2016年02月25日

『UFC Fight Night 84』中村K太郎がトム・ブリーズ戦についてコメント

和術慧舟會的裸絞(わじゅつけいしゅうかいてきはだかじめ) (晋遊舎ムック)
和術慧舟會的裸絞(わじゅつけいしゅうかいてきはだかじめ) (晋遊舎ムック)

Nakamura making most of second UFC chance(UFC.com)

 『UFC Fight Night 84: Silva vs. Bisping』でトム・ブリーズと対戦する中村K太郎が以下のコメント

「僕の主要な目的のひとつは世間に自分の真の実力を証明することで、そのためにも世界最高峰の舞台に戻る必要がありました。それはもちろんUFCのことです」

「2008年の僕は単なるグラップラーだったと思いますが、オールラウンダーとして戻って来ました」

「僕はずっと前向きでした。MMAは常に進化してるのでスキルとテクニックを磨いて前進しないといけないと自分に言い聞かせていました。もっと良いファイターになってUFCに復帰し、最高の結果を出すという目標に集中していました」

「トム・ブリーズの戦績(9勝0敗)や、この大会での扱いを見るとUFCから最も将来が期待されているファイターの一人だと思います。だけど僕がそういうファイターに勝ったら逆に僕が期待されるようになると思うので、将来を占う大事な試合になるでしょう」

「トム・ブリーズは体も大きいし打撃も強力で重いので、彼はそれらのアドバンテージを活かしてプレッシャーを掛けてくるでしょう。しかし大事なのは僕が自分のペースで闘い続けることで、彼のペースにハマらないことです。サイズやパワー以外の部分は僕の方が上だと思っています」

「再びUFCとの契約を勝ち取ったので、僕の目標はひとつひとつステップアップしてランキングを上げていき、最終的にウェルター級チャンピオンになることです」

「ファンは僕がリアネイキッドチョークで連勝することに期待してもいいと思います」

posted by ジーニアス at 12:50| Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さー、盛大に応援しましょう!

TV的な見栄えなど、スキルだけで

見事に吹き飛ばし、ミーハーファンを

あっという間に虜するでしょう!
Posted by 裸締め十段+ at 2016年02月25日 13:33
ん~
目先の金ももちろんいいけど、
先を見たチャレンジ
一度きりの人生を謳歌してるな~
Posted by まさ at 2016年02月25日 13:33
打撃のレベルを上げるか、レスリング力を上げてテイクダウン出来るようになるか、同じ課題がずっと続いてますね。
前回の試合は、会場で見ていて面白かったですが、自分の良い所でばっかり勝負が出来る訳ではないので、その展開に持って行けるように青木みたいに色んな罠を相手にしかけないとです。
Posted by 頑張って下さい at 2016年02月25日 14:17
川尻のようにテイクダウン力があっても、
打撃も出来ないとやはりコンテンダーには通用しないですよね

タトゥーとかじゃなくて、見栄え、アピール力、盛り上げ、スキル、いろいろ大事で、
ミーハーファンもコアファンも大事だと思います
Posted by まさ at 2016年02月25日 20:35
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索