2016年04月20日

4.23 修斗・舞浜大会をUFC Fight Passが生中継。今後の主要大会、アーカイブも視聴可能に





 またまたUFC Fight Passにコンテンツが加わりました。

プロフェッショナル修斗公式戦 MOBSTYLES Presents FIGHT & MOSH(バウトレビュー)

 当日の対戦カード。タイトルマッチ2試合。宇野薫や前田吉朗も出ます。

ISAMI(イサミ) 修斗バンテージ IBS-30
ISAMI(イサミ) 修斗バンテージ IBS-30
posted by ジーニアス at 15:32| Comment(28) | TrackBack(0) | 国内格闘技 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「修斗」本体は意地でも北米に迎合しないものかと思ってたからびっくり
Posted by GDP at 2016年04月20日 16:32
これでRIZIN、DEEPとZST以外はUFCの植民地主義の軍門に下った。10年、20年後に振り返ってみると日本のMMAをダメにしたA級戦犯として、酒井、坂本の名前が上がる可能性があるとわたしは予想してます。
Posted by 失望 at 2016年04月20日 17:03
あらゆる格闘技興行をファイトパスで見られるのは最高だね!
問題は、見る時間が足りないってことだね!
長い試合にはダイジェスト機能が欲しい
Posted by くら at 2016年04月20日 17:36
正直マクレガーの引退よりびっくりしました
おっさんで恥ずかしい(笑)
Posted by あき at 2016年04月20日 18:55
UFCガー北米ガー的なことを言うなら、MMAじゃなくて総合格闘技って言えばいいのにと思ってしまう・・・。
日本の美しい文化を守らなければならない!と主張してる人が、日本語を間違えてたり和製英語を使ってるような違和感。
Posted by y at 2016年04月20日 19:43
これは日本のMMAにとっても良い事だと思うけど。
ヒョードルから日本の有望選手まで世界中のファイトパスで見れるのは嬉しいよ。

RIZINも情報番組で世界の提携各団体の情報も流すなら、
その各団体の大会を日本人が見れるようにいずれ整備して欲しい。
Posted by DA at 2016年04月20日 20:17
これ一時Fightpassのイベント予定にしれっと上がってて、その後しれっと削除されていたので話が流れたのかなと思っていたけど、ただのフライングだったのね。

アーカイブはどこまで配信されるかな。
堀口の試合は結構アップされそうだけど。

現役日本人UFCファイター16人中、修斗で試合していないのは秋山、菊野、金原、国本、安西だけ。多分。
Posted by へけ at 2016年04月20日 21:12
失望さんと同じく本当にガッカリ。全部アメリカの軍門に成り下がる。
定期的に見てたけどもう修斗は二度と見に行かないよ。残った団体だけ全力で応援する。
Posted by SB at 2016年04月20日 22:35
日本のMMAにとってもいいことだと思う。
Posted by 名無し at 2016年04月20日 22:47
Fight Passの契約は、大会翌日から映像の権利も全てズッファ帰属になる筈。Fight Passと契約している他の団体もみんなそうらしいから修斗だけの特例は認めていないと推測できます。
それなら大会開いても、次の日からは映像という資産は全部アメリカに持っていかれるという事。例えばスカパーでも地上波でも、今後修斗やパンクラスを流したい場合は、ズッファと交渉しないといけない事になる筈です。
だからパンクラスと修斗はUFC植民地になった、と私は思います。
これが良いか悪いかは、10、20年後にその答えがでるのでは?
日本人としてお金を使うのなら、日本のMMAの為に、と私は思っています。
Posted by 失望 at 2016年04月20日 23:16
RIZINも最後はべラトールに・・・?
Posted by ジーピー at 2016年04月20日 23:56
横からですみませんが、yさんの例え話は全くピンとこないですね...
そもそもMMAは間違った名称ではないのだからその喩えは不適切でしょう。
熱心な国内の格闘技コンテンツ支持者はMMAではくて総合格闘技と呼べと?ちょっと意味が分かりません。
そんなしょうもないことを押し付けて何の意味があるんでしょうか。
戦時中に英語使用を禁じた旧日本軍でもないんだし...不毛ですよ。
Posted by kazu at 2016年04月21日 00:41
>kazuさん
違和感があるというだけで、押し付けてなんかいないですよ。
もともと日本ではMMAではなく総合格闘技(総合)という言葉が使われていて、いまでも一般の人はMMAではなく総合という言葉を使ったりします。
でも、PRIDEがなくなってUFCが主流になるにつれ、ファンの間では総合という呼び方からMMAという呼び方に変わっていったわけです。
それなのに、UFCの流れに飲み込まれたくない飲まれるなと言ってる人が、UFCに飲み込まれた証ともいえるMMAという言葉を使ってることに違和感を覚えるというだけですよ。
MMAでも総合でも好きな言葉使えばいいと思いますけど、そこは別に気にしないんだと不思議なだけですね。
Posted by y at 2016年04月21日 01:48
会場に見に行く人減るんじゃないの?
Posted by あ at 2016年04月21日 03:46
RIZINも基本的には専属契約で囲ってるわけでは無いですからね
UFCに取られる可能性は常にあるわけで・・・

いい選手はいっそべラトールに取ってもらって、
べラトールRIZINネットワークで行き来できるようにして囲い込み、という手もあるかも!?
これが進むとちょっとしたUFC包囲網か!?
Posted by ジーピー at 2016年04月21日 04:07
「~な筈」「~らしい」「~なら」
 
 このあやふやな根拠からの推測で

【植民地】
【日本のMMAをダメにしたA級戦犯として、
 酒井、坂本の名前が上がる可能性がある】という結論。

↑「よくこんな酷い事書くな、批判ありきじゃん」
  と感じた。 

  書いた本人に返答貰えれば良いが。
Posted by 上からでスイマセン(^_^;) at 2016年04月21日 04:13
それよりアライブとガッツマン主催の修斗の映像は無視という事なのだろうか?修斗は団体ではなく協会だからサステインの持ち物ではないはず。今後Fight Passで中継する予定の大会の中にVTJが入っている事をみても、これは厳密には修斗というよりもサステインとFight Passが契約したとみる方が正しいような気もする。
アライブの鈴木氏とガッツマンの桜田氏にも映像ライブラリー買い取り額のシェアが支払れるのだろうか?それとも同じ修斗と名のついた大会でも小さい大会や地方の大会は無視、またはおいてきぼりなのか?
そうだとしたら、今まで修斗のルールに従い大会を開催してきたプロモーターたちには、この事態をどう受けとめているのか?
日本のMMAジャーナリズムには、選手や団体の紹介もいいけど、こういったビジネスの部分もしっかりと報道して欲しい。
Posted by 失望 at 2016年04月21日 04:18
失望さんやSBさんは、何をそんなにガッカリしているのかと思ってコメント見ていました。
自分は詳しいことは何も知りませんが、本能的にファイトパス政策には嫌悪感がありました(笑)
なるほど、いろいろ問題もあるんですね…
Posted by 気高い孤独 at 2016年04月21日 16:35
>> yさん
MMA=UFCに飲み込まれた証ではありませんよ。
MMAという言葉は格闘技バブル期からファンの間で普通に使われていましたからね。
それこそK-1がロマネクスとかやってた時代から。
PRIDEの権利関係の都合でメディアではMMAという単語が使用できず、一般層に普及しないまま今に至っただけです。
しったか和製英語ならともかく、MMAも総合格闘技も正しい単語なんだから主義主張に関係なく、本人の好きに使えばいいじゃないですか?
押し付けではないとのことですが「MMAじゃなくて総合格闘技って言えばいいのに」という見方は偏狭に感じます。
Posted by kazu at 2016年04月21日 16:38
詳しい内容は知らないし、失望さんの憶測にも興味無いよ
他の団体や競技のテレビの地上波放送やスカパーのチャンネルでも小さい大会は無視するっての
Posted by kashi at 2016年04月21日 18:38
yさんは適当なこと言いすぎでしょ。kazuさんの言うとおりだよ。MMAは昔から格闘技ファンの間で普通に使われてる言葉。
MMAのままで総合と訳さない記事が増えたってのもあるけど、ファンは総合・総合格闘技と打つのが毎回面倒だからMMAって何も考えずに打ってる人がほとんどだよ。意味が違うなら総合とちゃんと打つけどね。
MMAと総合で意味を使い分けてる言葉でも無いんだからさ。yさんのいう『変わっていった』わけではない。
そもそもyさんの失望さんへの最初のズレた言い.がかりが酷すぎるんだよ。そんなの誰も気にしないのに凄い嫌味。
Posted by a at 2016年04月21日 23:03
ひとまず、頭を使わない単純な考えだけをするならファンとしてネットで有料視聴できるのは良いことだよね。
だけど、日本の格闘技界全体や日本のためには最悪なニュースだわ。
物とかならいいけど、個人的に格闘技に関しては、日本の素晴らしい団体がアメリカの下で顔色伺い続けてる事になってしまったり、海外団体に日本の選手・権利やお金が吸われ続けるこの流れが本当に嫌だな。
残念だが、私はパンクラスに続いて修斗からも卒業ですわ。今まで長く楽しませてくれてありがとう。
応援できる人は今後も応援してやってほしい。最近で一番ショックなニュースだ・・・
Posted by a at 2016年04月21日 23:46
国内におけるMMAの名称騒動の発端になった大会ロマネクスについて言及している記事があったので貼っておきます。
http://www.boutreview.com/data/news/040522romanex.html
2004年の記事な上に外部リンクで恐縮ですが、当時MMAというワードが文中で多く使われてることが分かると思います。
個人的な印象ですが、UFCなどの海外MMAをWOWOWで観たり、試合結果をチェックしているようなファンほどMMAという名称を普通に使用していた印象です。
逆にPRIDEだけしか知らないような一般ファンはMMAという単語にはピンと来なかった。
今、MMAという名称がメジャーになったのも後者のようなPRIDEだけしか知らないライト層がMMAに興味を失くし、淘汰されたのも大きいのでしょうね。
Posted by kazu at 2016年04月22日 00:09
いやいや、普通に日本の団体や日本の選手に利益になる話でしょう。
日本主導じゃないとイヤとか言ってる人たちがショックを受けたり言いがかりしてるだけで。
そういう人たちに失望だわ。

この調子でMMAは発展して欲しいし、日本のMMAも広がっていって欲しいんだけどな。
Posted by DA at 2016年04月22日 00:31
修斗も今のままだと「行き詰まり」を感じたからこそ、変化に踏みきったんじゃないでしょうか?

世の中に変わらないものは無いわけですから、
「変わったから切り捨てる」では、いずれ世の中の繋がりが何も残らなくなってしまいます
そこは事情を汲みつつ、大きな気持ちで見守ってみるのもいいんじゃないでしょうか?

マクレガーのように「UFCを乗っ取りに来た」くらいの感じでw
Posted by ジーピー at 2016年04月22日 01:48
これで修斗が元々高い知名度をもう少し上げたり小銭を得て多少発展するもそれは構わないと思う。
けど、大きな目線で見たら日本全体の利益にならず、アメリカの団体をさらに大きくさせて、今後ずっと日本の総合格闘技や他の日本の団体に対して立場を悪くさせ大損をさせる結果になる。
修斗ほど力があり、ほぼ何でも出来て、すでに世界的な知名度のある団体なら、日本の団体同士で協力し合えは展開や配信にしても色んなやりようがあるのに、それを放棄してあらゆる権利を売り渡して、アメリカに貢ぐ団体になったのだから支持しないという意見があって当然だよ。
SHARPの台湾企業の傘下入り、権利譲渡・技術海外流出の件の日本の世論も、『SHARPに失望した』『SHARPはもう買わない』が圧倒的だったようにね。
修斗がそれとすべて一緒とはいわないし、ジーピーさんのいうように修斗の気持ちも分かるし発展は願うけど、もっと大きな意味で今回は日本の格闘技のために本当に残念な出来事だと思いました。
Posted by a at 2016年04月22日 03:26
日本の団体同士の協力でどうやって世界に展開するの?
立場を悪くさせて大損?
aさんのは日本以外の団体は廃れて欲しいと願うような酷い意見に思えるよ
何かおかしいよ
Posted by kashi at 2016年04月22日 08:05
>kashiさん
理由もちゃんと書いてるのに、自分と違う意見だったら理解できなかったり、そんな相手が思ってもない超訳する人もいるのね。
あなたのその解釈は、上の「日本のために良かった」とか言ってる人を「日本はずっとアメリカの下になるのが良い」とトンデモ解釈してるのと一緒ですよ。おかしいのはどっちでしょうか?

安易に相手の内容を変えて悪くしようとしたり、他人を否定するだけじゃなく、まず相手を納得させる自分の考えや意見をしっかり書きましょう。
じゃないと、あなたが失望さんにも突っかかっても相手にされてないのと同じになります。私もあなたにいくらでも言えるけどまずはそれから。
Posted by a at 2016年04月23日 04:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索