2016年04月21日

UFCが金原正徳ら3選手をリリース





 UFCがエミリー・ケイガン、金原正徳、マルティン・スヴェンソンをリリースしたことを確認したとのこと。

Emily Kagan(Sherdog)

Masanori Kanehara(Sherdog)

Martin Svensson(Sherdog)

 ケイガン、金原は連敗でした。スヴェンソンは僅か1試合でのリリースです。

UFC キャップ
UFC キャップ
posted by ジーニアス at 06:33| Comment(27) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金原、パンクラスで待ってるよ!
Posted by 大 at 2016年04月21日 06:39
金原残念すぎる
もう一戦見たかったな
Posted by Muse at 2016年04月21日 07:40
金原はこの前のTwitterでのジム生への件で性格最悪ってことが分かっちゃったから何とも思わんわ。
一試合でのリリースは厳しすぎ。
Posted by かぁ at 2016年04月21日 07:50
金原の敗けは相手の金網掴みの反則があったからみたいなものじゃんよぉ
いやだなぁ
年齢とか引退の話をよくしていた印象あるし、ジムも持ったし、この次の試合があるかわからないですねぇ…
Posted by ISAMU at 2016年04月21日 08:24
アレックス・カサレス戦で、倒せるところを倒さず、判定勝ち狙いで後半を戦ったのが原因だと思う。消極的な選手という印象をUFCに与えた。
あそこでKOしていればあと一戦はあったと思う。
Posted by たけし at 2016年04月21日 08:55
連敗と言っても、最後のマクドナルド戦は圧倒していながら反則の金網掴みをレフェリーにスルーされての逆転負け。
それでいて不様な秒殺KO負けで連敗中の菊野は残っていたり、相変わらずリリース基準に不可解な所があるのは否めない。
Posted by nabe at 2016年04月21日 10:43
例の金網蹴りエスケープの抗議が煙たがられたか
Posted by でら at 2016年04月21日 10:52
青ペン事件・・・
Posted by ファルカン at 2016年04月21日 11:17
このコメント欄で青ペンのtwitter知ったけど、こういう人だったのか。
意外だったわ。
Posted by a at 2016年04月21日 12:02
>たけしさん
倒せたのに判定を狙ったというよりは2Rに拳を骨折した影響で後半は積極的に攻められなかったという感じだったはずです。

>でらさん
本人は抗議したところで結果が覆るとは思っていなかったらしいので、もしあれが原因だったとしたらもったいないですね。


それにしても、初戦はランカーに勝利して、その後連敗したとはいえヤヒーラ戦は1ポイント差のスプリット(受けたダメージはヤヒーラの方が重かった模様)、マクドナルド戦は足を使った相手の金網掴みがなければ勝ってたのではという内容だったのでリリースは残念。
Posted by kan at 2016年04月21日 12:04
連敗とはいえ前戦も惜しかったし、ヤヒーラ戦も微妙だったのでもったいない。
元々代役での契約だったし期待されていなかったのだろうか
Posted by へけ at 2016年04月21日 12:22
実際のところ金網蹴りエスケープはルール上どうなんですかね?金網蹴りスーパーマンパンチとかペティスの三角蹴りみたいな扱いで完全OKなのか、それとも指を使って掴むから一応反則だけど露骨に繰り返さない限り黙認という扱いなのか。
公式にもルール載ってないからどうも調べ方がわからない。。
Posted by けす at 2016年04月21日 12:24
青ペン事件や、フロントチョークの場外逃げなど、最近のTwitterでも性格の悪さが滲み出ていて、あまり応援してなかったけど。
前回の肩固め逃げられたのは、位置が10cmでもケージから離れていれば、一本取れたのに、不運というか、もってないなーと。

北田とは、決着つけて欲しいですね。
Posted by デイナ at 2016年04月21日 14:10
金原は例のツイッターでジム生を晒し上げてしつこく罵倒したのを見たので好きになれません。
罰が当たったのでしょうか。
Posted by 図書 at 2016年04月21日 15:05
次回 他団体と契約の際には青ペンでお願いします。
Posted by 横浜市 at 2016年04月21日 15:31
リリース基準は確かに理解不明な時があるなあ。
地味で面白くない試合する選手は負けたら、即リリースするのは
興行としては間違ってないとは思うが。
Posted by ベン at 2016年04月21日 16:21
あの敗戦から暫くリリースの発表が無かったので、リリースは免れたと思ってました。
青ペン事件でUFCの心象を悪くしたのかと勘繰ってしまいますね。
Posted by 格闘技ラブ at 2016年04月21日 17:00
人間性と試合は関係ないと言う人がよくいるけど、金原さんのファンにはなれないな。
バダハリは人間性最悪だったけど、試合のファンは結構いたと思う。
でもそれは、それだけのカリスマ的な強さあってこそだと思います。
漫画ならDIOとか志々雄真実とか。
Posted by ミスト at 2016年04月21日 18:05
青ペン事件・・・想像以上。
青木、川尻、北岡のプロ同士の場外でのやり取りならまだしも、相手一般人(セミプロ?)なのに・・・。
「こっちは夜も眠れない日が続いてるのに」って完全に八つ当たりじゃないですか。
Posted by 蓮 at 2016年04月21日 19:23
>人間性と試合は関係ないと言う人がよくいるけど…
基本的には試合に人間性が出るので、すべて試合を見て判断したいです。
逆に試合以外の雑音は、バイアスがかかるので邪魔な場合があります。
人間性の分かる素行などの情報は、答え合わせぐらいの感覚でいいのかなと(笑)
まあ見る方もやる方も人間なので、どう感じるかはそれぞれなんでしょうけど…
Posted by 気高い孤独 at 2016年04月21日 20:01
元、弟弟子です。

青ペン事件、今知りました。
これはいただけない、相手が謝罪してるのに・・・。

武蔵村山からパレ八に移った頃はこんな人じゃなかったと思います。

元々日沖選手みたいに愛想が良くてジム生やファンに紳士的なタイプの人ではなかったけど、ジム生や後輩をけなすような人ではありませんでした。

ジムの経営やファイトマネーが厳しいのでしょうか・・・。

余談ですが昔当人が戦○で優勝した賞金300万をZ○STが150万ピンハネしたと嘆いていました。

日本の格闘技団体やプロモーター、コミッションとかって本当にクズですね。

こんなんじゃ選手がアルバイト生活から抜け出すなんて不可能です。
Posted by マウリシオ足軽 at 2016年04月21日 20:25
>人間性と試合は関係ないと言う人がよくいるけど、金原さんのファンにはなれないな。
バダハリは人間性最悪だったけど、試合のファンは結構いたと思う。
でもそれは、それだけのカリスマ的な強さあってこそだと思います。
漫画ならDIOとか志々雄真実とか。

絶対悪(ヒール)は、魅力感に溢れてるからな。寧ろ、その存在がその作品の価値を決めるぐららいに。ただ、前提条件として、絶対的な強さが必要だけど。
漫画で言えば他にもDBのフリーザとか、格闘技で言えば、ベルと戦った頃のバンナやサクと戦った頃のシウバとか。
Posted by saku at 2016年04月21日 20:56
マクドナルド以上に強い選手をリリースするUFC。
青ペン事件は本当にいかんね。この人も強さを履き違えてるのかな。強い弱いなんて人間性の次の話なのに。
Posted by a at 2016年04月22日 00:15
金原は戦極時代からkid戦、カサレス戦など、ここぞの試合で勝ち切る運と実力を持ってると思ったけど、UFCで上位に食い込むほどには力が足りなかったんだろうな。。地味強なタイプだし。

あと青ペン事件は有名人である意識が欠けてたと思うけど、格闘家の中ではまともな方だと思う。非常識な人ってときどきいるからね…
真相はわかりませんが。
Posted by most at 2016年04月22日 00:29
青ペン事件は相手が本当に可哀想だな。
金原はもう一生リングに上がらないで頂きたい。
Posted by 赤ペン先生 at 2016年04月22日 01:37
気になったんですけど青ペン事件ってなんですか?
Posted by まきはら at 2016年04月22日 04:49
>まきはらさん
青ペン事件とは、何ヶ月か前でしたっけ。
女子のDEEP JEWELSに参戦している、ALFA所属のKAI選手だと思うのですが、JEWELSとの契約書に、濃紺だと思うんだけど、青色っぽいペンでサインして、
代表である金原がTwitterで罵倒して、みんなドン引きした事件です。KAI選手も謝ってるのに。
なんか、海外では青ペンでサインする事が普通にあるらしく、それを言ったら、「言い訳すんな!」みたいに更にキレてた。笑

金原、想像以上に、みんなに嫌われてるんですね。
北田戦の場外逃げが、本当ずるい。悪気無いような表情も腹立った。

まあ、強い選手なんですけどね。好きになれない。
Posted by デイナ at 2016年04月22日 21:20
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索