2016年03月18日

デイナ・ホワイト「6年前、マーク・ハントに30万ドルでPRIDE時代の契約を買い取ると言ったのに、彼はUFC出場を選んだんだ」

勝負論 (新潮新書)
勝負論 (新潮新書)

ダナ・ホワイトがマーク・ハント獲得の経緯についてコメント/ボビー・ラシュリー「ヒョードルと対戦してもいい」etc.(2010年07月10日)

 こちらの続報。6年前、デイナ・ホワイトがツイッターで当時5連敗中だったマーク・ハントと契約した理由を尋ねられて「私たちがPRIDEを買収した時の契約の一部に彼の試合契約が含まれていたからだよ」とコメントしましたが、

Round 6: Dana White says the UFC offered Mark Hunt $400,000 ‘to make him go away’(The Daily Telegraph)

 この時の経緯についてデイナ・ホワイトが以下のコメント

「30万ドル(40万豪ドル)も払えば納得して出て行ってくれるだろうと思っていた。だがみんなも知っての通り彼は拒否したんだ。彼は『ありえねぇ、クソッタレ。俺は闘いたい。俺はそういう人間だ』と言った。結果、それは大正解だった。マーク・ハントはそれよりももっと稼いでしまったんだからな」

「マーク・ハントはこのスポーツで最も素晴らしいストーリーのひとつだ。愛さずにはいられない。『もう彼が闘うところは見たくないよ』と言うヤツは一人もいない。私はこの業界では珍しく『もう十分やったんだから引退しろ』と言うタイプだ。そしてファンからボロクソ言われてしまう。だが私はそういう手段で1ドルも稼ぎたくない。私はコンペティターに出場して欲しいし、ケガもして欲しくない。そしてマーク・ハントはまだまだやれる。ベテランが何度もノックアウトされると心配になるものだが、マーク・ハントにそれは当てはまらない」

 ハントは日本大会やオーストラリア大会などファイトマネーが公表されない大会に出場することが多いので最近の金額は分かりませんが、2013年5月の『UFC 160: Velasquez vs. Bigfoot 2』でジュニオール・ドス・サントスと対戦した時の金額は16万ドルでした。また、最初の2試合(UFC 119のショーン・マッコークル戦、UFC 127のクリス・タクシュラー戦)も公表されていませんが、デイナによると出場給は僅か6000ドルだったそうです。

 なお、ファイトマネー以外だとパフォーマンスボーナスのみで合計32万5000ドル稼いでいます。

posted by ジーニアス at 23:56| Comment(17) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
格闘技ファンでハント嫌いな人なんていないでしょう。

ハントは最高の漢。
Posted by ssa at 2016年03月19日 00:02
この話し何度も耳にしているけど、間違いなくUFC史上最高のストーリー。
本人がそれを吹聴していないのがさらによい。
Posted by たかはし at 2016年03月19日 00:19
ハントこれからも大きな怪我せずにいてほしい。
良いファイトマネーももらってほしい。
ハントは本当にカッコいい。
Posted by 名無し at 2016年03月19日 01:02
金に汚いキャラをテレビカメラの前じゃ演じていてこれだもんなwコールマンのチャリティーでも一番金出してたし。

オーストラリアで練習してた時は凄い人材豊富な国だと思ってたけど、ハントを超える選手やチャンピオンクラスはまだ出てこないなあ。
Posted by りく at 2016年03月19日 02:07
そう、ハントは愛さずには居られない人物なんだよ。

ドリーム時代は正直マッチメイクが良くなかった。

一試合100万ドルは稼いで欲しいなぁ(´•ω•`)
Posted by セブンス at 2016年03月19日 02:39
ハントまじかっこよすぎるw
自分が5連敗中のハントなら間違いなく30万もらってる!
ハントがデビューしてからずっとファンだけど、これからも一生ファンでいます!
Posted by トリケラサマ at 2016年03月19日 03:29
ドリームって二流団体で5連敗とか悲惨な戦績から
UFCトップファイターに成り上がったストーリーは素晴らしいの一言ですしね

準備期間無しで戦わなかったら
今頃チャンピオンになってたかもしれないとか
カッコよすぎでしょう
Posted by 赤鯖 at 2016年03月19日 05:42
これだけファンや関係者に愛されていて明るいハントも幼少期に虐待を受けていたりK-1優勝後は病んでいた時期があるんですよね
だから今のハントの発言や態度は増して尊敬出来ます
洋書ですがBorn to Fightという自伝が出ているのでハント好きは必読ですよ
Posted by ネイ at 2016年03月19日 06:20
男が惚れる男。マジカッコ良すぎ。
顔も整ってて超ハンサムだし、もしギチギチに絞ったら笑っちゃうくらいイケメンだろうな。
Posted by 大車輪 at 2016年03月19日 07:34
ハントは唯一、k-1選手の中で好きな選手だったなぁ…
看板選手に引退を進めるダナ、半引退状態のかつての看板選手を引っ張り出してくるバラ…
こういうとこで台所事情の違いが出ちゃってるなぁ
Posted by ハヤシ at 2016年03月19日 07:44
何度聞いても感動する。ハントがチャンピオンになるとこ見たいなぁ。
Posted by 50円 at 2016年03月19日 07:49
涙出るなぁ…
Posted by エメリヤエンコ at 2016年03月19日 10:05
ハントほど「いつどこでも誰とでも戦う」って選手はいないと思う
お金もパーッとつかっちゃうし、なんかどこぞのカウボーイと似てる気がするな…
Posted by スハノブ at 2016年03月19日 10:05
ハントを見下して、ディスってたのって
プライド時代のミルコぐらいか(笑)
ハントに逆襲されてたけど(笑)
Posted by 平 at 2016年03月19日 10:15
( ´∀`)ハントハントォ‼
Posted by まろん at 2016年03月19日 10:49
デイナのこの美学は好き
桜庭がボロボロにされたの見せられたせいかなおさら
Posted by aa at 2016年03月19日 11:08
平さん、ミルコはディスってませんしハントを認めてるコメント沢山出してますよ。そして仲もよかったですよ。
Posted by かく at 2016年03月19日 12:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索