2016年04月24日

『UFC 197: Jones vs. Saint Preux』速報

UFC Jon Jones Poster, 24 by 36-Inch by Pyramid America [並行輸入品]

UFC 197 Results: ‘Jones vs. St. Preux’ Play-by-Play & Updates(Sherdog)

UFC 197 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼ライト級/5分3R
エフライン・エスクデロ vs. ケビン・リー


 1ラウンド。リーはスイッチスタイル。ジャブ、ワンツー。左ハイ。ワンツー、左ハイ。エスクデロ右ハイ。リーワンツー。エスクデロ右ハイ。リー左ハイ。パンチが交錯。リー左右ハイ。エスクデロクリンチ、離れる。エスクデロクリンチから金網に押し込むもリー入れ替えてバックを取る。離れる。リー右ハイ。エスクデロワンツー、なおもラッシュ! テイクダウン、リーすぐ立つもエスクデロなおも金網に押し込む。離れる。エスクデロワンツー。タックル、金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。エスクデロ右ロー。リー左ハイ。ジャブ。ワンツー。ジャブ。エスクデロテイクダウンもリーすぐ立ち離れる。リーワンツー。左ハイ。片足タックル、金網に押し込む。エスクデロ膝蹴り、離れる。リー右フック。エスクデロ片足タックル、金網に押し込む。リー入れ替えて膝蹴り、離れる。エスクデロジャブ。リー右フック。エスクデロクリンチ、金網に押し込む。互いに膝蹴り、離れる。リー左ハイ。エスクデロ右フック。リージャブ。エスクデロワンツー。ジャブ。リーワンツー。ジャブ。右アッパー。ラウンド終了。

 3ラウンド。エスクデロワンツー。リー左ハイ。前蹴り。前蹴りが交錯、エスクデロの蹴りが急所にヒット。休憩後再開。リーワンツー。左ミドル。エスクデロ左フック。リー左ミドル。エスクデロクリンチ、金網に押し込む。リー入れ替えてからテイクダウン、ハーフガード。リーパウンド。なおもパウンド。リーギロチンチョーク。しかし外れる。エスクデロ足関狙いもリー外して鉄槌。エスクデロクローズドに戻すもリーパウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でケビン・リー勝利。


▼ライトヘビー級/5分3R
マルコス・ホジェリオ・デ・リマ vs. クリント・ヘスター


 1ラウンド。デ・リマ右ハイ。右ロー。左ハイ。左右ロー。ヘスター右フックもデ・リマ右フック! ヘスターダウン! デ・リマ上になる、ハーフガード。デ・リマパウンド。パスしてマウント。ヘスターハーフに戻す。デ・リマパウンド、肘打ち連打! さらに肩固め! ヘスタータップ!

 1ラウンド4分35秒、肩固めでマルコス・ホジェリオ・デ・リマ勝利。


▼ヘビー級/5分3R
ウォルト・ハリス vs. コディ・イースト


 1ラウンド。ハリスはサウスポー。イースト左ロー。右ロー。ハリス左ミドル。イーストワンツー。右ミドル。ワンツー。ハリス左ミドル。左フック。蹴りが交錯。イースト右ミドル、ワンツー。パンチが交錯。ハリス左フック。イーストワンツー。前蹴りも急所にヒット。休憩後再開。イースト右ストレート。ハリスワンツー。右ミドル。イーストワンツー、なおも連打! 離れる。ハリススーパーマンパンチ。イースト右フックもハリスカウンターの左フック! イーストダウン! ハリスパウンド連打! 肘打ち! パウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド4分18秒、ウォルト・ハリスTKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
グライコ・フランカ vs. ジェームス・ヴィック


 1ラウンド。フランカ前に出る、右ロー連打、右フック、テイクダウン、クローズドガード。フランカパスしてハーフ。ヴィック立つ、フランカなおも金網に押し込む。膝蹴り。ブレイク。ヴィック右ロー。フランカ右ストレート。ヴィック右フック、なおも連打、フランカクリンチ、金網に押し込む、離れ際にヴィックソバット。ヴィックワンツー。しかしフランカテイクダウン。ラウンド終了。

 2ラウンド開始前にアイポークがあったとしてフランカがドクターチェック。開始。

 2ラウンド。ヴィック左フック。ワンツー。ジャブ、ワンツー。右ストレート。ジャブ連打、右ストレート。フランカバックハンドブローからテイクダウン、クローズドガード。ヴィック立つ、離れる。ヴィック右ハイ。右フック。左アッパー。ジャブ連打、右フック。右ストレート、ワンツー。左アッパー。ジャブ。右フック。ジャブ連打。ソバット。ラウンド終了。

 3ラウンド。ヴィックジャブ、ワンツー。右ロー。ジャブ連打。フランカプレッシャー掛けるもことごとく打撃を貰う。フランカクリンチもヴィックが金網に押し込む。離れる。ヴィック右フック。ジャブ。フランカ右ロー。ヴィックジャブ。フランカ前に出る。ヴィック跳び膝。ワンツー。フランカ右フック。右ロー。ヴィックジャブ。フランカ右ロー。ジャブ。ヴィック前蹴り。フランカクリンチ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、29-28、30-27)でジェームス・ヴィック勝利。


▼女子ストロー級/5分3R
カーラ・エスパーザ vs. ジュリアナ・リマ


 1ラウンド。お見合い状態が続く。エスパーザ右フックに行くもリマクリンチ、金網に押し込む。離れる。リマ右フック。エスパーザテイクダウン、クローズドガード。リマ三角狙いもエスパーザ外してハーフに。リマクローズドに戻す。エスパーザ立つとリマ蹴り上げ。エスパーザ再度上に。ハーフからパウンド。なおもパウンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。お見合い状態。エスパーザワンツー。リマ右ローもエスパーザキャッチしテイクダウン、クローズドガード。エスパーザパスを狙い立つもリマ蹴り上げ。再びクローズドガードに。エスパーザ持ち上げて叩きつけるもリマはクローズドをキープ。リマ下からアームバー狙い、エスパーザ外すタイミングでリマ立つ、金網に押し込む。ラウンド終了。

 3ラウンド。エスパーザワンツー。片足タックルからテイクダウン、クローズドガード。エスパーザ立つ。リマ蹴り上げから立つもエスパーザすかさずテイクダウン、クローズドガード。エスパーザ立つ、スタンドに戻る。リマ右フック。エスパーザテイクダウン、パスしてサイド。リマヘッドシザースからスイープ、逆にサイドを取る。パウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でカーラ・エスパーザ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
ダニー・ロバーツ vs. ドミニク・スティール


 1ラウンド。ロバーツはサウスポー。前蹴り。スティール右フック! ロバーツダウン! スティールトップを取る、クローズドガード。スティール三角狙いもロバーツパワーボムで叩きつけてパス。ハーフガード。ロバーツクローズドに戻す。ロバーツ立つ、スティールなおも金網に押し込む。膝蹴り。ロバーツ膝蹴り、離れる。ロバーツ左ミドル、左ロー。スティール左フック。ロバーツクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。スティール入れ替えて膝蹴り、またもテイクダウン、クローズドガード。ロバーツ立つ。スティールクリンチ、金網に押し込む。ロバーツ入れ替える。ラウンド終了。

 2ラウンド。スティール右フック。ロバーツ前蹴り。スティールクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り、離れる。ロバーツ前蹴り、左ボディ。クリンチもスティールが金網に押し込む。離れる。ロバーツ左フック。スティールクリンチ、離れる。スティール左フック。ロバーツクリンチ、離れる。ロバーツ左ミドル。左ミドル、ワンツー。スティールクリンチ、金網に押し込む。ロバーツ押し返す。互いに膝蹴り、ロバーツが金網に押し込む。互いに膝蹴り。ロバーツ肘打ち。スティールが金網に押し込む。ロバーツ入れ替えて連打、離れる。ロバーツ前蹴り。パンチが交錯。スティールワンツー。ロバーツ前蹴り。スティールクリンチからバックを取る、金網に押し込む。スティール膝蹴り。ラウンド終了。

 3ラウンド。ロバーツ前蹴り、左ミドル。左フック。スティールテイクダウン。ロバーツ肘打ち。ロバーツ立つ、スティールなおも金網に押し込む。離れる。ロバーツ前蹴り。パンチが交錯。スティールクリンチもロバーツが金網に押し込む。離れ際に左ボディ。スティールタックルもロバーツがぶって肘打ち。スティールそれでも金網に押し込む。ロバーツ肘打ち。ブレイク。スティールジャブ。ロバーツ前蹴り。左ミドル。パンチが交錯。ロバーツ左右ミドル。激しい打ち合い。スティールタックル、金網に押し込む。ロバーツ入れ替える。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28)でダニエル・ロバーツ勝利。


▼フライ級/5分3R
セルジオ・ペティス vs. クリス・ケラデス


 1ラウンド。ペティスはスイッチスタイル。ジャブ連打。ケラデスクリンチ、離れる。ジャブが交錯。ケラデス前蹴り。ペティス右ミドル。ジャブ。ケラデスクリンチ、離れる。ペティス右ロー。ワンツー、右ロー。ケラデス左ミドル。ペティス右ロー。ケラデス片足タックル、金網に押し込む。離れる。ケラデスクリンチ、金網に押し込む、離れる。ケラデス左ミドルもペティスキャッチしテイクダウン、バタフライガード。ケラデス脱出、離れる。ケラデス左ロー。ペティスワンツー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ペティス右ローもケラデスキャッチしテイクダウン、クローズドガードからペティス三角狙いもケラデス外してハーフに。ペティススイープ、ケラデスクローズドガード。ペティス肘打ち。パウンド。ペティス立つ、ケラデスクリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。ペティス入れ替える。離れる。ペティス右フック。ワンツー。ケラデス右フック。ペティス右ハイ。クリンチ、金網に押し込む。離れ際に左ハイ。ケラデスクリンチ、離れる。ペティス右フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。ケラデスワンツー。ジャブ。ワンツー。ペティスクリンチ、金網に押し込む。離れる。ペティスジャブからテイクダウン、ハーフガード。ペティスパウンド。ケラデス立つ、離れる。ペティスワンツー。片足タックル、金網に押し込む。離れる。ケラデスジャブからタックル、金網に押し込むもペティス首を抱えて膝蹴り。離れる。ペティスタックル、ケラデスがぶってギロチン狙いもここで試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27×3)でセルジオ・ペティス勝利。


▼フェザー級/5分3R
ヤイール・ロドリゲス vs. アンドレ・フィリ


 1ラウンド。ロドリゲス右ロー。ソバット。ローが交錯。ロドリゲスソバット。フィリワンツー、右ハイ。ロドリゲスサイドキック。フィリ右ミドルもロドリゲスキャッチしテイクダウン、クローズドガード。ロドリゲス肘打ち。フィリ蹴り上げ。足関狙いもロドリゲス外して鉄槌。パウンド。ハーフからパスしてサイド。ロドリゲス立って猪木アリ状態。フィリ立つ。ロドリゲス右ロー。フィリ左フック。ロドリゲス左ミドル。フィリタックルもロドリゲス切る。ラウンド終了。

 2ラウンド。ロドリゲス左ハイ。二段蹴り。ロドリゲス足払いされ猪木アリ状態もすぐ立つ。ロドリゲステイクダウン、クローズドガード。肘打ち。フィリ脱出。ロドリゲスサイドキック、二段蹴り! フィリノックアウト!

 2ラウンド2分15秒、ヤイール・ロドリゲスKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
ロバート・ウィテカー vs. ハファエル・ナタウ


 1ラウンド。ナタウはスイッチスタイル。ウィテカープレッシャー掛ける。右ミドル。ナタウ左ミドル。ウィテカー右ハイ。ナタウ右ロー。ウィテカー左ロー。ナタウ右ロー。ウィテカーワンツー。ナタウ右フック。ウィテカー左フック。ナタウクリンチも振りほどかれる。ウィテカーワンツー。ナタウ左ロー。左ミドル。右ロー。ウィテカー前蹴り。左ロー。左フック! ナタウダウン! すぐ立つ。激しい打ち合い。ウィテカー左フック! ラウンド終了。

 2ラウンド。ナタウ右ロー。ウィテカーワンツー。ナタウ片足タックルも切られる。ナタウ右ロー。ウィテカー右ハイ。ナタウ右フック。右ロー。ウィテカー左フック。サイドキック。ナタウ右ロー。前蹴り。右フック。ウィテカー左フック。ナタウ右ロー。ウィテカー右ミドル。左ロー。右ロー、ジャブ、左フック。左ロー。ナタウ右ロー。ウィテカー前蹴り。ナタウ片足タックルも切られる。ウィテカー関節蹴り。ナタウ右ロー。左ロー。ウィテカー左ストレート。右ロー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ウィテカーサイドキックも急所にヒット。休憩後再開。ナタウ右ロー、右ミドル。ウィテカー左フック。ナタウ左ロー。ウィテカージャブ連打。左ロー。左フック。ナタウ右フック。ウィテカー前蹴り。左ロー。ナタウタックルに行くも交わされる。ウィテカー左フック! ナタウぐらつくも深追いせず。ウィテカー左フック。なおも左フック。ナタウ右フック。左ミドル。右ロー連打。ウィテカー右ハイ! ナタウダウンもすぐ立つ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、30-27、30-27)でロバート・ウィテカー勝利。


▼ライト級/5分3R
アンソニー・ペティス vs. エジソン・バルボーサ


 1ラウンド。ペティスジャブ。バルボーザ左ロー。右ロー。ペティスワンツー。バルボーザジャブ。左ロー。ワンツー。パンチが交錯。ペティス左ロー。右フック。バルボーザ左フック。カウンターの左フック。左ロー。左ボディ。右フック。左ロー。ワンツー。ソバット。ペティスタックルも交わされる。ソバット。バルボーザ右ロー。ペティスバックスピンキック。ラウンド終了。

 2ラウンド。ペティス二段蹴り。バルボーザジャブ。左ロー連打。パンチが交錯。ペティスワンツー。右フックもバルボーザ交わして左フック。バルボーザワンツー。ペティス前蹴り、左ロー。ワンツー。二段蹴り、ワンツー。右フック。バルボーザソバット。ペティス右フック。バルボーザワンツー。左ボディ、右ミドル。ペティス左ミドル。右フック。バルボーザワンツー。ペティスワンツー。タックルも交わされる。パンチが交錯。バルボーザ右ミドル。ペティス右フック。浴びせ蹴りも不発。

 3ラウンド。ペティスソバット。バルボーザ右アッパー。左ロー連打。ペティス側転キックも空振り。バルボーザ右ロー。左ストレート。ジャブ。ペティス左右ロー。バルボーザ左ローも急所にヒット。休憩後再開。バルボーザ左右ロー。ペティス左ハイ。ワンツー。バルボーザ左ロー連打。ペティスジャブ。バルボーザジャブ。ペティス右フック。バルボーザ左ロー。ジャブ。ペティス右フック。バルボーザ左ハイ。ペティス左ハイ。バルボーザ左フック。ジャブ、左ロー。左フック。ペティスワンツー。左フック。バルボーザバックスピンキック。ペティス二段蹴りも交わされる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、29-28、30-27)でエジソン・バルボーザ勝利。


▼UFCフライ級タイトルマッチ/5分5R
デメトリアス・ジョンソン vs. ヘンリー・セフード


 1ラウンド。セフード前に出る。ジョンソン右フック。セフード右ロー。クリンチ、互いに膝蹴り。離れる。ジョンソン左ロー。左ハイ。クリンチ、互いに膝蹴り。セフードテイクダウン。ジョンソン腹を蹴って脱出。ジョンソンクリンチから膝蹴り。金網に押し込む。セフード入れ替える。膝蹴り。ジョンソン肘打ち、膝蹴り! セフードぐらつく! ジョンソン右フック! 膝蹴り! セフードダウン! レフェリー止めた!

 1ラウンド2分49秒、デメトリアス・ジョンソンTKO勝ち。フライ級王座を防衛。


▼UFCライトヘビー級暫定王座決定戦/5分5R
ジョン・ジョーンズ vs. オヴァンス・サンプレー


 1ラウンド。ジョーンズよつん這いで前進、立つ。サンプレー左ロー。ジョーンズ関節蹴り、ソバット。サンプレー左ハイ、ジャブ。左ロー。ジョーンズ関節蹴り。ローが交錯。ジョーンズ前蹴り。サンプレー前蹴り。ジョーンズ関節蹴り、サイドキック。ソバット。サンプレー左フック、左ミドル。ジョーンズ前蹴り、関節蹴り。左ミドル。前蹴り。サンプレー左ミドル。ジャブ。ジョーンズ左ミドル。サイドキック。関節蹴り。サンプレー関節蹴り。ジョーンズ左ロー。左ミドル、ソバット。右ロー。サンプレーワンツーからクリンチ。ジョーンズ膝蹴り、肘打ち。

 2ラウンド。ジョーンズ右ロー。関節蹴り。サンプレージャブ。左ローもジョーンズキャッチ、しかしサンプレーパンチで振りほどく。ジョーンズ左ミドル。左ロー。左ロー。サンプレージャブ。クリンチ、サンプレー膝蹴り。離れる。ジョーンズ左ミドルからクリンチ、肘打ち。サンプレー膝蹴り。離れる。サンプレーワンツー! ジョーンズぐらつく! しかしすぐ立て直し関節蹴り。なおも関節蹴り。サンプレー脚を気にする。ジョーンズソバット。サンプレーワンツー。ジャブ。ジョーンズ関節蹴り連打。サンプレーワンツー。ジョーンズバックスピンキック。ラウンド終了。

 3ラウンド。ローが交錯。ジョーンズ関節蹴り連打。左ハイ。関節蹴り。サンプレージャブ。ジョーンズ関節蹴り。サンプレージャブ連打。ジョーンズバックハンドブロー。左フック。左フック。サンプレージャブ。サイドキック。ジョーンズクリンチ、離れる。ジョーンズ左右ロー。左ロー。前蹴り。右ロー、左ミドル、関節蹴り連打。右ロー。右フック。左ハイ。サンプレーワンツー。ジョーンズ左ミドル。前蹴り、左ミドル連打。サンプレーワンツー。右フック。右フック。ジョーンズ左ミドル連打。ラウンド終了。

 4ラウンド。サンプレー左ミドル。ジョーンズジャブ。サイドキック。サンプレー右ロー。ジョーンズ左ロー。サンプレー左ロー。右フック。クリンチ、ジョーンズが金網に押し込む。持ち上げてテイクダウンもサンプレーすぐ立ち離れる。サンプレー左ミドル。ジャブ。ジョーンズ左エルボー連打からクリンチ、金網に押し込んでからテイクダウン、サイドを取る。ジョーンズ肘打ち。サンプレー脱出しかけるもジョーンズ離さずバックを取る。パウンド。立って猪木アリ状態から左ロー、パウンド。ラウンド終了。

 5ラウンド。ジョーンズ関節蹴り。左ミドル。左フック。ソバット。サイドキック。サンプレーワンツー。ジョーンズ左フック。サンプレー疲れたかサークリングを始める。ジョーンズ右アッパー。関節蹴り。サンプレー右エルボー。ジョーンズ右アッパーからタックル、金網に押し込んでテイクダウン。ジョーンズ立ってローキック。サンプレー立つ。ジョーンズ関節蹴り。左ミドルからタックル、金網に押し込む。サンプレー膝蹴り。ジョーンズ肘打ち。膝蹴り。サンプレー離れる。サンプレージャブ。左ロー、ジャブ。試合終了。

 5ラウンド終了、判定3-0(50-44、50-45、50-45)でジョン・ジョーンズ勝利。

posted by ジーニアス at 07:45| Comment(45) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DJもう終わりだよ!すんげええ
もう全部修めちゃったもの

階級上げちゃう?
Posted by 名古屋 at 2016年04月24日 12:59
 DJは素晴らしいな。TDされても全く焦らずにあっという間にセフードを攻略してしまった。
Posted by ジョン at 2016年04月24日 13:03
コンスタントに試合して文句なしのコンテンダー倒し続けてるマイティマウスのような選手こそ報われてほしい。
しかし、王者がここまで強いとランカーはモチベーションの維持が大変そう。
Posted by y at 2016年04月24日 13:10
TUFの優勝者が掻き回したら
フライ級も一気に動きますけどDJ凄すぎる…
Posted by HARD ROUNDER at 2016年04月24日 13:13
マイティマウス万歳! 強いよ。バンタムやるしかないっしょ。次はP4P争いのJJ大丈夫かな?あとコメインのDJだと何故か贅沢に感じる。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年04月24日 13:14
DJやばいな。。もうやることあるのか?
トラッシュトークもしないし盛り上がるマッチメイクも難しいし。。どうすっぺ。
Posted by かぁ at 2016年04月24日 13:33
DJ舜殺したみたいですね🎵堀口に期待したいですが、もう相手いないね。
しかし、wowwowで見たかたったな~

早くテレビでの視聴方法拡大に期待したいです。
Posted by いち at 2016年04月24日 13:52
ペティスだめですねぇ。
あの輝きはどこへ‥
Posted by GGG at 2016年04月24日 13:59
JJナーバスだったのかな
一年以上のブランクがこれほど勢いを削ぐとは
Posted by 名古屋 at 2016年04月24日 13:59
今日のJJならコーミエに完敗だし、ティシェラにも負ける気がします。それにしてもOSPは駄目ですね、このチャンスを分かってない。スタミナはできてないし、常にアップセットはカウンターじゃなくオフェンスあるのみ、がっかり。コーミエ最高!
Posted by サクラソウイチオー at 2016年04月24日 14:11
ジョンソンVSクルーズの再戦みてぇぇぇ!
Posted by MMMA at 2016年04月24日 14:13
西さんの実況に涙。ありがたいです。
Wowowロス…。まだ受けいれられません。月に一度の楽しみが…。
Posted by so at 2016年04月24日 14:17
まあOSPは準備期間一ヶ月なのでスタミナ切れも已む無しでしょう。負傷したみたいですし。5R持っただけマシだと思います。
JJはコーミエとやったら負けていた可能性が高いような試合でしたね。あれだったらグスタフソンやAJのほうが強いと思います。
ジョンソンは試合自体もさることながら、精神的にも安定していて全く隙を感じさせない。さらに偉大な絶対王者になっていきそうで素晴らしいですね
Posted by arisawa at 2016年04月24日 14:21
DJ凄いな
俺もXbox買おうかな

JJは元々目が良い方ではなかったけど…
使う技もスパーで出せる技ではないのでコンスタントに試合をしないと落ちるタイプかな

ペティスはもう△つけられないな…
パンチアイになってしまったんだろうか
Posted by スラッカー at 2016年04月24日 14:24
試合運びそのものはいつものJJだったけど
動きに精彩が感じられなかったですね
やっぱりブランクが大きいかなあ
Posted by くろ at 2016年04月24日 14:25
今日の試合で「堀口って頑張ったんだな」って思ったわ
Posted by TAO at 2016年04月24日 14:36
こんな一方的にセフードを倒したら、
ジョンソンはバンタムでディラショー、クルーズと戦っていって欲しいな。
Posted by DA at 2016年04月24日 14:39
ニコ動で見てたけど、みんなで見ると楽しいのがわかったw
なんJ語の親和性よw
Posted by ぽんちょ at 2016年04月24日 14:40
関節蹴りすぎw
Posted by ハヤシ at 2016年04月24日 14:46
前座のヘビーとDJ以外、ほぼ全部判定でぶっ通し視聴はさすがにつらかった。
ロドリゲスは良かったけど目潰し入った後のKOだったのが残念。
ジョーンズはパフォーマンス悪すぎた。相手が上位のトップ5以上の選手だったら負けてたね。
Posted by a at 2016年04月24日 14:51
DJは忘れた頃にあんな勝ちかたするなぁ。ビックリ。
そんなわけにもいかないだろうけど、もっと多くあんな勝ちかたすればさすがにギャラもあがるか。

JJとペティスは残念。特にペティスは3連敗。元王者でまだまだわかいからまた活躍に期待。
JJ、次は本調子で来るか、統一戦、

今回ニコ生は一体。音声が出たのはペティス弟からで、メインカード1試合前からという何ともなタイミング。気のせいかもですが、画質も先週のほうが良かったような。これはただ自分の回線のせいか...
Posted by オレグ at 2016年04月24日 14:52
ペティスは薬抜きのミルコみたいに見えてきた
同じ動きしても威力が無くて倒せない
Posted by 赤鯖 at 2016年04月24日 14:55
どーすんのよDJ!重たい試合が続いたのをぶっ飛ばしたな!
クルーズ戦が1番見たいぞ
Posted by なか at 2016年04月24日 15:15
ペティスはどうしたんだろうか。。
JJは本調子ではなかったがさすがの総合力。
Posted by mr_st at 2016年04月24日 15:28
デメトリアスジョンソンが良かった。テイクダウンされても焦らず立ち上がり首相撲の膝蹴りで流れ変えましたね。MMAはレスリングだけじゃないよとレッスンをつけてるかの様でした。
ペティス対バルボーザが凡戦に終わるとは・・・
JJはブランクが影響しましたかね。持ち味の肘をもっと見たかったな。サンプルーはポイント取られてるのに何で攻めないんでしょ?もうこういう選手にチャンスを与えないで欲しい。
そして無料で配信してくれたニコニコさんに感謝します
Posted by 格闘技ラブ at 2016年04月24日 15:38
DJはもう相手がいないね~
バンダムは体格的に厳しそうだったし、階級上げるとは思えない
JJは少しさび付いてたけど、スマートに戦ってたでしょ
Posted by ibara at 2016年04月24日 16:26
182.251.242.6
Posted by テツヤ at 2016年04月24日 16:59
JJはOSPだから勝てたが、全体的に以前のような機敏さがなく鈍い感じだった。
1年3ヶ月振りだからなのもあるが、コーミエとAJなら間違いなくJJに勝つだろう。
JJ対コーミエが楽しみだ。
Posted by mr_st at 2016年04月24日 17:27
>テツヤ
じゃあ見に来なきゃいいじゃん。バカかお前。
Posted by ジーニアス at 2016年04月24日 18:24
それにしてもMMAには「絶対」はないんだと改めて思った。
ペティスVSバルボーザなんて、どうやったらペティスがバルボーザに負けるんだ?って思ってたけど、まさか逆に完封されて三連敗だったし。

P4PのJJは勝つには勝ったけど、ショートノーティスのOSPに完勝出来なかったし、今日のJJならコーミエやAJ、グスタフソンに負けてたと思うぞ。

それに引き換えDJは強すぎ(笑)
セフードをあっという間に袋にしちまった!
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2016年04月24日 18:26
JJはまぁ…とりあえずこんなもんから調子を上げてくるとして、DJ強いなぁ…ホントに敵が見当たらない。
Posted by R at 2016年04月24日 19:03
関節蹴り禁止にしろよ
Posted by 777 at 2016年04月24日 21:04
DJは強すぎてもうどうしようもないね
階級あげるしか……
Posted by すら at 2016年04月24日 21:13
ここ最近の階級越えスペシャルマッチを用意された選手以上じゃないか今のDJの状況は
上に行く前にやらないといけない選手が今の階級で見当たらない
(一時のラウジーはそれに近くはあったけど)
ただ上に行くには体が小さすぎるんだよなぁ
Posted by はぁ at 2016年04月24日 21:35
DJこそオールラウンダー、PFPだ。
ガードあげでカウンター狙いの相手に何も、できないペティスとは大違いだよ。
何が言いたいかというとペティスには失望した。大ファンだからこそ残念でならない。次戦はヌルマゴとやってリリースか…
Posted by テレコ at 2016年04月24日 21:41
JJは体格差がないとやっぱりきついな。対ランブルだったら失神KO負けしてたかも。と考えると、こんな時期に歯の治療中だったランブルは本当に持ってないというか…。

ぺティス、どうしたんだろう??バルボーザが見事に攻略いてたというのはあったけれど、以前のような一発の力が全然ない。RDA戦で目にくらったパンチの精神的ダメージがあるのか、実際のダメージがあるのか、以前より動体視力も落ちてる感じがする。全くカウンターも打ててない。

DJはテクニック的にもパーフェクトですね。P4Pで良いんじゃないかと思いました。ただただ強い。
Posted by よ at 2016年04月24日 22:09
JJとDJは流石の強さで良かったけど ペティスが残念ですね。 復活してほしいけども…
Posted by な at 2016年04月24日 22:43
関節蹴りに頼り過ぎな気がして残念、しかもサンプレー相手にグラついてるし。関節蹴り禁止にした方がいいと思うけどなー
Posted by 風見雄二 at 2016年04月24日 22:57
ペティスどうしたんだ?今でも大好きな選手だけど、今日は流石にガッカリした。対ストライカーなら圧倒すると思ったけどな。
Posted by ミドル at 2016年04月24日 23:31
JJは一年以上ぶりの復帰の影響か、全く別人で怖さが全くなかった。
コーミエとやってたらあっさりと負けてたと思うわ。
試合勘はブランクがあると狂ってしまって天才を凡人にしてしまうんやな。
サンプルーもあんな状態のJJを攻略出来へんようではタイトルマッチは全く期待出来へんな。
Posted by talk at 2016年04月25日 00:00
ジョンジョーンズの過去最悪のパフォーマンスだった、どんなに批判があっても圧倒的なパフォーマンスを見せて勝つのがジョーンズだったのに今日は何がしたいのか迷ってた感じだったな。以前のジョーンズだったら考えながら動いて流動的な感じで空いたボディに蹴りやパンチを入れたりガードが甘くなった相手にハイキックやヒジを入れたり天才の名にふさわしい戦いをしてただけに今回の試合にはちょっと残念…
でも負けるよりは勝つことは重要だから次の試合では100%の状態で出てきてほしい。
Posted by 銀 at 2016年04月25日 00:15
ペティスは元からあんなもんでしょう。
ペティスが最高峰のストライカーみたいな感じなのに前から違和感があって仕方ありませんでした。
運動神経の良さ、派手な曲芸技、カウンターという武器で戦ってきた選手です。元々すごい強い蹴りやパンチを持ってるわけではないと思います。
だから本物のストライカーであるバルボーザとスタンドで戦ったらあんなものでしょう。
Posted by トール at 2016年04月25日 04:13
改めてJJがやってるの見ると関節蹴りが凄くダーティーな技に見えた。
試合の流れもそこで止まっちゃうしホントに早く禁止にしてほしい。
膝ぶっ壊される選手がでるまでわからないのかな?

DJは立ち技では堀口が寝技ではセフードが分があったと思うんだけどそれも微々たる差で、相手の苦手とする部分で圧倒できるからまあ負けないよね。
ワンパンで試合決められるような選手がいればマグレもあるんだろうけどフライ級だしなあ。
しかしクルーズとの試合見てみたいわ、vsフェイバーよりよっぽど見たい。
Posted by ワイン at 2016年04月25日 07:14
にこ生 入場曲聞こえなかった今回。日本語解説のせいか?みんなはどう?
Posted by あ at 2016年04月25日 11:56
関節蹴りされた人の老後は、大変だろうな。総合格闘技をやるのはリスクが大きい。後遺症だらけのスポーツになってしまう。
Posted by たけし at 2016年04月25日 15:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索