2016年03月08日

ネイト・ディアス「コナー・マクレガーが突然テイクダウンを仕掛けてきた時に勝利を確信した」

弾丸タックル(10)(完結)
弾丸タックル(10)(完結)(少年チャンピオン・コミックス)

Nate Diaz on Conor McGregor’s takedown attempt: 'Oh, you're a wrestler now?'(MMAJunkie)

 FOX Sports 1の『UFC 196: McGregor vs. Diaz』ポストファイトショーでネイト・ディアスがコナー・マクレガー戦について以下のコメント

「第1ラウンドの彼は速かったし、言うだけのものを持ってたが、俺は『大丈夫、大丈夫。次のラウンドは俺もそこに行くからな』と思っていた。次のラウンドでは思いのほか速く動けた」

「彼を金網に押し込んだ時に『もうさっきと同じお前じゃねーぞ』と思っていた。ヒザを腹に入れた時に彼は『フー』と言ったのでヨシッ!と思ったね。そしたら彼は突然テイクダウンを仕掛けてきたので『おいおい、今度のお前はレスラーか? 俺は柔術黒帯だぞ。俺の上になろうってのか? これでお終いだ』と思った」

「俺は最悪でも2時間練習する。趣味も多くない。常に練習は欠かさない。パーティーでジャンクフードを食ったりしている時でも、連絡さえあれば次の日からはしっかり準備をするぜ。俺は始めからそんな感じだった。一番ハードな練習をしているヤツらのオフシーズンよりも練習してると思うぜ。俺は一生懸命頑張ってるのにプッシュされなかったので自分で売り込むしかなかった。俺は彼よりベターなのは分かっていた」

「普段はそんなに(左のパンチを)喰らうことはないが俺はスロースターターだし、徐々に良くなることは分かってた」

「彼はグレートジョブをしたよ。俺は良いタイミングで適切な立場にいられるチャンスを得たし、すかさず飛びついた。もし逃したら2度とそんな機会はなかっただろう」

「彼の試合を見ていて思ったのは、彼はプレッシャーを掛け続けるから相手は参ってしまうということだ。そして俺は同じプレッシャーを掛け続けた。俺がプレッシャーを掛け続けると相手はどこかで倒れる」

「UFCファイターたちを山に登らせたらみんなシンドイと思うし、山を駆け上がったら頂上にいるのは多分兄貴だろうな、賭けてもいい」

posted by ジーニアス at 23:40| Comment(40) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これが兄弟愛さ
Posted by ファルカン at 2016年03月08日 23:45
あのテイクダウンは俺も同じこと思った。
あーあ、心が折れた、って。
典型的な弱気のテイクダウンだったね。
マクレガーがあのまま打ち合ってたら、まだチャンスあったのかなあ。

あと、格闘技関係なく最後の一文は史上最高クラスの名文だと思うよ。
深い絆と尊敬と愛情を感じる。
世間から外れて、でも2人で頑張ってきたんだよな。
なんだか凄く感動した。いやマジで。
Posted by macotic at 2016年03月08日 23:51
割と的確に分析しているのが面白いw
Posted by くれいじー at 2016年03月08日 23:56
リアルな独白だ
本当にそう思いながら戦ってたんだろう
これ想像して見直すと面白いかも
Posted by aa at 2016年03月08日 23:58
「山を駆け上がったら頂上にいるのは多分兄貴だろうな、賭けてもいい」
良い兄弟。
二人ともいつかベルトを巻いてほしい。
Posted by 名無し at 2016年03月09日 00:01
いい兄弟だ
Posted by グラフネア at 2016年03月09日 00:05
最後の一文がホントにステキだ
Posted by あちゃも at 2016年03月09日 00:08
山をかけあがらせたらグリーンベレーのティムケネディじゃないかな笑
Posted by 一方通行 at 2016年03月09日 00:13
これにはニック兄貴も見えないところで涙拭いてる可能性有るね(笑)

ディアス兄弟は確かに柔術もガチだからタックルの瞬間にネイトと大体同じことを思った
Posted by はぁ at 2016年03月09日 00:25
確かにマクレガーのタックルの瞬間はこれ自爆だろ、と思った。 でもダメージでどうしようもなかったんだろうな…。
ディアス兄弟の打たれ強さと柔術は恐ろしい!
Posted by MMMA at 2016年03月09日 00:29
ディアス兄弟の兄弟愛すごくいいですねえ
Posted by デンノコ at 2016年03月09日 00:34
テイクダウンは必然的な逃げ道。かなり打たれていたから、テイクダウンで休憩しなければKOされていた。
結果失敗したわけだが、、、

しかし、チャド・メンデス戦では下になった時に起き上がろうとする気配はなかった。
寝技は得意そうじゃない。

不利な状態になった時に、どう対応するのか、
こつこつ食らうと、自分で気づかない間に体が鈍くなっているので、その状況判断も必要だと思う。

ライオンの心をどう今後コントロールするのだろう。
Posted by れいす at 2016年03月09日 00:44
『大丈夫、大丈夫。次のラウンドは俺もそこに行くからな』
すっっごいカッコいいい
Posted by なか at 2016年03月09日 00:55
「UFCファイターたちを山に登らせたらみんなシンドイと思うし、山を駆け上がったら頂上にいるのは多分兄貴だろうな、賭けてもいい」
・・・アツイわ
やっぱりディアス兄弟は良い!
ニックにはウェルター級、ネイトにはライト級を制して欲しい!
Posted by アンチェイン at 2016年03月09日 00:58
さすがネイト‼
マクレガー凄いのはわかるけど「油断しなければマクレガー勝ってた」「もったいない」とか言う人がけっこういるのが腹立ちます‼
マラソン大会でスタートからとばして失速した選手に「あのままのペースでゴールすれば勝ってたね」っていうのに近い。 
ネイトのほうが強くて上手かったから負けただけでしょ
Posted by ななななな at 2016年03月09日 01:12
なななななさん、まさにそうですね。マクレガーは元々スタミナに自信無いみたい。過去の動画見直しても2R中盤辺りからもうかなりキツそう。『何でこいつ倒れないんだ』で心折れちゃった感じ。アルドはローで、エドガーはレスリングで削って、2R持ちこたえたらマクレガーヤバいすね。ただのフェザー級トップコンテンダーになっちゃうかも。スタミナも天性のものがかなり影響するから。
Posted by ま at 2016年03月09日 02:14
効く→テイクダウンが心が折れた って考えならMMAファイターもボクサーも全員心折れてるな 戦術という考えがないんだね

k1ファイターならクリンチないから戦術という概念がないか

とにかくマクレガーはパンチを打ち過ぎです
スペース配分に気を付ければまた違ってました。何度も言ってますが、1Rに普通のファイターならKOされてるカウンターが3ど入ってます
左アッパーのカウンター←返しの右の入っていて効いた素振りを見せた

左ストレートのカウンター←完全にネイトも一瞬ぐらついた

被せの左ストレートのカウンター←スローで見るとネイトも嫌な表情を浮かべている
Posted by あ at 2016年03月09日 03:52
寝技得意じゃないのにテイクダウン狙うのが戦術なの?
Posted by pako1 at 2016年03月09日 05:19
タックルに行ったのは苦し紛れだろ。徐々にピコピコパンチが決まりだしてかなり効いてたからな。
タックルに行かなくてもマクレガーがKOされるのは時間の問題だった
Posted by 太郎 at 2016年03月09日 05:51
あさん、その攻撃を1Rしか続けられない事が問題なんですよ。5Rフルに動けるネイトはヒットアンドアウエーが通用する相手じゃない。どんどんプレッシャー掛けられ体力を奪われかえって酷い事になる。スタミナに不安のあるマクレガーは1Rで仕留めるしか無かった。それが彼の戦術です。そこを耐えきったネイトの勝ち。僕はそう思いますけどね。勿論個人的な見解ですけど。
Posted by ま at 2016年03月09日 06:06
ネイトに練習期間がないと言われてるけど、確かにMMAの練習はしてないけど、トライアスロンの練習はずっとやってた。
ある意味MMAの練習やるよりも、体力的には意味があったと思う。
Posted by リーバイス at 2016年03月09日 09:42
マラソンに例えるのは間違い。
必ず42.195km走らなければゴールできないマラソンに対して、UFCは必ず5Rあるわけではなく、秒殺だってある。
走りに例えれば、100m走でぶっちぎって終わりってこともある。
もちろん爆発力とスタミナどちらも兼ね備えてるのが理想だけど、選手のタイプはどちらかに偏る傾向あるから。
最初の猛攻に耐えて逆転する名勝負を今まで何度も見てきた。だからMMAは面白い。
Posted by 大車輪 at 2016年03月09日 09:47
他人はボロクソに言うけど、兄貴は尊敬してるっていうところが、
結構かっこいい。
Posted by a at 2016年03月09日 11:57
もちろん仕留められなければの話ですよ。
そりゃマラソンとは違いますよ!
駆け引きや戦術面での例えです。
そこを無視する人がけっこういたので
Posted by ななななな at 2016年03月09日 12:28
まるで荒木飛呂彦が書くセリフのようだな。
イカすぜ。
Posted by ・ё )南国【の】 at 2016年03月09日 13:48
実質2階級上で戦った弊害だと思うが
マクレガーの打撃がネイトより軽く見えた

1Rは打撃の多彩さでマクレガーが当てまくったが
しっかり効いてなくて2Rにネイトの反撃でマクレガーが逃げのTDに行って極められたし

筋肉量が多くなれば打撃の衝撃が分散されるから
効果が薄くなる&筋肉を増量すると使いこなすのも難しくなる
Posted by 赤鯖 at 2016年03月09日 14:16
なななななさん、まさん、

確かに戦術面ではその通りですね。
インターバル終わっても口開けて息切れしてたコナーに対してネイトは全く息乱れてなかった時点で勝敗が見えた気がしてました。
それでも2Rも2分あたりまではコナーがいいの当ててたので、そこはスゲーな!とも思いましたが、ネイトが倒れないのとスタミナ切れでパンチ大振りになって身体も流れて、最後は負けるべくして負けましたね。
まあ試合展開、試合後のマイク含め、あの日はネイトが最高でした。
Posted by 大車輪 at 2016年03月09日 15:02
大車輪さん、これはあくまでも個人的な意見ですけど、マクレガーはあまり心臓が強くない気がしますね。こればかりはトレーニングで補えませんから。本人はそれ知ってて、対戦相手煽る事で敢えて打ち合いに誘導し、意図的に短期戦に持ち込んでいたとしたら、何か、涙出て来ますね。一戦一戦、命懸けてるのかも知れません。勝手に妄想してんなや!!と笑われそうですが。ははは…
Posted by ま at 2016年03月09日 15:42
>なななななさん
>マクレガー凄いのはわかるけど「油断しなければマクレガー勝ってた」「もったいない」とか言う人がけっこういるのが腹立ちます‼

WOWOWの高柳さんの問題の贔屓解説に騙された・誘導された人が多いんじゃないかな。
マクレガーに興味無いか冷静に見てれば、ネイトは打撃受けても顔動かしてダメージ逃がす時もわりとあって常に余裕あったし、逆に途中から徐々にネイトの攻めでマクレガーは顔に余裕がなくなっていってネイトのパンチ受けてるのもちゃんと見えたはずなんです。
なのに、高柳さんは、「(2R目も)マクレガーが有利!」「マクレガーの攻撃でネイトはボディ効いてる!(←たった1発だし、実際は血が目に入るのを気にしてただけにも見えなくないのに)」「何も出来てないネイトをフォローしてあげて!」「負けはマクレガーのやらかし!」とほぼ言ってる解説してましたからね。
ネイトが有利になってきたシーンでも「(ネイトとは)こんなに差があるんですね!」と映像で起こってる事と逆の事を言ってた。
こういうのは高阪さんや周りが贔屓や勘違いを指摘するべきなのだけど、高柳アナの我が強すぎて高阪さんまで乗っけられてましたね。
Posted by ac at 2016年03月09日 16:22
wowowの実況解説陣の酷さは100% acさんの言うとおり。
最高の興奮をサイテーの実況で邪魔してくるから本当に不愉快だ。
せめて何の色もない西アナ実況だったらと思う。
高柳アナに乗せられてしまうTKも何言ってんだと腹たったけど、実況のモニターが小さくてコナーの表情までよく見えないのかな?
ま、FightPassでの英語の実況・解説がUFCの世界観と合ってて最高だね。早く今回の一戦を英語実況で見直したい。
Posted by 大車輪 at 2016年03月09日 17:54
ネイトが常に練習は欠かさないで、最悪でも2時間練習するような人なら、
代役に選んだのは適任で正解だったんじゃないか?
10日前オファーで、万全なキャンプなんて不可能だしな
Posted by DA at 2016年03月09日 19:27
俺もあの瞬間に勝利を確信した、ギャンブル的に
Posted by … at 2016年03月09日 20:39
WOWOWの解説に文句いう人が結構いるけど、あれだけマクレガーが一方的に当てててなんて解説すればよかったの?
ディアス応援してた俺もマクレガーこんなにやるのかーって思いながら見てたからなし、特に普通だと思うけどな~。俺はWOWOWなくなるのが残念だ!
Posted by ゲーニッツ at 2016年03月09日 21:00
自分も再放送でもっかい見直しましたが、同じ感想でしたね(笑
実況に引きづられてました。あと出血の見栄えでネイトがえらい劣勢に見えたっていうのもあります。
改めて見直すと、1Rも圧倒したってほどじゃないですね。
確かにマクレガーのカウンターは良い感じで入ってますが、あとの手数の大半はネイトに捌かれて空振ってます。
あれだけ前に出て強振を繰り返せば消耗するのも分かりますし、あくまでマクレガーのラウンドというだけですね。
逆にネイトは全体を通して一定のペースでジャブやワンツー、ボディを決めていて、いつもの自分のリズムを崩さなかった印象です。
Posted by arisawawa at 2016年03月09日 21:01
最後の一文は痺れるわ
Posted by 墓 at 2016年03月09日 23:18
ネイト渋い。普段の言動とのギャップがカッコイイ。
WOWOWの、というか高柳さんの実況は攻めてる方を単純に煽って逆転されると、おーっとっとはいつもですよね。
今回はマクレガーが的確に攻撃を当てていたけど、同時にディアスの攻撃が当たってもおかしくない際どいシーンは結構あった。あのレベルだと見た目ほどレベル差は無いよ。
高柳レベルだと、前回のマクレガーの秒殺もそのまま実力差と捉えていそう。
文句ばかりですみません。盛り上げるのは上手いと思います。
でも、つまらないギャグをシリアスな場面で言うのは、コイツ真剣に観てるのか?と思います。TK注意してよ
Posted by あしゅ at 2016年03月10日 09:38
DAさん
ネイトに限らずシーザーグレイシー勢が日常的に練習しているのは
昔から頻繁に語られていて、ニックが引退後にガキの頃からの毎日の
練習から開放されたと言っていたり、仲の良いクロングレイシーの
言葉にも出てきているので本当だと思われます。
ただ日常的な練習と、追い込みキャンプは全く別物なので
そこで食い違いが生じているのでしょう。
試合前
ダナ→ネイトは(怪我がなく問題なく動けるから)絶好調だ
ネイト→(ちゃんと試合用の体を作って無いので)どうなるか分からない
どちらも正しいのかと。選手として不安なのは当たり前ですしね
Posted by ひろし at 2016年03月10日 12:37
WOWOWの高柳アナとTKについては自分も違和感ありました。
まあ試合に興奮していたので、そこまで気にはしてませんでしたが…
だいぶ前に鶴田VSテリーゴディで似たようなことがあったのを思い出しました。
たしか倉持アナとゴングの竹内さんだったと思うんですが、ずっと鶴田賛辞してたら突然ゴディにフォール負けして本気で驚いて絶叫してたという…
まあそんな試合は誰も覚えてないですかね(笑)
Posted by 気高い孤独 at 2016年03月10日 17:49
セラーニを代役に選んでたら、休ませずに酷使し過ぎな問題が有るし、
ヌルマゴメドフやペティスを代役にしたら、決まってた試合を消滅させないといけなくなるし、
欠場者が出た時点で、ダナも選手もある程度は無理をしないと仕方ないのは確かだね。
Posted by DA at 2016年03月11日 01:29
とにかく欠場する選手はダメ。
Posted by kashi at 2016年03月11日 12:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索