2016年04月18日

4月19日午後2時よりRIZINが記者会見。今年の大会スケジュールも発表予定

桜庭和志・ヴァンダレイ・RENAらRIZIN.1主要選手の会見を19(火)14時~ネット中継(バウトレビュー)
 トップ Presents RIZIN.1(4月17日(日) 愛知・日本ガイシホール)に出場した主要選手が19日(火)14時より都内で、試合を振り返る記者会見を行う。出席者は桜庭和志、ヴァンダレイ・シウバ、所英男、ギャビ・ガルシア、RENA、村田夏南子、榊原信行実行委員長、髙田延彦統括本部長。今年の大会スケジュールも発表予定。会見の模様はRIZINオフィシャルサイトを通じてネット生中継される。

 ここで6月17日にロシアでエメリヤーエンコ・ヒョードル vs. ファビオ・マルドナドが行われることや、ヴァンダレイ・シウバがコメントしている9月大会、12月大会のトーナメントについての発表があるということでしょうか。

仕事は半分の時間で終わる! ―――あなたの常識がスケジュールを遅らせる
仕事は半分の時間で終わる! ―――あなたの常識がスケジュールを遅らせる
posted by ジーニアス at 22:23| Comment(10) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり全体の軸となるストーリーが必要でしょうから
トーナメントなどのスケジュールが早めに発表されればいいですね
Posted by ジーピー at 2016年04月18日 23:08
あと今回、主に2つの問題点がファンから指摘されたのでは?と感じました。

一つは【リング・ルール周り】ですね
立ち技におけるK1ルールのように【テンポよく途切れない展開】ってのを、今一度考えてもいい時期なのかもしれません
普段も5分3ラウンドとかでもいいような気がしてきました

もう一つ【試合数が多い】という指摘もあったかと。
これもルールの改正などにより、ダレるのを防げるといいのかもしれませんね
Posted by ジーピー at 2016年04月18日 23:17
ロシア大会がRIZIN.2になるんですか?
Posted by ファルカン at 2016年04月18日 23:46
>ファルカンさん
分かりません。『DREAM.18 & GLORY 4』みたいな大会名称になるかもしれませんが。
Posted by ジーニアス at 2016年04月19日 00:01
キックとかの他ジャンル、キャリアの浅い選手は早い時間にやってしまえばいいと思います。ROADFCみたいに二部制にするとか演出も控えめにして。たくさん試合見たい人は早く会場行けばいいだけにして。
Posted by ジミー at 2016年04月19日 00:23
RIZIN.1は失敗とまでは言いませんが、色々と課題が見えた大会だったので、改善するべき所は次の大会までにきちんと改善してほしいですね。
Posted by bebec at 2016年04月19日 03:27
K1ルールがテンポよく途切れない?w
もうMMAの否定だからk1だけ見てろよ

K1の会場のキャパ考えてから発言しろ
今大会だってキック選手みたいからチケット買ったなんてやついなかったからな
Posted by あ at 2016年04月19日 06:20
リングを狭くして足使って逃げられなくする
あとグラウンドは動きがあろうがテイクダウンから1分で立たせる
これでKO率7割以上になるんじゃないか
最初は玄人受けしなさそうだけど、UFCと差別化する為にもこれくらいやった方が良いと思う
基本、ほとんどKOで終わるくらいにしないと日本ではウケない
K-1の人気も完全にKO率と比例してた
ほんとは巌流島にこういった路線を期待してたんだけど、どうも無駄っぽいので…
Posted by ワイン at 2016年04月19日 07:12
どこをどう読めばジーピーさんの主張がMMAの否定に繋がるのか・・・
むしろその逆の意見を言ってるのに。
義務教育のある日本でここまで読解力がない人も珍しい
Posted by M at 2016年04月19日 12:20
2部制みたいなのとか、メイン終了後に新人などの試合ってパターンとかありますね
あとは第0試合後にオープニングとか?
試合順とかなら、すぐに対応できそうな気はしますね


あとキックもやる関係で、リングの構造自体は大きく変えられないのかもしれませんが、
ロープ下段部のネットとか仕切りとか、いっそロープの本数増やすとか???
ロープから出て途切れない工夫はあってもいいのかもなぁ

巌流島は巌流島で、独自路線で頑張ってほしいものですね
Posted by ジーピー at 2016年04月19日 12:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索