2016年03月20日

『UFC Fight Night 85: Hunt vs. Mir』速報



UFC Fight Night Brisbane ‘Hunt vs. Mir’ Results: Play-by-Play & Updates(Sherdog)

UFC Fight Night 85 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼ライト級/5分3R
アラン・パトリック vs. ダミアン・ブラウン


 1ラウンド。パトリックはサウスポー。パトリック金網際でテイクダウン、パスしてハーフ。ブラウン立ちかけたところでパトリックギロチンチョークで再度テイクダウン。ブラウン外すもパトリック再度ハーフガード。ブラウン立つ、パトリックまたもギロチンに行くもブラウン外してハーフからパウンド。パトリック立つ、ブラウン追いかけてタックルに行くもパトリック振りほどく。ブラウン左フック。パトリックテイクダウン、ブラウン下からキムラロック狙い。パトリック外してハーフガード。ブラウン下から組み付き金網に押し込もうとしたところでラウンド終了。

 2ラウンド。パトリック左フックからクリンチ、金網に押し込んでからテイクダウン、ハーフガード。パトリックパウンド、肘打ち。ブラウン下から肘打ち、クローズドに戻す。パトリックパスを狙う。ブラウン下からキムラロックもパトリック外す。ラウンド終了。

 3ラウンド。ブラウン右ハイもパトリック交わしてテイクダウン、サイドを取る。肩固め狙いもブラウン反転し亀に。パトリックひっくり返して再びサイド。ブラウンまた反転、パトリックバックを取る。ブラウン立つ、脱出。パンチが交錯。ブラウン右ミドル。右アッパー。しかしパトリックテイクダウン、ハーフガード。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、30-26)でアラン・パトリック勝利。


▼ライト級/5分3R
ロス・ピアソン vs. チャド・ラプリーズ


 1ラウンド。ピアソンジャブ。ラプリーズ右ロー。ピアソン左ハイ。左ロー。ジャブ。左ミドル。左ロー。ラプリーズ右ハイ。ピアソン右ロー。ラプリーズ右ハイ。ピアソン左フック。ラプリーズ右ロー。右フック。ワンツー。右ハイ。ピアソン二段蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。ピアソン左ロー。ラプリーズ右フック。ピアソン右ハイ。ラプリーズ右ハイ。ピアソン右ロー。左ロー。ジャブ。左ロー。ラプリーズジャブ。ピアソン左ハイ。右フック。ラプリーズ右ハイ。ワンツー。ソバット。二段蹴り。ピアソンジャブ。ラプリーズ右ミドル。パンチが交錯。ラウンド終了。

 3ラウンド。ピアソンジャブ。左ロー。右フック。右ストレート。左ミドル。右ボディ。ラプリーズ前蹴り。ジャブ連打。ワンツー、右ハイ。パンチが交錯。ラプリーズ右ハイ。ジャブ、右ハイ。ピアソン右フック。右ミドル。ラプリーズ左エルボー。ジャブが交錯。ラプリーズのソバットとピアソンの跳び膝が交錯。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(28-30、30-27、29-28)でロス・ピアソン勝利。


▼ウェルター級/5分3R
リチャード・ウォルシュ vs. ヴィスカルディ・アンドラジ


 1ラウンド。ウォルシュプレッシャー掛ける。ウォルシュスリップ、すぐ立つ。アンドラジ右フック。アンドラジクリンチ、金網に押し込む。離れる。パンチが交錯。ウォルシュ右フック。アンドラジ片足タックルから金網に押し込む。テイクダウン、クローズドガード。ブレイク。ウォルシュジャブ。アンドラジ右フック。ウォルシュ右フック。ワンツー。ウォルシュタックル、アンドラジがぶる。ラウンド終了。

 2ラウンド。ウォルシュ左ミドル。ジャブ。アンドラジ右フック。左ロー。ウォルシュ右フック! アンドラジダウン! ウォルシュパウンド、鉄槌。アンドラジ必死にクローズドガード。アンドラジ立つ、離れる。ウォルシュバックハンドブロー。アンドラジテイクダウン、ウォルシュすぐ立ち逆に金網に押し込む。離れる。パンチが交錯。ウォルシュ右フックからクリンチ、金網に押し込む。アンドラジ入れ替える。離れる。パンチが交錯。ウォルシュ前蹴り。右ロー、アンドラジキャッチしテイクダウン。首を抱える。ギロチンチョーク! しかしここでラウンド終了。

 3ラウンド。ウォルシュワンツー。左フック、ジャブ、なおも連打。しかしアンドラジテイクダウン、ウォルシュ金網を背にする。アンドラジ首を抱えダースチョーク狙い。ウォルシュ外してスタンドに戻る。ウォルシュテイクダウン、アンドラジすぐ立つ、ウォルシュなおも金網に押し込む。離れる。アンドラジテイクダウン、クローズドガード。パスしてハーフ。アンドラジパウンド。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でヴィスカルディ・アンドラジ勝利。


▼女子バンタム級/5分3R
レスリー・スミス vs. 中井りん


 1ラウンド。中井サークリング。スミスジャブ、ワンツー。パンチが交錯。スミスワンツー。中井左フック。スミスワンツー。中井クリンチから膝蹴り。金網に押し込む。離れる。中井右ロー。スミス右フック。ワンツー。中井テイクダウンもラウンド終了。

 2ラウンド。スミスジャブ、ワンツー。中井テイクダウン、ハーフガード。パスしてサイドもスミスヘッドシザース。しかし中井外して肩固め。スミス脱出、スタンド。スミスワンツー。ワンツー、左ハイ。中井テイクダウン、ハーフガード。中井パウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。中井ジャブ。スミスワンツー。中井クリンチ、金網に押し込む、離れる。スミスジャブ。中井タックル、金網に押し込む。クリンチアッパー連打。離れる。スミス左フック。ジャブ。左アッパー。中井タックル、金網に押し込む。スミス離れる。スミス右フック。中井タックル、金網に押し込む。首投げでテイクダウン、ハーフガード。スミス反転、中井バックを取る。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、29-28)でレスリー・スミス勝利。


▼フェザー級/5分3R
ダニエル・フッカー vs. マーク・エディバ


 1ラウンド。フッカー前蹴りからクリンチ、離れる。前蹴りが交錯。フッカージャブ。フッカー左ミドルもエディバキャッチ、金網に押し込むもフッカーギロチンチョーク! グラウンドに引き込む! エディバタップ!

 1ラウンド1分24秒、ギロチンチョークでダニエル・フッカー勝利。


▼ウェルター級/5分3R
ブレンダン・オライリー vs. アラン・ジョウバン


 1ラウンド。ジョウバンはサウスポー。クリンチ、ジョウバンが金網に押し込む。互いに膝蹴り。オライリーがテイクダウン、バックを取る。ジョウバンすぐ立つ、オライリーなおも金網に押し込む。互いに膝蹴り。ジョウバン入れ替える。膝蹴り、肘打ち! ジョウバンラッシュ! 膝蹴り! オライリーダウン! ジョウバンパウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド2分15秒、アラン・ジョウバンTKO勝ち。


▼女子ストロー級/5分3R
ベック・ローリングス vs. ハム・ソヒ


 1ラウンド。ハムはサウスポー。ハム左ストレート。ワンツー。ワンツー。ローリングスワンツー。パンチが交錯。ローリングス右フック。ハム左ミドル、左ロー。ローリングス左フック。右フック。右フック。ハムワンツー。激しい打ち合い。ハム左ミドル。ローリングスワンツー。左フック。ラウンド終了。

 2ラウンド。ローリング左フック。ハム左ボディ。前蹴り。前蹴り。ローリングス左フック。ローリングスワンツー。激しい打ち合い。ローリングス右フック。ワンツー。右フック。ハム左ミドル。ローリングス右フック。ハムの蹴りをキャッチしテイクダウン、クローズドガード。パスしてバックを取る。アームバー狙いもハム脱出、離れる。ハムワンツー。左ミドル。ローリングスバックハンドブローもハム交わしてクリンチ、金網に押し込む。離れる。ハム前蹴り。ワンツー、左ミドル。ラウンド終了。

 3ラウンド。ハム左ミドル、前蹴り。ワンツー。左ミドル。ワンツー、前蹴り、左ミドル。ローリングステイクダウンもハム三角絞め! しかし入りが浅い。ローリングス脱出しパウンド。ハム立つ、スタンド。ハムワンツー、膝蹴り、金網に押し込む。ローリングス入れ替える。ハム膝蹴り。入れ替え合戦。ローリングス再度押し込む。ハム脱出し連打も試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、30-27、29-28)でベック・ローリングス勝利。


▼ミドル級/5分3R
ジェームス・テフナ vs. スティーブ・ボッセ


 1ラウンド。テフナ左ロー、前蹴り。ワンツー。ボッセワンツースリー! テフナノックアウト!

 1ラウンド0分52秒、スティーブ・ボッセKO勝ち。


▼ミドル級/5分3R
ダニエル・ケリー vs. アントニオ・カルロス・ジュニオール


 1ラウンド。ケリーはサウスポー。カルロス右ミドル連打。カルロステイクダウンからバックを取る。ボディトライアングルからパウンド。チョーク狙い。パウンド。アームバー狙いもここでラウンド終了。

 2ラウンド。カルロスジャブ、右ハイ。右ハイ。右ミドル。左右ロー。タックルは交わされる。カルロス跳び膝。右フック。ケリー左フック連打。カルロスタックルも切られる、離れる。カルロス右ハイ。タックルもケリーがぶってバックを取る。ケリーパウンド、膝蹴り。カルロス脱出、離れる。カルロステイクダウン、バックを取る。ケリー脱出、離れる。カルロス前蹴り。ワンツー。右ハイ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ケリーワンツー。左フック。カルロス跳び膝。クリンチから膝蹴りも急所にヒット。休憩後再開。クリンチからケリー膝蹴り。カルロスタックルもケリーがぶって上になるとパウンド連打! レフェリー止めた!

 3ラウンド1分36秒、ダニエル・ケリーTKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
ジェイク・マシューズ vs. ジョニー・ケース


 1ラウンド。マシューズ右フック。なおも右フック。前蹴り。ケース左ミドル。マシューズワンツー。ケース前蹴り。右フック。ケース右ミドルもマシューズキャッチし逆に右ミドル。ケースワンツー。マシューズワンツー。左ボディ、右フック。前蹴りが交錯。マシューズタックルもケースがぶる、離れる。マシューズ左ロー。右フック。ケースジャブ。マシューズ跳び膝、左フック。左フック。右ロー。クリンチ、離れる。ケース左フック。ラウンド終了。

 2ラウンド。マシューズ右ミドル。ケースワンツー、前蹴り。マシューズ左ミドル。テイクダウンから三角狙い。ケース外してパウンド。マシューズたまらず反転し亀に。ケースバックを取る。マシューズさらに反転、ケースハーフガード。マシューズ立つ、ケースなおも金網に押し込む。膝蹴り、離れる。ケース左ロー。マシューズ左ミドル。ケーステイクダウン、サイドを取る。ラウンド終了。

 3ラウンド。ケース左ミドル。マシューズ右ミドル。クリンチ、金網に押し込む。膝蹴り、離れる。マシューズ左ミドル。ケース左フック。マシューズ右フック。クリンチ、離れる。マシューズ左ロー。ケース前蹴り、クリンチ、金網に押し込む。マシューズ膝蹴り。バックを取りテイクダウンからチョーク! しかし外れる。マシューズ再度チョーク! ケースタップ!

 3ラウンド4分45秒、リアネイキッドチョークでジェイク・マシューズ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
ニール・マグニ― vs. ヘクター・ロンバート


 1ラウンド。ロンバートはサウスポー。ロンバートプレッシャー掛ける。左右ロー。飛び込んで右フック! マグニーダウン! ロンバートパウンド連打! マグニー亀から必死のディフェンス! ロンバートなおもパウンド! マグニー立ちかけるもロンバートなおも押さえ込んでパウンド、肘打ち、パウンド。マグニークローズドガード。ロンバートなおもパウンド。マグニー立つ、クリンチ、マグニー膝蹴り、右フック、離れる。ロンバート左フック。マグニータックル、ロンバート切る、離れる。マグニージャブ。右ロー。ジャブ、右フック。ワンツー。ロンバート左ミドル。マグニー左ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。マグニージャブ、ワンツー。前蹴り。ジャブ。膝蹴り。ジャブ連打、右ストレート。左ロー。ロンバート左フック。マグニークリンチから膝蹴り、離れる。マグニーワンツー。ジャブ連打。ワンツー。クリンチもロンバートが金網に押し込む。マグニー膝蹴り、離れ際にロンバート左フック! マグニーダウン! ロンバートパウンドんい行く。クローズドガード。ロンバート足関狙いに行くとマグニースイープ、ハーフガードからパスしてマウント、三角絞め。ロンバート外すもマグニーパスしてマウントからパウンド連打! ロンバート反転、マグニーバックマウントからパウンド連打! しかしレフェリー止めない! マグニーなおも乱れ打ち! ここでラウンド終了。

 3ラウンド。マグニージャブ、ワンツー。クリンチから膝蹴り、ジャブ、右フック。テイクダウンからマウント、パウンド連打! レフェリー止めた!

 3ラウンド0分46秒、ニール・マグニーTKO勝ち。


▼ヘビー級/5分5R
マーク・ハント vs. フランク・ミア


 1ラウンド。ハント左ロー。ミアタックルも交わされる。ハント左ロー。ミアジャブ。左ハイ。ハント右フック。ミアジャブ。ハント右フック。ワンツー。ミアクリンチもハント振りほどく。ハント右ストレート! ミアノックアウト!

 1ラウンド3分01秒、マーク・ハントKO勝ち。

posted by ジーニアス at 08:00| Comment(119) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり宇佐美氏はあれれな指示が多いなあ。
中井をここまで連れてきたのは彼の功績だけど、もっといいコーチがついてくれないかなあ。
Posted by アチケーエフ at 2016年03月20日 10:00
今回は中井りん勝ってたろ!!!ふざけるなよジャッジ!!!スタンドの打撃も相手にポイント行く程差は無かったし、その上でテイクダウン取ってただろ!!!これで負けはおかしいわ!!!ワイルド館長、今回は抗議して良いぞ(笑)
Posted by 格闘技ラブ at 2016年03月20日 10:18
中井のやりたいこととセコンドの指示がかみ合ってなかったような印象。
グラウンドになったときにパウンド落としていくとかしっかり抑え込むとかできてたらよかったけど、そうじゃなかったから負けは仕方ないかな。
Posted by y at 2016年03月20日 11:03
中井の30-27はおかしいとしても、29-28は妥当でしょう。
2Rは惜しかったね。
リーチ差がありすぎるので相手のパンチが面白いように当たる。
タックルのスピードがあるとか何か武器がないと今後の戦いが難しい気がする。
Posted by 秘密 at 2016年03月20日 11:04
さすがに中井さんの勝ちは無いかな。スタンドで負けてたし、グラウンドも不発だった。ちょっとジャッジへの印象が悪くなったと思う。
Posted by Holic at 2016年03月20日 12:01
リーチ差だけが関係する場合は同じボクシング技術をもったもの同士だけです
中井はリーチ差以前にディフェンスもスタンドも酷い
完敗ですね
Posted by あ at 2016年03月20日 12:08
確かに中井のセコンドはむやみに「バックマウントとれ!」とか言ってて、もっとバックマウント取るためのプロセスを指示できんのかなぁと思った。
あと中井のウェアは練習着みたいで残念な感じだったな…。
Posted by 大車輪 at 2016年03月20日 12:55
レフリー止めろや!!!!!!
Posted by あ at 2016年03月20日 13:27
このアーツ似のレフェリーは首にするべきですね
ロンバートは無駄なダメージ負ったわ
Posted by あ at 2016年03月20日 13:32
どうみても、中井リンは、ウエイトのやり過ぎて動きに弊害がでてるレベル、もはや調整の段階で間違ってるように思えるが、俺が指導者なら、フィジカル調整からやり直すがね…

スレット題目に関係無いんだけど、IGFの石井も、肉体改善したら、中井と同様に、石井ポテンシャルは高いので、もっとシャープに物理的な崇福寺改善からしたら、もっと勝てるかもしれませんね


Posted by 裸締め十段 at 2016年03月20日 13:35
マグニー、ロンバード戦のジャッジはクビにすべき
署名集めてでもクビにしたい
ハーブディーンでももっと早く止めるぞ
1ラウンドのロンバードも2ラウンドのマグニーも両方ジャッジ見ながら手を緩めてんのに止める気配が全くなかった
Posted by 怒りオヤジ at 2016年03月20日 13:35
中井のセコンドは確かに変な指示が多かったと思う。
どうやってもパウンドが無理な体勢でパウンド指示。
さすがに中井も無理して打ちはしなかったけど。

判定は妥当。
タックルは良かったので、もう少しボクシングが良くなればいいね。

ニールマグニーは凄かった^^
Posted by はま at 2016年03月20日 13:39
マグニー、よく凌いだなぁ!
ロンバードも負けたけどスゲー根性だった。
Posted by 大車輪 at 2016年03月20日 13:41
応援してたマシューズとマグニーが勝ってくれてうれしい。
ただ、ロンバード対マグニー戦のレフェリーはちょっと。
1Rみたいに立ち上がりやすいポジションにいてガードもできてるならともかく、バックマウントとられてタコ殴りされてるときはさすがに止めてほしい。
Posted by y at 2016年03月20日 13:51
ハントかっけー
Posted by ssa at 2016年03月20日 13:55
ハント!アメージング!
Posted by はま at 2016年03月20日 13:55
ハントの一発当てた後に追い討ちしないの格好良すぎる
Posted by live at 2016年03月20日 14:00
ハントはパワーがあるからと思われがちですが、実はテクニックが凄い。
最初はジャブからのオーバーハンド。
ミアがそれを潜り込むのを見て、次は潜り込む位置に狙い澄ましたストレート。
ドンピシャだったんでしょうね。

ハントおめでとう!
Posted by はま at 2016年03月20日 14:04
さすがは俺達のチャンピオン、ハントですわ。痺れる。
Posted by R at 2016年03月20日 14:04
WOWOWで見れないのが残念です。こちらで結果を拝見できるので有り難うございます。ハント!またかっこいい勝利を納めたようですね!K-1の頃から大好きな選手ですがいまだに活躍を見せてくれて、しかも最高峰と言われているUFCで。一度でいいのでハントがUFCチャンピオンになる姿を見たいですね
Posted by ジェローム at 2016年03月20日 14:05
止めるの早いですよ
まだ続けられるレベルでしたね
足もガード体制とっていたし
Posted by あ at 2016年03月20日 14:06
ハントすげー!あの追撃せず立ち去るのがシビれる!
Posted by トランクス at 2016年03月20日 14:07
フー!ハントーーー!
Posted by っな! at 2016年03月20日 14:07
ハントの試合あれどうなんですか?
ミア全然意識あってやれそうじゃありませんでしたか?
なんか前からハントの試合で思ってたんですけど、ハントってスタンドパンチでダウン奪ったら追撃しないのを美学としてるみたいなところあるじゃないですか。
あれってどうなんですかね。なんか失神したとか明らかに危険な状態ってわけでもないのに、ハントが追撃しないからレフェリーもどうしていいか分からず、え、ああ、みたいな感じで止めちゃう事ちょいちょいありません?
ハント好きだから今まで気にしないようにしてましたけど。
ミアも目も普通でしたし顔を上げてハントの方見てたんでまだ平気がしたんですけど。
Posted by ダイナソー森 at 2016年03月20日 14:07
選手の評価と雰囲気がジャッジに行き違った感じなんですかね
ちょっと見てみないとなんともだけど、ちと寂しい結果
Posted by 名古屋 at 2016年03月20日 14:14
ミアはダウンする際も顔起こしてたらから意識があったのは間違いない
でも身体が反応できてない
移動するハントに合わせて足を向けてガードを取るべきところでも固まったまま
恐らく意識はあるけど目の前真っ白だったんだと思われる
仮に追撃されてたら無防備に食らってたし、別に悪くないストップかな
Posted by もっへ at 2016年03月20日 14:15
>ダイナソーさん
まあそこはレフェリーのジャッジ次第でしょうね。
やれそうなら続けろと命じるべきです。

ただ今回はミアもアピールしてなかったですし、意識は飛んでたんだと思います。
あれくらいの選手になると意識は飛んでても、首を上げてガードポジションにするくらいはするので。

無意識にガードしているうちに復活しちゃう選手もいますが^^;
選手の安全を考えたら、あそこまで完璧にダウンしたら止めても不思議ではないと思います。
Posted by はま at 2016年03月20日 14:16
打たれ強さやハードパンチャーぶりが目立つけど、勝てるようになってからのハントは老獪さこそが最大の武器な気がする。
身体能力やスピードが昔と比べて衰えていても、テクニックやメンタル面での成長がそれらを凌駕してるから強くなってるんだろうな。
ミアはお腹まわりだけハントといい勝負だったのが悲しかった・・・。
Posted by y at 2016年03月20日 14:17
ミアも特に抗議してたわけでもないし、撃ち抜いたハントがもう無理だろ。と判断したんだからそれでいい。ミアもいけるならハントが背中向けた時に立ち上がって攻撃すればいいのにしなかったんだから頭はフラフラやったんでしょ。これはハントの勝ちだし、どこかでまだK-1の頃の癖も抜けないのかな。染み付いてるんじゃ。
Posted by 未来 at 2016年03月20日 14:21
どうですかね。
でもハントとしては相手がまだしのぐ余力あるならパウンド行ってガードで抱きつかれて時間稼いで回復されるより、
立った状態からやり直してダメージ残っているところにビッグパンチ当てるほうが上手くいきそうな気もします。
Posted by Oi at 2016年03月20日 14:23
国内では敵なし状態だった中井りんもUFC行くと連敗とか厳しいですなぁ...
Posted by おさむ at 2016年03月20日 14:25
ハントの追撃しないフィニッシュは本当に格好いい。他のファイターには真似できない。それに、ミアにヘタに覆い被さって追い打ちするとレスナー初戦やノゲイラ2戦目みたいに逆転で極められる危険もあるし。
Posted by たにお at 2016年03月20日 14:32
メインはストップ早かったかと思ったけど
ジョシュ戦であんなけ揉めてたミアがすんなり引いてたので
意外とダメージ大きかったのかなと思いました。

りん、ソヒは残念。
でもあれで30-27は激しくおかしい。
Posted by macotic at 2016年03月20日 14:42
倒れた選手の顔見たら どういう状態かくらいはわかるんじゃ?
レフェリーもミアの顔や目の動きみて決めたっぽい感じだったし。

ガードポジションは反射でやってるだけで意識でやってるものじゃないとおもうな。
Posted by いきあか at 2016年03月20日 14:46
りんちゃんの勝ちだろー!(T0T)
Posted by 薬剤師 at 2016年03月20日 14:50
ハント追撃いけよ
Posted by いも at 2016年03月20日 14:58
ハントやばす!!
ワンパンでKOした上に、追撃せずに立ち去るハントならではのカッコ良さ!!
POTNも取ったし、これからまた連勝重ねて、チャンピオンロードを突き進んで欲しい!!

( ´∀`)ハントハントォ!!
Posted by まろん at 2016年03月20日 15:02
ハントかっこよすぎ!!

ミアはガードをハントに向けれてないし、すぐ動き出して抗議をしなかったってことはストップは妥当な判断だったんでしょう。
ハントからすれば手応えで判断してるだけで非難される謂れはないでしょ。追撃した方が確実なんだから。




Posted by ら at 2016年03月20日 15:08
ハントの試合はレフリーがダメだと思う。まだミア充分やれそうだったし続行でしょ。たしかにハントが追撃しないとああこれで終わりなんだって説得力が生まれるけど、レフリーまでそれにのまれちゃ……。
Posted by ゴメス at 2016年03月20日 15:08
ハントは今までもKO確信した場合は追撃しなかったし、手応え充分だったんでしょう。

それにしても振る舞いがたまりませんね。余韻がすごい。
Posted by K at 2016年03月20日 15:11
ハントカッケーーー!!!!!!
ミアもやられた後よく体制作ってたけど、ハントに対応できてなかったから止めてよかったと思います。
ふつーに横切ってたので
Posted by TAO at 2016年03月20日 15:13
もし、ハントが追撃しないからレフェリーが止めててるのであれば、それはハントの問題じゃくなくレフェリーの問題。

追撃しないのが美学かどうかしらないですけど美学ならば、尚更どうこう言う問題じゃないと思いますね。

まぁ、ハントも自分のパンチ力がすごいことを知ってるので当たった感触でもう無理だと思ってるんでしょう。
確かに今回はもう止めちゃうんだってかんじでしたけどね。
Posted by FAT at 2016年03月20日 15:14
レフェリーもハントもミアの顔を覗いて「追い討ちしない」「KO!」の判断をしましたからね。

ミア、条件反射であの体勢でしたが意識飛んでたんでしょう。
でなければ、レフェリーも止めないはずです。

それにしても凄い音でしたね、骨の音がしました。
Posted by ぽい at 2016年03月20日 15:18
ミアが平気そうなのに試合終わったのはハントの責任ではないね、ハントは確かにもういいだろみたいな感じだったけどそれで試合終わろうが続行だろうがレフェリー次第
Posted by しかし at 2016年03月20日 15:22
今日のジャッジ酷かったな。中井りんに続いてハムソヒも疑惑の判定だったよ。
ハムソヒはスタンドどの打撃でも有利だったのに敗けにされてるぞ?これはどう説明するんだよ!
相手テイクダウン取れたの一度だけだし、金網に押しつけてただけだろ。あれで勝ちなら、三回もテイクダウン取れてた中井りんも勝ちで良かったろ!本当どういう判定基準なんだよオーストラリアはよ(笑)
マークハントは流石だった。安心して見てられるね
Posted by 格闘技ラブ at 2016年03月20日 15:24
映像見てませんが、ハントが追撃しなくてもレフェリーが続行指示すれば良いだけなので、レフェリーが惑わされず的確な判断すれば済む話なんですよね。
ハント好きなんですが、いつか追撃しなかった事が仇となる時が来てもおかしくないかなぁとは思います。
Posted by xyz at 2016年03月20日 15:27
試合見ましたが、多分当人同士にしか分かんない感覚というか感触があるんじゃないですかね。

確かにミアはガード姿勢が取れていたって指摘ももっともだと思いますが、レフェリーが入っていっていくところに瞬時に反応できてましたかね?私は疑問です。

確かに追撃すれば勝利をより確実に出来るかもしれません。逆に大逆転の一本を取られるかもしれません。

ハントの場合、そういう打算的なことじゃなくて、単純に優しいだけでは(格闘家としては弱点かもしれませんが)。ましてヘビー級なんで、あの状態でパウンド1発2発入れれば病院どころか生死に関わりますし。

ただ、賛否両論あっていいと思います。答えはない話ですしね。
Posted by F200 at 2016年03月20日 15:39
追撃をしないのは、まったく問題ないだろ。
ルール違反でもないし、マナーにも反していない。

問題があるとすれば、レフェリの判断。
まだ試合が出来る選手を負けにしたというのならば、そのストップの責任はすべてレフェリにある。
Posted by TBA at 2016年03月20日 15:39
ちゃんと目を確認してストップしてるでしょさすがに。ミアも効いてたから試合後にクレーム入れなかったわけで
Posted by a at 2016年03月20日 15:40
意識がありそうでまだやれると思って
やらせた結果がドランカー続出ってケースもありますよ
Posted by 赤鯖 at 2016年03月20日 15:53
うーん、論争はあると思うんですけど、軽・中量級じゃないし、ヘビーで豪腕のハントが追撃したら相手死んじゃうんと思うんですけど... ミアも意識ははあったものの、、追撃されなくてよかったって思ってますよ。
Posted by a at 2016年03月20日 15:55
あと、いま試合の映像を見直したんだけど、少なくとも今回はレフェリング的にも問題なかったかなと。

ミアがガードみたいな姿勢になったのは、ハントがプッシュした勢いで仰向けに倒れたから。
顔だけは何とかハントの方に向けていたけれども、ミアから見て左側を歩いていくハントに向けて、ミアは何の動作も起こせていない。

この時点で、せめて歩いているハントの方にミアが足を向けるなり、立ち上がろうとするなりの動作を見せれば、ストップが早過ぎるという意見も成立するとは思うけれども、今回はそれにあたらないんじゃないかな。
Posted by TBA at 2016年03月20日 15:59
ハントが追い討ちしないのがカッココイイみたいなコメント昔から多いけど、失神してないなら追い討ちすべきでは?追い討ちでトドメさすのがMMAでしょ?
Posted by さ at 2016年03月20日 16:00
止めるの早い、という見方はもちろん出来るんだけど、選手の後遺症を考えると止めるのは賢明な判断でしょう。
ハントまたタイトル戦線浮上だな。
ハントのチャンピオンになった姿観たら泣けるだろうなぁ。
Posted by mr_st at 2016年03月20日 16:09
マークハントは相手意識あるんだから行かなきゃダメだよ。相手もそれで止められたらたまったもんじゃないしかわいそうだよ
Posted by たつ at 2016年03月20日 16:14
ハントはやっぱ魅力的な選手ですね☆おめでとう!!!
Posted by ◉ at 2016年03月20日 16:28
美学としてるっていうか手ごたえで立ってくるわけないっていうのがわかるんでしょ。
レフェリーも即座に止めた感じではなくミアの様子見てからって感じだったし特に問題ないと思う。
Posted by ワイン at 2016年03月20日 16:34
りんちゃん勝っていたように思いました。ハントはあれで仕方ないんじゃないですか?わざわざパウンドに行って捕まえられる必要もないし、レフェリーが止めなければミアはスタンドに戻って再開だから。レフェリーが止めた以上仕方ないのでは。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年03月20日 16:40
手応えから勝ちを確信したハント、立ち上がれなかったミア、事実はそれだけ。
くだらない妄想を付け足して批判している連中は何なんだ?
Posted by same at 2016年03月20日 16:41
KOされてからミアが右手でタップらしき行動をしてるんだけど、ふらふらで力がはいらなくてタップに見えるだけなのかもしれないけど、多分タップじゃね?
Posted by j at 2016年03月20日 16:43
ハントは追撃する時もありますし本人の中できちんと基準があるんじゃないですかね?
レフェリーがミアの状態みてすぐ止めてるし結構的確な基準なのかなと。
まあニワカの印象ですけどね。
Posted by コー at 2016年03月20日 16:46
ハントが追撃しなきゃいけないとか言ってる人は大丈夫か?
そんなのはハントの自由だし、ましてや寝技が強いミア相手に下手に追撃しないほうが正解かもしれない。

試合はレフェリーが勝手に止めただけ。ハントは1ミリも悪く無い。
Posted by コツリバ at 2016年03月20日 16:47
だいたい意識が無くなってKOなんてそれほど無いだろ
セミのロンバートも意識あったから止めるの早いのか
今さら意識があったんだからストップは早いとか素人みたいな書き込みしてるんじゃないよw
Posted by 図書 at 2016年03月20日 16:48
止めなくてもミア立たされて スタンドでもう一回やらされるだけでしょ
ハントはそれでいいわけで
Posted by さだS at 2016年03月20日 16:51
ハントとミア仲良いみたいだから必要以上に殴りたくなかったんだろうね
Posted by 温泉 at 2016年03月20日 16:58
レフェリーが見てるのは倒れた選手の目だよ。ミアの目が飛んでたから止めたんでしょ。それにミア自身、抗議してない。何の問題もないよ。あんな物凄い音したパンチくらってるわけだし。
あと、ミアがもし続けられたとしても、ミア相手にハントが寝技にいく利点ないよ。ファブリシオのガードに入っていった時はびっくりしたけど。
Posted by よ at 2016年03月20日 17:01
ハントはストライカーなんだから感触で分かるんじゃないでしょうか?
ミアは平気だったらスタンドにもどればいいだけであって。
Posted by けんけん at 2016年03月20日 17:03
コメント拝見したらストップの早さをかなり議論されてますね、個人的にはハントファンなので終わりでいいでしょ!と思いますがミアのファンで応援していたとしたらもしかしたらミアはまだ間違いなくやれたからレフェリーが早すぎるし、ハントも立ち去るな!と思ってしまいそうですので、難しいですねこういう問題は。 なので結局はレフェリーがフェアな立場で判断をしてクレームがきても説明出来るようにしてもらえたらいいですよね
Posted by ジェローム at 2016年03月20日 17:05
別にストップにならんでもスタンドに戻されてハントとしたらそれでいいでしょう
むしろヒョードルVSファブレ塩の時にみたいに不用意に飛び込むと損でしょ
Posted by らあ at 2016年03月20日 17:09
コンゴやシウバ2戦目の時も追撃してませんでしたっけ?
パウンドなんて勿論出来ないK-1の世界で生きてきたハントの事だから当てた感触でもう立ってこられないかの判断付いてるんだと思う
Posted by プジアノフスキ at 2016年03月20日 17:12
ハントは相手がダウンしたら毎回追撃しないというわけではないんですよね。過去にはそのまま追撃した試合もありますから。
だから美学というかダウンさせた時の手ごたえとかで判断してるんだと思います。
で、その判断が実は正しくなくて終わるべきでないタイミングでレフェリーが試合を止めてしまうのであれば、それはハントではなくてレフェリーの問題。
むしろハントはそれをすることで反撃を受けるリスクを背負っているわけですから。
Posted by かな at 2016年03月20日 17:16
私もワインさんと同意ですね。

ハントは一度ミアの方向へ歩いて行きながら
ミアの顔を確認した後
目を切らして方向転換するので
レフェリーよりも先に
ミアがもうやれないと判断したんだと思いますよ。

実際レフェリーも
ハントの動向には目もくれず
真っ直ぐに
ミアの確認をしに行き
顔を見た後、手を振りましたので
ミアの意識は飛んでいたのでしょう。

トップファイターは反射レベルに
体が反応するよう
繰り返し練習をするので
意識をなくして相手を認識できず
止めに入ったレフェリーに掴みかかるような光景も
MMAではよく見かけます。
近寄ってくるハントにも
レフェリーに対しても反応していなかったミアは
意識がないけど
反射的に体がガードポジションをとったんだと思いますよ。
Posted by アンチ判定 at 2016年03月20日 17:21
失神までいかなくても、抵抗出来る状態じゃなけれは止めるべきですけどね。
それがルールのあるMMAではないかと。
Posted by xyz at 2016年03月20日 17:46
動画見たけどレフェリーはミアの目を見て止めてる
決してハントが追撃しないから止めたわけではない
問題なしでしょう
Posted by HHH at 2016年03月20日 18:09
勝負あったと思ったから、あとの判断はレフリーに委ねるってスタンスは好きだけどな。
Posted by まっつん at 2016年03月20日 18:12
レフリーが顔に手を当ててるとき、手も足も伸びきってる
意識飛んでたのでは

http://www.sherdog.com/news/news/Mark-Hunt-Walkoff-KO-on-Frank-Mir-Caps-Quick-UFC-Fight-Night-Main-Event-in-Australia-102197#/slide/2
Posted by なべ at 2016年03月20日 18:26
ハントの一撃は相変わらず音も威力もヤベェな。
Posted by 風林火山 at 2016年03月20日 18:47
ストップが早かったって思う人!


もう一回映像観て下さい。

上からの映像だけじゃなく、横からのも観て下さい。


メッチャ効いてますよ(笑)

ふつうのノックアウトです。
Posted by 富士山 at 2016年03月20日 18:48
ハントワンパン!やっぱ裏切らない!

止めるの早いと言っている人多いけど、明らかに動けなかったでしょ?
死んじゃいますよ?
ミアは目は開いていたけど、それだけで身体をまったく動かすことができない状態で何が起きているかわからない状態だったと思う。
他の方も書いてましたが、ハントは美学とかじゃなく感触で終わったかどうか判断していて、実際追い打ちしている時もある。
ミアの寝技にビビっていかなかった訳でもない。
破壊力No.1のレベルの人がやっていることなので。
実際、ハントが追い打ち掛けないで立ち上がってきたケースはないのでは?

あと、ミアはスピードもハントに負けてましたね。
Posted by フライド at 2016年03月20日 18:54
中井りんはミーシャのときと何も変わってなかった。

リーチ差があるが、フェイントでももっとパンチとキックを振るべきだと思う。

そしてただ抱きつきにいくだけ。
すぐ切られるし、いいポジションになったときもパウンドしない(できない?)から相手は抜ける方法を探すだけの楽なお仕事。

1度3発くらいちょんちょんと変なパウンドみたいなのやったけど・・・

応援してるけど、勝つ要素がないよ。
Posted by ぶるぅす・りぃ。 at 2016年03月20日 19:19
映像観てないしあれなんだけど、一つ言える事は、ハントは常に冷静だって事だよね。試合中でもアツくなってないっつうか頭に血が上ってない。負けても淡々としてるしね。ファイターとしては非常に珍しいタイプなんじゃないでしょうか。なんかサンマの『生きてるだけで丸儲け』的な何かを感じます。
彼のツラい過去からして、マジで自殺寸前までいったのかも知れません(泣)。
Posted by ま at 2016年03月20日 19:59
倒れ方から見ても完全にKOでしょ。
普通失神ダウンしたけど失神してないのなら尻餅を付くように倒れて受身をとってるはずなのに崩れてるから。ガードとってるのも誰かが言ってるように反射的にとってるだけで意識的にとってるようには思えない。
パンチがヒットする瞬間もタックルにいこうと意識がいったところに合わせられてるからKOしてもおかしくない。

Posted by 和製ネルソン at 2016年03月20日 20:04
sameさんやアンチ判定さんに同意。
ミアが眼を開いて体勢とってたイコール試合続行すべきって判断してる人たちは、はっきり言って捉え方がズレてる。あれでおしまい。
Posted by ててて at 2016年03月20日 20:05
UFCの判定は打撃で明らかにラウンド優勢なのにテイクダウン一回取られただけで相手にポイントされたり、10-10でもいいラウンドなのに形だけ当たってるだけの打撃で点差がついてたり、ジャッジ次第でめちゃくちゃだから、かなり明確な差がない試合はなんとも言えん。
Posted by ててて at 2016年03月20日 20:07
マグニー対ロンバードはレフェリークビレベルだけど、実際早く止めるレフェリーなら1Rでマグニーの負けになっててもおかしくなかったね。
Posted by ててて at 2016年03月20日 20:08
ハントはアルロフには勝てそうですね

ロズウェルともう一回やっても勝てそう
Posted by 格闘マニア at 2016年03月20日 20:11
今日は面白かったなあ!!
日本でデビューしたフッカーも良かったし、ジョーバン様は相変わらずお美しく、強気な攻めで良かったし、
ボッセも魅せたし、ケリーの逆転勝ちも素晴らしかったなぁ!!
すっごい鬼なレフェリーいたなぁ!!
Posted by コロナキッド at 2016年03月20日 20:18
相手に余分なダメージを与えないのは、やっぱりハントかっこいい。
スティーブ・パーシバルってレフェリーはなんだよ、
ロンバートはラウンド終了間際に大丈夫ってアピールもしてたけど、対処できずに殴られ続けてたら止めて欲しいし、
遅くとも、レフェリーはこのままだと止めるぞとロンバートに宣告した後に止めた方が良いと思う。
Posted by DA at 2016年03月20日 20:33
メインに色々言う数人ってちゃんと試合見てるのかな。
レフェリーがミアの目と顔をしっかり覗き込んで状態を確認してから止めてるのだから、これはKOっていうんですよ。

この人らの言うように、あの後試合続けても棒立ちでハントにスタンドで即失神KOされるか、あのままパウンドでもう一度KOされるかしかないから、追撃シーンやミアが余計に脳にダメージ追うシーンなんて誰も望まない。

なにより本当に早かったなら、ジョシュ戦みたいにミアは「ストップが早い」ってその場で怒るよ。
今回はミアはハントに拍手してたでしょ。
もの凄いKOだったのにここの数人に余韻壊されて残念だ。レフェリーは手順追って正当な良い判断したよ。

しかしハントは凄いね。本当に見事な試合だった。
チャンピオンになってくれ!
Posted by a at 2016年03月20日 20:33
中井選手はタックルフェイントからの打撃、クリンチからのアッパーは良かったんじゃないでしょうか?
タックルは相当警戒されてたようですし。
打撃を警戒させればもっとタックルが生かせるとは思うのですが…。
2ラウンドかな?の低空タックルはなかなか鮮やかでしたよ。
Posted by はま at 2016年03月20日 20:56
通ぶったニワカが居るな
今回の中井りんがミーシャ戦と変わって無い様に見えるなら格闘技見るの止めた方が良いよ
パンチもキックもミーシャ戦より出してたし、パンチは結構当てていた。だからあれだけテイクダウン出来たんだよ。
そんな事も分からないのか?グラウンドの支配率も長かったし、一度も下になってない。打撃は押されてたと思うが十分勝負は出来てたし、特にクリンチアッパーは良かった。課題は有るかもしれないが、前回と比べたら見違える程進化してるよ。そんな事も分からないんだからろくに試合見てねえんだろうな。
Posted by 格闘技ラブ at 2016年03月20日 21:12
まあ、メインはミアが抗議をしていないのでハントのKO勝ちで問題無いかと
ガッカリしたのはテフナだな
一時期はランキング入るかどうかだったのになデビュー戦で秒殺KO負けした相手に秒殺KO負けかよ
4連敗だしリリースかな
Posted by Muse at 2016年03月20日 21:25
https://www.youtube.com/watch?v=fjJZjrLXnP8
インタビュー時に流れてるKOシーンのリプレイで確認しても
ダウン後のミアの様子からして止めて正解でしょう
意識があるから追撃すべきとか言ってる人はドランカーを増やしたいんでしょうか
Posted by くろ at 2016年03月20日 21:35
まさん
ご存知でしたらすみません
http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-1784.html
Posted by p at 2016年03月20日 22:13
そんだけレベルの高い技術面を語られてるのでさぞかし凄いファイター、指導者なんでしょうね。
尊敬致します。通ぶったニワカですみませんね、ただの格闘技好きが格闘技ブログのコメント欄に通ぶったコメント書いてるだけですよ。本気でやられてる人とはベクトルが違いますよ。あなたが言う様に2度と格闘技なんて観ませんよ。
あなたが人生かけて立ってるステージを軽い気持ちで観てすみませんでした。本気で格闘技やられてる方だけしか感想言ってはダメな世界なんですね!凄いです
Posted by 通ぶったニワカ at 2016年03月20日 22:22
デビュー戦のミーシャには勝てなくても仕方ないけど、中の中レベルのレスリースミスにも負けちゃうのは痛いな~。
前回よりは進歩したとか言われても勝たなくちゃ意味ないからね~。
中井はフィニッシュするイメージが浮かばないんだよな…
Posted by BOON at 2016年03月20日 22:29
wowowで放送しないのにコメ伸びてるなーと思ったらやはりと言うかレフェリング関連のコメントだらけかぁ。
北米興行ってかUFCはレフェリング&ジャッジ関連で後味悪い試合が多すぎなんだよ。
そもそもロンバートの試合とか何だあれは?あんな残酷ショーをトップリーグの試合だとか言って見せられても憂鬱な気持ちにしかならんわ。
10年,20年前の試合を焼き直してるんじゃないんだからさ・・疑惑の判定も毎大会1,2試合あるしレフェリーやジャッジの教育にUFCは力を入れて欲しいもんだ。
Posted by うん at 2016年03月20日 22:46
Pさん、情報有り難う御座います。知りませんでした。過去記事、遡ってみようと思います。ハントとミアの褒め殺し作戦には笑いました。
Posted by ま at 2016年03月20日 22:52
メインにアレコレ言ってる変なファンのコメ見たあとにハントの試合後コメント見るともう一度スカッとさせてくれる。
日本の一部ファンだかオタク、面倒くせ~。しったかは悪だな。
Posted by アホにはなりたくない。 at 2016年03月20日 23:00
大会とは直接関係ないですが、本日UFCファンミーティングで観戦しました。しかし、運営はグダグダで7時半にスタート予定が回線のトラブルで観始められたのは9時過ぎ...田中選手、水垣選手見れたのはよかったですが、MC力が全くないスタッフが時間稼ぎに話を聞くような感じに冷めました。

UFCのジャパンスタッフは運営を猛省してください。そして次はちゃんとしたイベントになることを祈ってます。次も開催してください
Posted by 押忍 at 2016年03月20日 23:20
もう少しハントに厳しい勝負になると思ってたけど圧勝だったな。ハントが強かったし、ミアが思ってた以上に衰えたようにも見えた。

ヘビーは相性次第で勝ったり負けたりな試合が多そうだけど、オールラウンダーの安定感でやっぱりファブリシオが一段抜けてるかな。ここにヒョードルが絡んでほしいけど、ジョーンズが階級上げたりコーミエが戻ってきたらあっさり制圧される気がする。次コーミエはジョーンズに負けたらヘビーに復帰するかもな。ジョーンズに勝つよりイージーだと思うし。
Posted by りく at 2016年03月20日 23:22
ハントすごいな
顔見て焦点あってないのが分かったんだろうね

レフェリー駆け寄った後のミアの反応見ても朦朧としてるし問題無いでしょ
あれでミアが続行可能だったとしてもハントに落ち度はない
Posted by はぁ at 2016年03月20日 23:29
ハントが殴った時の音についてコメントしてる人いたけど確かにあれは恐いね
殴られる方もだけどハントの手も不安になるレベル
Posted by はぁ at 2016年03月20日 23:41
通ぶったニワカさん
正直、そんな見え方してるんだから日本でUFCが広まらないわけだわ、面白い物もつまらなく伝わるし、選手の頑張りも届いてないし、、、がっかり。
と思ったけど、まぁ、ニワカでも観てる人がいるだけまし。
Posted by ててて at 2016年03月21日 00:00
通ぶったニワカさん

多分貴方に絡んだような人はほんの一部ですので
これからも格闘技見て是非アイツがツエー!ダメだー!と一喜一憂してくださいな。
どこの業界にも玄人ぶった視点が狭いファンってのはいるもので
そういう人達は実は業界内からも疎まれていたりするもんです。
ムカついたりせずに、心が貧しい可哀相な人なんだな・・と同情してあげてください。
Posted by ヘイズマン at 2016年03月21日 00:24
ファンイベントにて観戦。回線トラブルがありましたが、ハントが全て蹴散らしました!大盛り上がり!最高。
正直、曙とかよりはコッチが100倍いいので、…なんとも言えませんが…
…感謝しかないです。ありがとうございます!
Posted by あいーん at 2016年03月21日 00:26
うんさん

レフェリーもジャッジも、UFCの所属ではないので、どの団体でも変わらない問題だと思う。
判定の評価が割れる試合という事なら、今後もMMA界で永遠に無くならないし。

UFCでレフェリーやジャッジを育成して、使っていくとか可能なのかなぁ。
別の問題も有りそうだし。
Posted by DA at 2016年03月21日 00:57
メインのマークハントが素晴らしかった。角度を変えたスロー再生を見ると、力まず出してる右ストレートがミアの頭を吹き飛ばしてるのがよくわかる。音も凄かったし起き上がれないのは経験でわかるんだろうな。
Posted by こんぺいでーす at 2016年03月21日 08:23
Webで観ました!
ハントつえー!
でも、ミアのノゲイラの腕折ったときのグッドシェイプは何処に?
誰もが警戒するハントの右パンチもらう辺り、対策練習足りないんじゃないかと思います。
まあそれでもハント勝ったと思いますが、善戦出来たのでは?

ハントチャンピオンになって欲しいな!
スーパーサモアン!
Posted by 若尻 at 2016年03月21日 09:06
ハントミア止めるのおかしいとか言ってる奴はミアを殺す気か?どう見たったてミアは意識飛びかかってるよな、ガード入ろうとしてるのは反応だろうし。
あそこで止めなかったらハントの豪腕が何発も降り注ぐんだぞ。
Posted by テレコ at 2016年03月21日 11:09
レフェリーが目を見て止めてるから、それが全てだと思いますね。
実際に試合をしていた打撃の専門化の頂点みたいなハントの判断。
それを仕事にしてるレフェリーの判断。負けた後のミアや周囲の反応。
それらを見ると素人の私は普通のKOにしか見えませんでした。
Posted by ひろし at 2016年03月21日 11:33
>DAさん
>レフェリーもジャッジも、UFCの所属ではないので、どの団体でも変わらない問題だと思う。

最初に北米興行と書いてるようにそれは知ってるよ。
視聴機会の多さ&記事内容を考慮して便宜的にUFCの名前を出したけど基本、北米興行全体についての話。
ここまでジャッジやレフェリング問題が試合の度に噴出するって正直言って異常事態だと思う。
UFCの抱える問題として解決していく努力が必要な時期じゃないかな。
業界トップのUFCでロンバートのような残酷試合が行われる意味、影響の大きさについて運営サイドはもっと真剣に考えて欲しいね。
Posted by うん at 2016年03月21日 14:57
>追い討ちでトドメさすのがMMAでしょ?

ひっどいコメントだな。
Posted by mk at 2016年03月21日 23:27
そんなに試合の度にジャッジ・レフェリー問題は噴出してるか?
まあ、ジャッジもレフェリーも人間なんで失敗はありますし、UFCだけではどうしようもない
Posted by Muse at 2016年03月22日 12:02
話題にはならないだけで2-1のインチキジャッジは毎回ある印象ですね
Posted by たわし at 2016年03月22日 16:09
話題にならないだけで、こないだのONEとかでも止めるの遅いレフェリー居たしなぁ。
北米のレフェリー達も、日本や韓国やフィリピンやロシアやルーマニアや世界中どこでもレフェリーするし、
話題にはならないだけで、レフェリーもジャッジも世界中のMMAの問題だとは思うよ。
UFCも何か対策すべき事が有れば、もちろんやるべきだけど。
Posted by DA at 2016年03月22日 18:42
インチキレフェリーとジャッジが北米から世界中に派遣されてやらかしてるなら尚のこと事態は深刻だな。

これは相当根の深い問題と見た。
Posted by 熊 at 2016年03月23日 01:00
北米以外の世界各団体でのレフェリーとジャッジの問題は、
北米のレフェリーとジャッジ達は、あまり関係ないとは思うけどね。
Posted by DA at 2016年03月23日 19:32
今回は普段見ないレフェリーばっかだからオーストラリアのレフェリー・ジャッジじゃないの
マーク・ゴダート居たからイギリスからも来てそうだが
Posted by シェルダー at 2016年03月24日 15:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索