2016年03月17日

ネイト・ディアス「みんなが負けたコナー・マクレガーを絶賛しているのはオカシイ」「ローラーやGSPは兄貴に任せる」

我が家のおバカで愛しいアニキ [DVD]
我が家のおバカで愛しいアニキ [DVD]

Nate Diaz feels disrespected in wake of win over Conor McGregor(ESPN)

 『UFC 196: McGregor vs. Diaz』でコナー・マクレガーに2Rリアネイキッドチョークで勝利したネイト・ディアスが以下のコメント

「UFCは俺を今の立場から締め出そうとしてるんじゃないかと思ってる。俺もこんなことを言うつもりじゃなかったが、多くの人が俺に向かって来ているような気がする。どいつもこいつも彼のことを擁護しているし、それはオカシイと思う。それはUFCの人間に限ったことじゃない。みんなだ。『ああ、コナー・マクレガーは素晴らしい。潔く負けを認めた』なんて言ってやがる。これでもし俺が負けてたら『クソッタレ、お前は試合を受けるべきじゃなかったよ』とか言われただろう。俺もキツイことを言うつもりはないが、世間はアイツを擁護する声で溢れている。彼は第1ラウンドは俺が勝っていたなんて言ってるが、試合は5ラウンドあるんだ。1つのラウンドで勝ってたから何だっていうんだ? お前は負けたんだよ」

「俺は良い金を稼いだ。彼らは大袈裟に言ってたと思うし、俺もこれまで全然恩恵を受けてこなかったが、そこは感謝している。俺はそれを要求していたし、長いこと言いくるめられていた。ずっと兵隊扱いだった。俺も金のことを考えてなかったし、それよりも試合でやられないことを考えていた。一旦そのことを考えたら、俺は一杯食わされていたことを思い知ったし、ずっとファイトマネーに注意を払わなかった俺はバカだった。もし21歳の時からビジネスのことを考えていたら今の俺はリッチだっただろうな」

「次はライト級タイトルマッチか何か最大級の試合を考えている。ロビー・ローラー戦やジョルジュ・サンピエール戦は最大級の闘いかもしれないが、同時に兄貴も復帰してくる。それらはニック・ディアスの試合だ。兄貴の立場を乗っ取るつもりはない。どうなるかはいずれ分かるだろう。微妙な判定でもない限りは再戦する気はないし、どっちにしろ俺から言うことはない。俺は他の連中よりも要求は多いぞ。金がモノを言う。俺は最大級の闘いがしたい。誰が相手であろうと、最大級の大会に出て最大級のファイトマネーが欲しいね」

posted by ジーニアス at 02:08| Comment(21) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネイトは嫌いじゃないし、寧ろ今回の試合で自分にとってもとても魅力的な存在になったがこのコメントは同感できないです。結果的にはとても運が良かったというのがホントのところではないかな。相手もマクレガーでなければ大金はなかったと思うし、今の気分を壊すつもりはないが、ビッグファィトに拘るならバカンス?などは止めてUFC200で戦って欲しいね。最初からこうすればリッチなんてのは誰の人生でも言える事だし、ネイトの良さが消える発言だが、兄貴の復帰はとても楽しみになる。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年03月17日 05:58
負けて潔よい選手は他にも大勢いる。露骨な贔屓は見てて気持ちいいものじゃない。
Posted by ミドル at 2016年03月17日 06:29
あの試合はネイトの実力勝ちだよ。マクレガーのパンチはよく当たってたけど効いてはいなかった。遅かれ早かれネイトの拳に捕まっていただろう
Posted by 吉 at 2016年03月17日 07:12
たくさん稼げたんだから、ごちゃごちゃ言わんと、次の展開を盛り上げるような事して欲しいね
Posted by (・ω・) at 2016年03月17日 08:26
ふたつめで恐縮ですが、私からしたらマクレガーを皆が絶賛しているなんてのはナンセンスだと思いますよ。一般のファンや一部の選手からは今までとのギャップでそういう声も上がってはいますが、見識のある者には、表面上は讃えつつあるものの、今までのプロテクトも危うくなってきたとか、実力的にも?がついた、マクレガー次いけるのか?と心配している状態がホントのところではないですか?まぁそれも興味深いですが、希望は又マクレガーワールド全快で戦って欲しいし、自分としても浪花節ではマクレガーは見たくはありませんからね。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年03月17日 08:40
ハングリーでいいですね。
次男坊らしい思考回路(笑)

ただ、これでネイトも金というモチベーションが出来たのでよりマジメなファイターになるでしょう。
兄者の復帰時期的にも・・今、MMA界にはディアス兄弟の風が吹いてますよ、確実に。
Posted by ぽい at 2016年03月17日 08:58
ディアス兄弟の被害妄想の強さは発達障害的なもんなんだろうなぁ。
沢山ファンいるのにね。
Posted by … at 2016年03月17日 09:24
挑戦しつづけるマクレガーは絶賛されるだろうけど、
ネイトの方が絶賛されてると思うけどなあ.....

でも価値をあげた今、
ある程度の要求はしていいのかもしれない
Posted by まさ at 2016年03月17日 09:40
個人的にはマクレガーはカッコよかったと思うけど、ネイトは今までファイトマネーで不遇だったから言いたい事もあるんでしょうね。
しかし本当にいい兄弟、ネイトとニックは違う階級でUFCのベルトを巻いてほしい。
ネイトがニックにローラーやGSPを任せるのなら、ネイトはドス・アンジョスとの試合が組まれてほしい。
次もいいファイトマネーもらって、そしてチャンピオンにもなってほしい。
頑張れネイト!
Posted by 名無し at 2016年03月17日 09:57
いまだにマクレガーがプロテクトされてきたといってる人がいるのか(笑)
メンデス、アルド、怪我で無くなったけどアンジョス、そしてウェルター級でネイトだよ、どこがプロテクトされてるのよ。

あとネイトに関しても稼げたのはあくまでマクレガーの相手でPPVが売れたからですからね。例えばアンジョスvsネイトでどれだけPPVが売れるのかってことで、あんまり自分を高く買いかぶりすぎると、最悪試合枯れってことになりかねないので、PPVが売れればPPVボーナスをはずむけど、ファトマネーはそこそこってぐらいで妥協して試合してほしいです。
Posted by コメコメウォーズ at 2016年03月17日 10:18
最大級のファイトマネーつってもマクレガーと再戦しないかぎりは無理なんちゃうか?
行列にならぶなら何時になることやら…
年中にお互い万全の状態で再戦してほしいけど
Posted by スワロフスキー at 2016年03月17日 10:22
 素晴らしい勝利だったし、今後も頑張って欲しいが、自身を過大評価するのは気をつけないと・・かな?

ニックvsGSP、 ネイトvsベンヘン

コンプリートタイプのチャンピオンファイターと対戦した時、ほとんど見せ場すら作れず手も足も出なかった・・・と記憶しているが、違ったかな??(笑)

でも今回報われててよかったし、RDAをやっつけて欲しいね(笑)
Posted by ufcer at 2016年03月17日 14:34
タップ負けしたのに1R勝ってたってマクレガーの発言は確かにかっこ悪いと思ったな。
Posted by mk at 2016年03月17日 14:39
マクレガーの真価が問われるのは次のフェザー級防衛戦だよ。
アルドとの再戦になるのか、エドガー戦になるのから分からないが、どちらにせよこの一戦でマクレガーの評価が決まる。
どちらでも厳しい闘いになると思うけどね。
Posted by あ at 2016年03月17日 15:22
絶賛までしてる人間は、多くはないような?

まーリスク背負って快進撃続けて、結果、ネイトもUFCとマクレガーに選ばれて一試合3億円稼げたし、知名度も上がったし、良かったんじゃないかな。
Posted by リーバイス at 2016年03月17日 16:03
コメコメウォーズさんが僕の思った事をそのまま言葉にしてくれました。
Posted by 潤一郎 at 2016年03月17日 17:10
プロテクトというかマクレガーへの露骨な優遇措置はあったと思います。
アルド(フェザー級タイトル)戦で王者になってから防衛戦を挟まずにRDA(ライト級タイトル)に挑戦は運営からの優遇システムが働いてないと無理なので。
Posted by jj at 2016年03月17日 17:13
ファイトマネー重視で考えたら、もう一回マクレガーと70kgでリマッチとかすれば儲かるし勝てばうるさい連中を沈黙させられると思うけど。
Posted by 塩レモン at 2016年03月17日 20:13
マクレガーを絶賛してる人ってネイトも絶賛してる気がするけどなぁ
海外のファンはそうでもないのかな
Posted by hagi at 2016年03月17日 21:21
GSPと戦えば凄く稼げそうだけど、兄貴にゆずる感じか。
Posted by DA at 2016年03月17日 22:48
お金や対戦相手はさておき
個人的には兄貴への愛が全てを持っていきましたw
Posted by たかはし at 2016年03月19日 01:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索