ガーブラントはオハイオ州ウリックスビル出身)でパフォーマンスを披露したい」

「実力者を用意して欲しい。俺の方がそいつよりも輝いているよ。誰であろうとノックアウトする。ドミニク・クルーズであろうとだ。俺はベルトを獲りに行く」

posted by ジーニアス at 00:47| Comment(1) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあ、取り敢えず落ち着けw
Posted by ちゃいこ at 2016年06月01日 01:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索