2016年01月20日

『UFC Fight Night 81』の結果を受けて公式サイトがランキングを更新

UFC Fighter Rankings(UFC.com)

 『UFC Fight Night 81: Dillashaw vs. Cruz』の結果を受けてUFC公式サイトがメディア投票ランキングを更新。

 ライト級はエディ・アルバレスが3ランクアップし1位。アルバレスに敗れたアンソニー・ペティスが2ランクダウンし3位に。

 ミドル級はUFC 194の薬物検査の検査結果や処分が確定してないものの2位だったヨエル・ロメロが早々にランキングから外されたことから3位以下が全員1ランクずつアップ。これによりハファエル・ナタウがランク外から15位にランクインしています。

 ライトヘビー級は10位にいたクイントン“ランペイジ”ジャクソンがベラトールとの問題が未だ解決してないせいかランキングから外され、これによりイリル・ラティフィがランク外から15位にランクイン。

 パウンド・フォー・パウンドはドミニク・クルーズがランク外から9位にランクイン。クルーズに敗れたT.J.ディラショーが8ランクもダウンし12位に。クルーズのランクインによりロンダ・ラウジーがランク外に落ちています。

日経キャリアマガジン 資格・スキルランキング2016 (日経ムック)
日経キャリアマガジン 資格・スキルランキング2016 (日経ムック)
posted by ジーニアス at 09:44| Comment(2) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アルバレス最近の試合は塩だけど、UFCで実力を証明してくれて嬉しいよ
タイトルマッチでは以前のアグレッシブなスタイルを見せてくれ
Posted by s at 2016年01月20日 12:36
DREAMスタッフ(RIZINスタッフ?)はやはり凄かった。
UFCでもランキング1位になったジャカレイ、アルバレス。(ヴェナビデスも1・2位)他色々。
Posted by Md at 2016年01月20日 18:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索