2016年03月18日

UFC 198 マウリシオ・ショーグンがコーリー・アンダーソン戦についてコメント


UFC 198でマウリシオ・ショーグンとコーリー・アンダーソンが対戦(2016年03月16日)

 こちらの続報。

‘Shogun’ Rua talks injury, UFC 198 fight with Corey Anderson: 'Blessing in disguise'(MMAFighting)

 『UFC 198: Werdum vs. Miocic』でコーリー・アンダーソンと対戦するマウリシオ・ショーグンが以下のコメント。ショーグンは『UFC on FOX 19: Nurmagomedov vs. Ferguson』でラシャド・エヴァンスと対戦予定でしたがヒザの負傷により欠場していました。

「2週間前にヒザに異変があった。深刻なものじゃないと思ってたけど翌日酷い痛みで目が覚めたので病院に行った。医師は炎症だと言ったのでしばらく練習できないことから試合は延期した方が良いだろうという結論になった。そしたらUFCは1ヶ月後のクリチバ大会を用意してくれたので、結局かえって良くなったというわけだ。ヒザが良くないから慎重に練習している。そんなに悩まされちゃいないが100%じゃない。徐々にやっていくよ」

「今は家族と共にカリフォルニアに住んでいるので(会場がフロリダからクリチバに)変わったのは多少厄介な部分もあるけど、俺たちは全てをコントロールできるわけじゃない。ケガもそうだ。これも不幸中の幸いだ」

「楽な相手になったか厳しい相手になったかということは考えていない。相手が変わったので作戦を変えなきゃいけない。それについてはマスター(ハファエル・コルデイロ)とすでに話し合った。タフな試合になりそうだが勝つのは俺だ。コーリー・アンダーソンはスタミナもあって戦略家だしリスペクトしている。ラシャドの方が知名度はあるが、コーリーの方がコンスタントに闘ってるから良いリズムを持っている。勝つのは俺だけどね」

「俺はずっと(会場であるアレナ・ダ・バイシャーダがホームにしている)アトレチコ・パラナエンセの応援をしているし、ブラジル最大級のUFC大会に出場できて嬉しい。クリチバは大物MMAファイターを輩出しているし、そこで闘えるのは嬉しい。モチベーションも高いよ」

posted by ジーニアス at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索