2016年05月24日

B.J.ペンがUSADA規定違反によりUFC 199を欠場について声明を発表

B.J.ペンがUSADA規定違反によりUFC 199を欠場(2016年05月24日)

 こちらの続報。

BJ Penn pulled from UFC 199 bout for USADA IV violation(BJPENN.COM)

 B.J.ペンが自身の公式サイトで声明を発表。それによるとペンは50ML以上の点滴による水分補給をしていたことをUSADAに自己申告していたとのこと。2年前に引退してからルールが変更され、点滴による水分補給が禁止されたことを知らなかったそうです。UFCと共に問題を解決し、なるべく早く試合をしたいとのこと。

 ミルコ・クロコップも肩の治療のために血漿と成長ホルモンの注射をしたことを自己申告して2年間の出場停止→引退宣言するハメになりましたが、結局検査結果は陰性でしたし、正直者がバカを見るパターンになっています。

図解 論語―正直者がバカをみない生き方
図解 論語―正直者がバカをみない生き方
posted by ジーニアス at 12:14| Comment(11) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルドも言ってた通り自己申告しなければバレないのかもしれませんね。
BJはジムを変えて練習方法を根本的に変えて今まで批判してた点滴も取り入れて減量にも成功した。ただ哀しいかな慣れないことしたので言わなきゃいいことまでUSADAにバラしちゃったというかんじでしようか?
Posted by けす at 2016年05月24日 12:55
私達でも知ってる事をbjと bjの周りが知らないなんてあり得るのかな?
Posted by 沖縄市 at 2016年05月24日 13:00
これが事実なら無知すぎるでしょ、BJも周りも。
Posted by ssa at 2016年05月24日 13:48
子供じゃないんだから知らなかったでは許されないでしょ。

沖縄市さんが言ってる通り我々でも知ってることなんですから。プロの自覚がない。
Posted by あ at 2016年05月24日 14:13
>私達でも知ってる事をbjと bjの周りが知らないなんてあり得るのかな?

黙ってればバレなかったのに喋っちゃったんだから本当に知らなかったんじゃないかな
バレそうだから自首しても損するだけだってことはミルコの例が示してるし
Posted by GDP at 2016年05月24日 15:26
ペンの場合、抜き打ち検査されてどうせバレそうだからって話では無くて、黙ってれば全く問題無かったのなら、
ホントの正直者がバカを見るパターンだな。
Posted by DA at 2016年05月24日 18:21
僕は恥ずかしながらこのルールを全く知りませんでした。
まだ試合の一週間以上前で現行犯でもなく1ヶ月以上前に点滴したよと申告するだけでアウトなんですね。
もし風邪とか脱水症状で病院に運ばれて点滴受けてた場合とかはどうなるんだろう?
Posted by けす at 2016年05月24日 20:53
あんだけドーピングについてワーワー言ってたペンもかよ。
Posted by bormann at 2016年05月24日 21:10
すみません。
素人の私にはよく分からないのですが何故点滴が違反なのでしょうか?
Posted by 牛丼好き at 2016年05月25日 00:15
点滴は禁止薬物の成分を薄める&尿の排出を促すことで隠すことができるから禁止なんですよー

そもそも減量後でもないのになんで点滴打ったんでしょう
アスリートなら普通なんです?
一応正式な医療行為ならカルテも出てくるはずなので続報を待ちたいですね
Posted by にご at 2016年05月25日 10:31
ドーピングもやってそう。だいたい何階級も行き来できるなんておかしいよ。
Posted by uji at 2016年05月25日 17:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索