2016年02月19日

ブロック・レスナー「ロンダ・ラウジーは敗北の対処の仕方を学ぶ必要がある」

負けかたの極意
負けかたの極意

ロンダ・ラウジー「ホーリー・ホルムに負けた直後は自殺も考えたけど、彼のためにも生き続けようと思った」(2016年02月17日)

 こちらの続報。

Morning Report: Brock Lesnar urges Ronda Rousey to find a balance between fighting and Hollywood(MMAFighting)

 この件についてブロック・レスナーがESPN『Sports Center』で以下のコメント

「俺は最初からロンダの大ファンだった。俺はあることを学んでいるし、彼女も大昔に学んでおかなきゃいけないことがあった。それは負けることへの対処の仕方だ。それは俺が若くてバッドルーザーだったころにコーチから教わったことだ。挫けてはいけない。人生はとても貴重で短いし、ひとつの試合でキャリアが終わるわけじゃない。挫けずここから立ち上がらなきゃいけないし、彼女はそうするだろう」

「彼女はやりたいことは何でもできる立場だが、多くのことを抱え込み過ぎだと思う。ファイターをやりながら年に10本も映画出演することはできない。彼女は一度立ち止まってロンダ・ラウジーが何をすべきかを知る必要がある」

posted by ジーニアス at 17:16| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも思うけどレスナーの言葉には説得力と深みがある。
Posted by アブト at 2016年02月19日 18:53
頭が良くて、思慮深い人なんだろうね、レスナー
Posted by 谷口 at 2016年02月19日 19:56
レスナーさん是非大晦日は日本へ
Posted by まさ at 2016年02月19日 20:21
様々な事に挑戦して、挫折しながらも結果をだしてきたレスナーだから響く言葉ですね。

格好良いなあ。

Posted by nobody at 2016年02月19日 21:17
レスナー格好いい流石スーパースター
Posted by らはさや at 2016年02月20日 07:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索