2016年04月29日

ジョン・ジョーンズがオヴァンス・サンプレーに苦戦した理由についてコメント



Interim UFC champ Jon Jones says mom's leg was 'cut off' week of UFC 197(MMAJunkie)

 『UFC 200: Cormier vs. Jones 2』の記者会見でジョン・ジョーンズが『UFC 197: Jones vs. Saint Preux』でオヴァンス・サンプレーに苦戦した件について以下のコメント

「前回の試合では、背景にいろいろなことがあった。みんなは俺の私生活に何があったのか本当のところは分かっていない。俺の母親は本当にヤバイ状況にいる。現在糖尿病との闘いに本当に敗れている。彼女は試合の週に足を切断した。それで大いに落ち込んでしまった。それに俺は試合の月に刑務所にも入ってた。いろんなことがありすぎた」

「俺は15ヶ月以上試合をしていなかった。みんな俺のパフォーマンスが酷かったと言う。良いのを2発喰らったが判定勝ちした。あれが酷いパフォーマンスだったというのであれば、それだけ俺に期待してくれていたということだろう。そのことは問題ない。俺もオクタゴンの中はそんなにしっくり来なかったし、もっと圧倒できたはずだった。全ての出来事には理由があると思ってる。これでブランクは解消されたし、これで正しい戦略やゲームプランを実行できる。DCをブッ壊すと思ってる」

posted by ジーニアス at 12:57| Comment(23) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなに気にしなくても。圧勝で勝てたし。
Posted by こんぺいでーす at 2016年04月29日 13:04
母親のことはともかく
長期間試合できなかったのも刑務所に入ってたのも全部自分のせいだし
Posted by t at 2016年04月29日 13:06
お母さんの件は気の毒ですな・・・
Posted by ななな at 2016年04月29日 13:10
親がそんな状況下で刑務所入れるくらいだから
ただの言い訳だろう。
Posted by いきあか at 2016年04月29日 13:22
母親が大変な時に苦労や心配ごと増やしたら駄目ですよ・・
Posted by コロナキッド at 2016年04月29日 13:41
いや、刑務所に入ってたのは自分の責任だろうがw
何度も何度も同じ過ち繰り返しやがって
Posted by ファルカン at 2016年04月29日 15:18
今までの経験からして、勝負の世界に身をおいてる者が苦しい心情などを吐露した場合、のちの結果は余りよくない事が多いように感じる。さてJJは如何に?
Posted by サクラソウイチオー at 2016年04月29日 16:02
とは言え僕にはいつものJJに見えました。個人的には苦戦した理由は相手とサイズに差がなかったからかと。なのでコーミエとやったら普通にJJ勝つと思うけどな〜。
Posted by taro42 at 2016年04月29日 16:03
> taro42さん

大いに同意!! ランブルAJに秒殺されたグスタフに顔面変形するぐらい殴られて今回もオヴァンスの蝿が
とまるようなパンチであわやの態勢になってるんだから もういい加減に気が付かないとね。 
まぁ、自分では認めたく無いんだろうけど同じリーチだったらホント大した事ないよ、この人。
でもコーミエが勝つシーンは全く目に浮かばないけど。
その次にはグスタフとの再戦は避けられないだろうから その時にしっかり自分と向き合えるかだろうなあ。
Posted by コマ at 2016年04月29日 17:17
なら親の負担が減るように真面目になったらどうだ?
刑務所は入らないように出来ただろうが。
Posted by GGG at 2016年04月29日 17:48
ospは弱くない、ただそれだけ
Posted by クラーク at 2016年04月29日 17:56
JJvsグスタフ、JJvsDC、グスタフvsDCはほとんど差がなかったから、この3人はほぼ互角なんだと思います。
AJの存在がややこしくしてる。
Posted by けす at 2016年04月29日 18:00
>コマ
えっ!?
Posted by 飲食店 at 2016年04月29日 20:25
正直 MMAレスリングでもフィジカルでもリーチでもダーティさでも負けてるコーミエが勝つ確立は低いと思う。

コーミエはデカい奴は相性が悪い。
JJは小さい奴には相性が良い。

コーミエだからJJと良い勝負ができるだけ。
Posted by リーバイス at 2016年04月29日 20:39
自分の責任だろうが何だろうが、刑務所に入っている事で試合で調子が出なかったという事であれば、言っている事は何もおかしくはない。
調子が出なかった理由に自己責任も他者責任もない。

今回はいろいろあって本調子ではなかったが、次は違うぞというだけの話だろう。
Posted by もす at 2016年04月29日 21:23
つかこの人運動神経は良いけど目は良くないよね
だから打撃が強力なのに相手が近づいてきたら確実だけどそこからの発展性はない関節蹴りで追い払い、
打ち合いは徹底的に避けるわけで

それが通じにくい同程度のリーチかつ踏み込みのスピードがある相手には苦戦しちゃう
どちらもあるOSPは肉体的な資質では一番苦手な相手だったかも

でもJJの強みは勿論リーチなんだけど、メンタルもなんだよな
打撃有の格闘技やってればやってる程逆に躊躇する関節蹴りを遠慮なく蹴れ
ようつべで見ただけという技やムーブを試合で使い
足指がグロ画像になっても
骨が折れるんじゃないかという位腕を捩じ上げられても勝負を捨てない

社会人としてはあれだが格闘家としては理想のメンタル

Posted by スラッカー at 2016年04月29日 23:58
試合前に選手が体調管理を怠ってケガや病気をすれば自己責任
トレーニングが軌道に乗らずウェイトを作れなかった場合も自己責任
だとしたらJJの素行不良が招いたパフォーマンス不良も同じく自己責任では?
もすさんは何を言いたいのかちょっとわかりませんね
Posted by cash at 2016年04月30日 03:00
苦戦した理由についてコメントしたまでなので、自己責任だからどうとかは関係無いということですよね。
僕は敗因などを聞かれて正直に答える選手はわりと好きですね。
宇野が「顔のワセリン拭ったら指に付いてクラッチ取りにくくなってしまった」とか秋山がローブローくらった後にレフェリーに「1分休め」と言われたのを「10秒」と勘違いしてすぐ再開しちゃったとかミルコがヒョードル戦前にホーストと練習しようと思ったらダメになって打撃の練習が不十分だったとか(これはマネージャー談だったかな)、本人のせいだろうが言い訳だろうがそういう裏話的なことはどんどん聞きたいですね。
Posted by けす at 2016年04月30日 10:12
>cash
何故か自己責任にこだわってるみたいですが笑、苦戦した理由に対して、自己責任かどうかは論点がズレてますよ。





Posted by 巨人 at 2016年04月30日 10:53
jjはかなり慎重に戦ってると思ったけど。200で戦う為に。怪我でもしたら数ヶ月練習出来ないじゃん。
もうすぐだからね。200。
Posted by pit-c at 2016年04月30日 11:40
一つちょっと気になるのは、JJが休んでる間に検査が厳しくなって、今回はその初戦だからね。ひょっとして今回のが本当に実力かも。
Posted by mk at 2016年04月30日 12:42
その苦戦した理由を聞いて皆さん色々意見してるわけで、JJの刑務所生活は身から出た錆で自己責任(だから同情できない)と感じる人がいても不思議じゃないと思いますけどね。
ちなみに、けすさんとは真逆で自分はJJの話は言い訳がましいと感じてしまうタイプのファンです。
Posted by ごん at 2016年04月30日 17:06
モスさんの感覚がイマイチわからない。
Posted by ホセアルド at 2016年04月30日 17:51
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索