2016年02月11日

『TUF 22 Finale』コンスタンティン・エロキンに禁止薬物の陽性反応

UFCがダニー・カスティーリョ、マイク・ピアースら11名のファイターをリリース(2016年01月30日)

 こちらの続報。

Konstantin Erokhin positive for steroids following December's TUF 22 Finale(MMAJunkie)

 12月11日にラスベガスで開催された『TUF 22 Finale』でガブリエル・ゴンザガに判定負けしたコンスタンティン・エロキンが試合後の薬物検査でドロスタノロンの陽性反応が出たことをネバダ州アスレチックコミッションが確認したとのこと。ヒアリングで処分が確定されるまで一時出場停止となります。UFCはすでにエロキンをリリースしています。なお、12月10日から12日にかけて『UFC Fight Night 80: Namajunas vs. VanZant』、『TUF 22 Finale』、『UFC 194: Aldo vs. McGregor』が開催されましたが、3大会で禁止薬物の陽性反応が出たのはエロキンのみだったとのこと。

放送禁止歌 (知恵の森文庫)
放送禁止歌 (知恵の森文庫)
posted by ジーニアス at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索