2016年02月28日

中村K太郎「次は必ず勝ちます」



Tom Breese defeats Keita Nakamura(MMA Decisions)

 ジャッジの採点。Howard HughesとAndy Robertsは1,2,3Rともブリーズで30-27。Paul Sutherlandは1,2Rブリーズ、3R中村で29-28でした。

 主要サイトの採点は30-27ブリーズ支持3人、30-28ブリーズ支持2人、29-28ブリーズ支持8人でした。

 数字的には完敗かもしれませんが、内容的には特に押されてもなかったです。

今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート
posted by ジーニアス at 20:34| Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直相手が強かったと思う。
あのに肉体で柔術もうまい。
打撃はあまり見れなかったが良さそう。

K太郎選手は組力が強くテイクダウンは逸品だった。
オモプラッタからバックチョークを窺うシーンは期待させられた。
立っても寝てももう少し打撃が当てられれば結果が変わったかも。

相手はまだ無名かもしれないけどこれから上がってきそう。
Posted by はま at 2016年02月28日 21:02
正直もっと明確な差がでてK太郎がフィニッシュされるんじゃないかと思ってたが、無敗+全試合フィニッシュの相手にあそこまで競った試合ができたのには驚いた。
上ではまさんがコメントしてるように、パウンドや組付きながらの打撃があったらこの試合の結果は絶対に違ってたと思う。
Posted by ジョン at 2016年02月28日 21:23
出来れば次はライト級で見たいけど、減量キツいから無理かな?テイクダウン取る技術は本当一流。後は上取った時に肘上手く使ってダメージ与えられたらなと。次の試合期待してますよ。
Posted by 格闘技ラブ at 2016年02月28日 22:04
打撃にびびってる感はあるが、日本人だから頑張ってほしい!
パウンド技術はないけれど、削ることも学ぶべき。
Posted by れいす at 2016年02月28日 22:25
正直、自分も30-27はないのでは?と思います。
2,3Rはブリーズとしても、1RはどちらがとってもおかしくないRだったと思います。

ブリーズも自分が描いたようには出来ていなかったように感じて、やりづらそうに見えました。

K太郎選手自身も悔しかったと思いますが、倒して2回?マウント取りかけたのに返されてしまったので、あそこでキープ出来ていたら変わっていたかなと思います。

そのちょっとが差なんでしょうけど。
あとは、やっぱり立ち技がもうちょっとやれればと思いました。応援してます!
Posted by フライド at 2016年02月28日 22:26
次はない、明日はないのがUFCの世界観だと思います。そこが魅力というか。そのメンタリティじゃないと生き残れる世界じゃないと思うんです。試合した後に次の事を言ってるようじゃ甘いんだと思います。。。でもいい 試合でした。
Posted by マー at 2016年02月28日 22:55
>マーさん
それはUFCだけじゃなくどの団体でも一緒ではw
それに引きずる選手はむしろダメでしょ。それにUFCだけが全てじゃないから、いずれにしてもどうなろうと次も明日もありますよ。
まあマーさんの言うように明日はないくらいのメンタリティでK太郎は試合したと思います。だからいい試合になったんでしょうね。
K太郎の上手さも見えたし次に期待ですね!
Posted by s at 2016年02月29日 03:47
いい試合でしたよ。敗戦後のコメントも好きです。
Posted by ま at 2016年02月29日 04:29
心配された打撃でもピンチらしい所はなく、体格差有ってもテイクダウンできていたのに、武器の寝技でポイント取られたってのが、今後に期待できるのかできないのか分からない…。
Posted by … at 2016年02月29日 06:01
キングダムエルガイツに帰って来い
Posted by ・ё)南国【の】 at 2016年03月01日 18:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索