2016年01月20日

ハファエル・アスンソン「ユライア・フェイバーが次期タイトル挑戦者になっても構わない」

UFCプラスチックチャンピオンベルト

ユライア・フェイバー「ドミニク・クルーズは僕にしか負けていない。決着をつけようじゃないか」(2016年01月20日)

 こちらの続報。

Raphael Assuncao 'fine' with Faber getting first shot at new champ Cruz(MMAJunkie)

 ハファエル・アスンソンがこの件について以下のコメント。アスンソンはバンタム級転向以降7連勝中でT.J.ディラショーにも勝利してますが2014年10月の『UFC Fight Night 54: MacDonald vs. Saffiedine』でブライアン・キャラウェイに判定勝ちして以来試合をしていません。『UFC Fight Night 62』でユライア・フェイバーと対戦予定でしたが対戦予定でしたが足首の負傷が回復せず欠場していました。

「足首が折れて病院に行ったんだが、ドクターから貰ったブーツが合わなくてグラグラしたのが良くなかった。5ヶ月経って全然良くならなかったので結局手術をすることになった。2度ケガしたようなもんだし、それで回復が長引いてしまった」

「今の俺は微妙な立場にいると思う。次はユライアがタイトルに挑戦するかもな。俺はそれでも良いと思う。俺はその前に1試合挟むことになりそうだ。必勝が義務付けられているからリスキーな試合だし、タイトルよりも復帰戦の方に100%集中してるよ」

「タイトル挑戦権を得るために頑張っても他の人に取られるという状況にはもう飽きたし、またユライアが挑戦することになるんじゃないかな。こっちは回復に専念するよ」

posted by ジーニアス at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アスンソンは「持ってない」選手の東横綱。西大関がTJグラント。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2016年01月20日 22:00
足首が折れたって・・・・・
MMAは怪我多いから才能ある選手が長期欠場するのはすごい残念
Posted by する at 2016年01月21日 01:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索