2016年01月18日

『UFC Fight Night 81: Dillashaw vs. Cruz』速報


UFC Fight Night Boston Results: ‘Dillashaw vs. Cruz’ Play-by-Play & Updates(Sherdog)

UFC Fight Night 81: Dillashaw vs. Cruz Full Results and Live Fight Analytics(MMAWeekly)

UFC Fight Night 81 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼ライトヘビー級/5分3R
フランシマール・バローゾ vs. エルビス・ムタプシッチ


 1ラウンド。バローゾはスイッチスタイル。バローゾいきなり右フック。ジャブ。左ミドル。左ロー。ムタプシッチ右ミドル。バローゾテイクダウン、クローズドガード。互いに肘打ち。バローゾ鉄槌。バローゾ立つもラウンド終了。

 2ラウンド。バローゾ左ロー。右フック。左ミドル。ムタプシッチ右ロー。バローゾ左フック。右ロー。クリンチ、離れる。バローゾ右フック。ムタプシッチ左ミドル。バローゾジャブ。ムタプシッチ左フック。パンチが交錯。バローゾ右フック。左ロー。左フック。右フック。ムタプシッチ右目の上から出血。バローゾ左ミドル、左ロー。右フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。ムタプシッチ右ミドル。バローゾ右フック。右フック。パンチが交錯。バローゾ左右ロー。クリンチ、離れる。パンチが交錯。ムタプシッチクリンチから膝蹴り。左右フック。左フック。パンチが交錯。バローゾ左ミドル、右フック。ムタプシッチ右ミドルもバローゾキャッチしクリンチ、金網に押し込む。離れる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、30-27)でフランシマール・バローゾ勝利。


▼バンタム級/5分3R
ロブ・フォント vs. ジョーイ・ゴメス


 1ラウンド。フォント右ロー。ゴメス左フック。右フック。ワンツー。フォント前蹴り、右ロー。前蹴り、ワンツー。前蹴り、右ミドル。フォントテイクダウン、ゴメスすぐ立つ、フォントなおも金網に押し込む。肘打ち、離れる。フォント右ハイ、ワンツー。ワンツー。前蹴り。右ミドル、右フックからテイクダウン、ゴメスすぐ立つ、フォントなおも金網に押し込む。ゴメス右フック。離れる。フォントスピニングエルボー。ラウンド終了。

 2ラウンド。フォント右フック。右ミドル。左ミドル連打、前蹴り、右ロー。ソバット。ゴメス左ロー。フォントワンツー。右ミドル。ゴメス左フック。フォントワンツー、ゴメスたまらず下がる、フォントラッシュ! しかしゴメステイクダウン、クローズドガード。フォント脱出、スタンド。フォント連打! 肘打ち! なおもラッシュ! ゴメスダウン! レフェリー止めた!

 2ラウンド4分13秒、ロブ・フォントTKO勝ち。


▼フェザー級/5分3R
チャールズ・ロサ vs. カイル・ボクニアク


 1ラウンド。ボクニアクプレッシャー掛ける。ロササウスポーでサイドキックを繰り返す。左ロー、ソバット。左ミドル。サイドキック。ボクニアク右ロー。ロサ左ミドル。右ハイ。左ミドル。ボクニアク右ロー、右フック。右フック! ロサダウン! ボクニアクパウンド! しかしロサすぐ立つ。ロサタックルもボクニアク交わす。ロサ片足タックルもボクニアク振りほどく。ロサ右ロー、ボクニアク右フック。ラウンド終了。

 2ラウンド。ボクニアク右フック。ロサ前蹴り、左ミドル連打。右ミドル。ボクニアクワンツー。ロサ右ロー、左ハイ。ボクニアク右ストレート。ロサ左ミドル。ワンツー。ソバット。ボクニアク右ロー。ロサワンツー。ロサタックル、離れる。ロサ左フック。ボクニアク右フック。ロサワンツー。パンチが交錯、ボクニアク膝蹴り。右フック。ロサ前蹴り、左フック。ロサテイクダウン、パウンドもボクニアク脱出、スタンド。逆にボクニアクがテイクダウン。ロサ立ち上がりざまにボクニアク右ミドル。ロサワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ロサ右ミドル。ボクニアクワンツー。ロサ連打。ボクニアク連打。ロサワンツー。ボクニアク左フック。ワンツー。ロサ片足タックルも振りほどかれる。ボクニアクワンツー、膝蹴り。ロサワンツー、なおも連打からタックル、金網に押し込む。離れる。ボクニアク右フック。ロサ右フック、膝蹴り。離れる。ロサワンツー。首を抱えてギロチン。膝蹴り、離れる。ボクニアクタックルもがぶられる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、29-28、30-27)でチャールズ・ロサ勝利。


▼ライトヘビー級/5分3R
イリル・ラティフィ vs. ショーン・オコネル


 1ラウンド。オコネルプレッシャー掛ける。ラティフィ右フック一閃! オコネルぐらつきながら下がる! 前のめりにダウン! レフェリー止めた!

 1ラウンド0分30秒、イリル・ラティフィKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
ポール・フェルダー vs. ダロン・クルックシャンク


 1ラウンド。フェルダープレッシャー掛ける。左ハイ。右ロー。クルックシャンク右ロー。フェルダー右ストレート。パンチが交錯。クルックシャンクソバット。左ロー。フェルダー左ロー。クルックシャンクサイドキック。フェルダー左フック。クルックシャンク右ロー。フェルダークリンチ、金網に押し込む。クルックシャンク右フック、入れ替える。クルックシャンク右ハイ、再度金網に押し込む。フェルダーギロチンチョーク! しかしクルックシャンク外してテイクダウン。フェルダーすぐ立ち金網に押し込む。フェルダー右アッパー。クルックシャンクソバット、テイクダウン。クローズドガード。ラウンド終了。

 2ラウンド。クルックシャンク右ロー。フェルダー前蹴り。クルックシャンク右ハイ。フェルダー前蹴り。クルックシャンクソバットからタックル、金網に押し込む。フェルダー入れ替えてテイクダウン、ハーフガード。肘打ち。クルックシャンク立って逆に肘打ち、左ハイ、バックハンドブローからタックル、フェルダーがぶるとそのまま変形三角絞め。しかし入りが浅いか極まらず。外れる。クルックシャンク金網に押し込む。テイクダウン。ラウンド終了。

 3ラウンド。フェルダー右ロー。クルックシャンクサイドキック。フェルダークリンチ、金網に押し込む。膝蹴り。クルックシャンクタックルもフェルダーがぶってバックを取る。テイクダウン、クローズドガード。フェルダー肘打ち。クルックシャンク反転、フェルダーチョーク! クルックシャンクタップ!

 3ラウンド3分56秒、リアネイキッドチョークでポール・フェルダー勝利。


▼フェザー級/5分3R
マキシモ・ブランコ vs. ルーク・サンダース


 1ラウンド。サンダースはサウスポー。ブランコ右ハイ、右ミドル。サンダース左フック。ブランコ左ミドル、右ボディ。サンダースクリンチ、肘打ち、離れる。ブランコ左ロー。サンダース左フック。ブランコ右ロー。パンチが交錯。サンダース左フック。右フック。左ロー。右フック。ブランコ右ロー。左ロー。サンダース膝蹴り。サンダース左フック、ブランコダウンもすぐ立ちテイクダウンから肩固め。サンダース外す、離れてスタンド。ブランコジャブ。サンダース左フック。なおも左フック! アゴにモロに入りブランコダウン! サンダースパウンドからバックを取りチョーク! ブランコタップ!

 1ラウンド3分38秒、リアネイキッドチョークでルーク・サンダース勝利。


▼ライト級/5分3R
クリス・ウェイド vs. メディ・バグダッド


 1ラウンド。ウェイド左ローからクリンチ、テイクダウン、クローズドガード。ウェイドパウンド。肘打ち。バグダッド立ちかけるもウェイドバックを取りパウンド。バックマウントからチョーク! バグダッドタップ!

 1ラウンド4分30秒、リアネイキッドチョークでクリス・ウェイド勝利。


▼ライトヘビー級/5分3R
ティム・ボウシュ vs. エド・ハーマン


 1ラウンド。ハーマン右フック。左フック。ボウシュ右フック。ハーマン右ロー。ボウシュ左右ロー。パンチが交錯。ボウシュ右フック。ハーマン右ロー。ボウシュ右フック。右ロー。左ロー。ワンツー。ジャブ。右フック、左ロー。ハーマン左フック。ボウシュワンツー。ハーマンクリンチから膝蹴り狙うもボウシュワンツー。ハーマン左ロー。ボウシュ左右フック。パンチが交錯。ハーマン膝蹴り。右フック。ボウシュワンツー。ハーマン右フック。ボウシュワンツー。ハーマン左フック、右ロー。クリンチから膝蹴りもボウシュが金網に押し込む。離れる。ラウンド終了。

 2ラウンド。パンチが交錯。ボウシュ左ミドル。ハーマン左フック。右ミドル。左フック。ボウシュ右フック。ハーマン右フック、左フック。ボウシュクリンチ、互いにクリンチアッパー。ハーマン膝蹴り! ボウシュ崩れ落ちるようにダウン! レフェリー止めた!

 2ラウンド1分39秒、エド・ハーマンTKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
パトリック・コーテ vs. ベン・ソーンダース


 1ラウンド。ソーンダースはサウスポー。ソーンダースプレッシャー掛けて前蹴り。コーテ左ロー。左ロー、右ミドル。ソーンダースサイドキック。コーテ左ロー。ソーンダース左ハイ。コーテ左ロー、前蹴り。右ロー。ソーンダースサイドキック、左ミドル。前蹴り。コーテ右ローからクリンチに行くもソーンダースがテイクダウン、クローズドガード。コーテアームバーもソーンダース外す、しかしその隙にコーテスイープ、パウンド連打。ソーンダースバタフライガード。コーテパスしてハーフ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ソーンダース左ミドル、右ミドル。ミドルが交錯。コーテ右ミドル。ソーンダース左フック。左ミドル。コーテ右フックから連打、クリンチからクリンチアッパー連打! ソーンダースダウン! コーテパウンド連打! レフェリー止めた!

 2ラウンド1分14秒、パトリック・コーテTKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
ロス・ピアソン vs. フランシスコ・トリナルド


 1ラウンド。トリナルドはサウスポー。ピアソンプレッシャー掛ける。トリナルド左ロー。ピアソン左ロー。右ハイ。ピアソンプレッシャー掛ける。トリナルドサークリング。左フック。ピアソン右フック。前蹴り。トリナルド左ハイ。ピアソン右ミドル、右フック。右ロー。トリナルドジャブ。膝蹴り。ピアソン右フック。トリナルド膝蹴り。ピアソン右フック。左ハイ。トリナルド左ハイ。左ストレート、左ハイ。クリンチからバックを取りスラム。ラウンド終了。

 2ラウンド。ピアソンジャブ。トリナルド組みに行くもピアソン右フック。トリナルド左ハイ。ピアソン左右ロー。トリナルドクリンチもピアソンテイクダウン、クローズドガード。ピアソンパウンド。トリナルド脱出、スタンド。ピアソンソバット。トリナルドワンツー、膝蹴り。なおも膝蹴りからクリンチ、金網に押し込んでから膝蹴り。なおも押し込んで肘打ち。膝蹴り。肘打ち。離れる。トリナルド左ミドル、ワンツー。左ミドル。左フック。左ミドル。ピアソン右ミドル。パンチが交錯。ピアソン右ミドル。トリナルド左ロー。ピアソンクリンチ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ピアソン右ハイ。トリナルド右フック、ピアソン下がる、トリナルド連打、クリンチ、金網に押し込む。離れる。ピアソン左目の上から出血。トリナルド左ミドル。ワンツー。ピアソン右ミドル。右ミドル。トリナルド左フック。左ハイもピアソンテイクダウン。ピアソン立って猪木アリ状態。トリナルド立つ。ピアソン前蹴り。トリナルド左ロー。左フック。ピアソン右ハイ。右ロー。トリナルド膝蹴り。トリナルドクリンチもピアソンが金網に押し込む。離れる。トリナルド右フック。ピアソン右ハイ。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-27、29-28、30-27)でフランシスコ・トリナルド勝利。


▼ヘビー級/5分3R
トラヴィス・ブラウン vs. マット・ミトリオン


 1ラウンド。ミトリオンはサウスポー。ブラウン前蹴り。ミトリオン左フック。蹴りが交錯。ブラウン右フック。右ミドル。ミトリオン左フック。ブラウン右ミドル、右ロー。ミトリオン左ミドル。ブラウン右ハイ。右ハイ。膝蹴り。ミトリオンワンツー。ブラウン右ミドル。ミトリオン前蹴り。ブラウン右ロー。右フック。ブラウンクリンチに行くも尻もち、すぐ立つ。ブラウン右ミドル。ミトリオン左ストレート。ブラウン右フック、前蹴り。ミトリオン突っ込んだところにブラウンの指が目に入る。ドクターチェック後再開もすぐにラウンド終了。

 2ラウンド。ブラウン右ロー。ミトリオン右ロー。左ロー、左フック。またもミトリオンにアイポークも試合は続行。ミトリオンアピールしてドクターチェック。再開。ブラウン前蹴り。右ミドル。ミトリオン右ストレート。ブラウン右ミドル。ミトリオン突っ込むもブラウン交わしてテイクダウン、サイドを取る。アームロック狙いもミトリオン反転、ブラウンバックを取る、ミトリオン脱出、スタンド。ミトリオン左ミドル。ブラウン膝蹴り。ミトリオン左ストレート。ブラウン膝蹴り、前蹴り。膝蹴り。ラウンド終了。

 3ラウンド。ブラウン右ロー、前蹴り。ミトリオン右ロー。ブラウン右ミドル、前蹴り。ミトリオン左フック。左ストレート。ブラウン右ストレート。前蹴り。ミトリオン右ロー。ブラウン右フック。右フック。ブラウンクリンチからバックを取り豪快なスラムで叩きつける! ブラウンマウントからパウンド連打! 肘打ち! ミトリオン粘るもブラウンなおもパウンド! レフェリー止めた! ミトリオンの右まぶたが大きく腫れ上がりお岩さん状態に。

 3ラウンド4分09秒、トラヴィス・ブラウンTKO勝ち。


▼ライト級/5分3R
アンソニー・ペティス vs. エディ・アルバレス


 1ラウンド。ペティスはサウスポー。アルバレス右ロー。ペティス左フック。アルバレステイクダウン、ペティス金網を背にする。ペティス立つ、アルバレスなおも金網に押し込む。ペティス膝蹴り、脇腹にパンチ。アルバレス再度テイクダウンもペティスすぐ立つ、膝蹴り、離れる。ペティス左ハイ、前蹴り、左ハイ。バックスピンキックもアルバレス交わしてテイクダウン、ペティスすぐ立つ、離れる。ペティス左ミドル。左フック。右フック、左ハイ。アルバレス右フックからクリンチ、離れる。アルバレス右ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。ペティス左ハイ。アルバレス右ミドル。右フック。右フック。タックル、金網に押し込む。離れる。ペティス左ミドル。アルバレス右フック。ペティス左ミドル。右ロー。アルバレス右ロー。ペティス右ロー。アルバレスクリンチ、金網に押し込む。ペティスギロチンもすぐ外れる。離れる。ペティス右フック。右ミドル。アルバレス右ロー。ペティス右フック。アルバレスクリンチ。離れる。アルバレス右フック。ペティス右フック、右ロー。アルバレス右ロー、右フック。ペティス左ミドル。アルバレス右ミドル。アルバレスタックル、金網に押し込む。ラウンド終了。

 3ラウンド。互いに右ロー。アルバレス右ロー。ペティス左ミドル連打。アルバレスタックル、金網に押し込む。離れる。アルバレス右ロー。ワンツー。左フック。ペティス右ロー。アルバレスタックル、金網に押し込んでからテイクダウン。ペティス下からヒールフックもアルバレス外す。ハーフガードから肩固め狙い。外してパウンドに移行。ペティス立つ、アルバレスなおも金網に押し込んで再度テイクダウン、クローズドガード。ペティス立つ、アルバレスなおも金網に押し込む。ペティス脇腹にパンチ。アルバレスまたもテイクダウン、ペティス金網を背にする。ペティス立つ、アルバレスなおも金網に押し込む。離れる。アルバレス左フック。ペティス左ミドル。アルバレス右ミドル。右フック。ペティス左ミドル。アルバレス左フック。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でエディ・アルバレス勝利。


▼UFCバンタム級タイトルマッチ/5分5R
T.J.ディラショー vs. ドミニク・クルーズ


 1ラウンド。ディラショープレッシャー掛ける。右ハイ。右フック。クルーズタックルもディラショー切る、離れる。ディラショー右ミドル。クルーズ右フック。左右フック。ディラショー右ハイ、右フック。クルーズ右フック。ディラショーワンツー。左ハイもクルーズキャッチしバックを取る、ディラショー脱出。クルーズ右フック。ディラショークリンチ、離れる。ディラショーワンツー。左ハイ。右フック。クルーズワンツー。左フック。ディラショー左ハイ。右フック、左ミドル。右ミドル。クルーズワンツー。パンチが交錯。ディラショー左ミドル。右ミドル。右ミドル。クルーズ右フック。左フック。ディラショータックル、金網に押し込む。ラウンド終了。

 2ラウンド。クルーズジャブ、左ミドル。ディラショープレッシャー掛ける。ワンツー。クルーズ右フック。ディラショー右フック。クルーズ右ボディ。ジャブ。ディラショー右ハイもスリップ、すぐ立って左ハイ。左ハイ。クルーズワンツー。ジャブ。ディラショー右ロー。ワンツー、右ロー。クルーズ右フック。右ミドル、ワンツー。ディラショーワンツー、右ハイ。ワンツー。クルーズワンツー。テイクダウンもディラショーすぐ立つ、クルーズ再度テイクダウンからバック取るもディラショーすぐ脱出、スタンド。ディラショー左フック。クルーズ右ロー。ディラショーワンツー。ラウンド終了。

 3ラウンド。ディラショー右ハイ。ワンツー。クルーズ左ハイ、右フック。ディラショーワンツー、左ハイ。ワンツー。右ロー。ワンツー。左ロー。左フック。右ハイ。左フック。クルーズ右フック。ディラショー右フック。右ロー。クルーズワンツー。ディラショージャブ。右ロー連打。右ローもクルーズカウンターのテイクダウン、しかしディラショーすぐ立つ、スタンドに戻る。ディラショー左ミドル。クルーズワンツー。左ミドル、ワンツー。左フック。ディラショージャブ連打。右ハイ。片足タックル、金網に押し込む。離れ際にクルーズ右フック。ラウンド終了。

 4ラウンド。ディラショープレッシャー掛けてジャブ、右ハイ。クルーズジャブ。ディラショー右ロー。クルーズワンツー。ディラショー右フック。蹴りが交錯。ディラショー右ロー。クルーズテイクダウンもディラショーすぐ立つ、スタンド。ディラショー右フック。なおも右フック。パンチが交錯。ディラショー左ハイ。クルーズ足の動きに異変。いつものステップが踏みづらくなっているところにディラショーテイクダウン、クルーズすぐ立つ、ディラショーなおも金網に押し込み膝蹴り連打。右フック、離れる。ディラショー左目から出血。ディラショー左ハイもスリップ、すぐ立つ。ラウンド終了。

 5ラウンド。ディラショー右ハイ。右ロー連打。右ミドル。右フック。左ミドル。右フック。クルーズ左フック。ディラショー右ミドル。なおも右ミドル。クルーズ右フック。バックハンドブロー。右ロー。ディラショー右ロー。右フック。右ロー。クルーズ左フック。ディラショー右ミドル。クルーズ左ハイ、ワンツー。ディラショー右ハイ、ワンツー。クルーズ左右フック。左ハイ。ディラショー右ロー連打。パンチが交錯。クルーズ右フック。タックルはディラショー交わす。ディラショー左フック。激しい打ち合い! 試合終了。

 5ラウンド終了、判定2-1(48-47、46-49、49-46)でドミニク・クルーズ勝利。バンタム級新チャンピオンに。

posted by ジーニアス at 08:00| Comment(47) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マキシ残念。
雪で仕事にならないから、休んでファイトパス観戦。
Posted by jelly at 2016年01月18日 10:53
ミトリオン目やばくねーか・・
Posted by リーバイス at 2016年01月18日 13:09
 ブラウンは勝つには勝ったが、あのアイポークはいただけないな。選手が気をつけるのも勿論だが、そろそろグローブかルールをを変えるべきじゃないか?
Posted by ジョン at 2016年01月18日 13:14
ミトリオン序盤攻勢だったのにアイポークで形成逆転されたようなイメージ。2度目にすぐストップかからなかったのも含めて気の毒です。。引退しちゃうのかな。
Posted by なつ at 2016年01月18日 13:16
アルバレスの執念が呼び込んだ勝利だな。ペティスはスタンドに固執して受けに回ったのがいけなかった。
Posted by ジョン at 2016年01月18日 13:51
アルバレス☓ペティスはまた難しい判定ですねw
正直スタンドでかなり差があったけどアルバレスはやっぱりいい選手だ。
Posted by ssa at 2016年01月18日 13:51
あれでアルバレス勝か・・

まぁ最後のTDかな。

スタンドだと打つ手がない感じだったけど
Posted by リーバイス at 2016年01月18日 13:52
アルバレス、つまんねー勝ち方したな。ペティスは5ラウンド欲しかったな。
Posted by キングスマン at 2016年01月18日 13:54
ペティスは進化が感じられなかった。エディも劣化版RDAみたいで、両者とも今後に期待できるような内容じゃなかったのが残念。
Posted by 大車輪 at 2016年01月18日 13:54
ペティスも悪く無かったが、打ち合いを避けて手堅くTDポイントを稼いだアルバレスの作戦勝ちってとこだな
1Rからあれだけ金網レスリング仕掛けながら最後まで落ちなかったアルバレスのスタミナを称えるべきか
ペティスはレスリングに付き合わされたせいでイマイチ自部のリズムに乗れなかったという印象
判定は妥当だと思うがアルバレスがつまんない選手になったなー
Posted by 乳 at 2016年01月18日 13:55
メインの動きやばすぎるw
Posted by ssa at 2016年01月18日 14:13
このTD重視の判定は頂けないな
Posted by は at 2016年01月18日 14:15
アルバレスやったぜ!(◎_◎

ジョンさん、ブラウンをかばうわけじゃないけど
実際やってる人間から言わせてもらうけど
アイボーグはグローブの問題じゃない
8オンスでもなるし、オープニングフィンガーの4オンスも当然なるし
へたしたら16オンスでも親指が目に入るときは入る
ルールをもっと厳しくするのは賛成
Posted by hsw at 2016年01月18日 14:25
ドミニク足大丈夫かなー。。
Posted by oasis at 2016年01月18日 14:41
クルーズ、足引きずってたけど大丈夫かな。
Posted by フォックス at 2016年01月18日 14:43
ドミニクお見事としか言いようがない!!
Posted by 大車輪 at 2016年01月18日 14:43
UFCはタックルにポイント入りすぎだと思う。メイン、セミと釈然としない
Posted by ボブ at 2016年01月18日 14:45
え~?クルーズかよ!ディラショーだろ!ダメージ奪ったのと手数は断然ディラショーやろ!テイクダウンは取ったけど、それ以外逃げ回っただけやろが!パッキャオとメイウェザーか…
Posted by キングスマン at 2016年01月18日 14:47
クルーズ早すぎw
おめでとうだけど、もう欠場は勘弁してくれよー
Posted by ななな at 2016年01月18日 14:48
ドミニクは天才だな!
ドミニクのディフェンス技術とサークリングに攻めあぐねてディラショーはどう戦うべきか迷ってた
私的には49-46でドミニクの完勝
二度に渡る長いブランクの後にこのポテンシャル
軽量級でドミニクに勝てる奴なんていないんじゃなかろうか
Posted by 乳 at 2016年01月18日 14:54
MMA界のメイウェザーだな。
すごいディフェンス技術だ。
後半はディラショーいけるんじゃないかと思ったが、全体的に捌かれまくってるとか、どうしようもない強さだ。
Posted by あもん at 2016年01月18日 14:56
とりあえずアルバレスがしょっぱかった
Posted by Muse at 2016年01月18日 14:56
歴史上に残る名勝負
クルーズはもう引退しても誰も文句言わないでしょう
Posted by すらる at 2016年01月18日 14:57
またクルーズは長期離脱で復帰の防衛戦はディラショーとの再戦な気が…
Posted by ファレル at 2016年01月18日 14:59
ほんとにパッキャオとメイウェザーの試合見てるみたいだったね。
どうやら脚は怪我してたみたいだけど、万全の状態だったら、相手いないんじゃないか
Posted by Holic at 2016年01月18日 15:00
やっぱクルーズ強いねぇ
でも足が……
Posted by すら at 2016年01月18日 15:14
 クルーズのパンチディフェンスが素晴らしかった。足を殺されるまでは異常なほど完璧に避けていた。
 TJは頭へのパンチとハイだけでなく、もっと早い段階でボディパンチやローやミドルでクルーズを失速させるべきだったかな。実際足が死んだ5ラウンドが一番良いハイが入ったしね。

 
Posted by ジョン at 2016年01月18日 15:17
4R以外は打撃でもクルーズだと思うので、メインの判定は納得。
セミはすっきりしないけど、ペティスの進化してなさにがっかりしたので正直どうでも・・・。
レスリングの練習自体はちゃんとしてるみたいだけど、武器としても使っていかないと同じことの繰り返しだと思う。
Posted by y at 2016年01月18日 15:26
クルーズの物語を映画化してくれ
長かった!
Posted by 早漏んg at 2016年01月18日 15:29
正直採点は付けるのを諦めたくらいハイレベルでユニークな試合でしたが凄かったと感じたのはクルーズ
感覚通りのジャッジが出てくれたのは良かった

試合内容もさておき、膝をやって三年四年離脱した選手がすぐ頂点に返り咲くなんて他のスポーツを含めても稀に見る偉業なのでは
今夜のうちに殿堂入りしても良いくらいですよ
Posted by ふか at 2016年01月18日 15:34
クルーズ勝利は嬉しいが欠場政権だけはやめてくれ!
そしてTJディラショーvsフェイバーの実現が早まったわけだ!
Posted by む at 2016年01月18日 15:47
ちょっと訂正。
2と3がクルーズ、4がディラショー、1はどちらかにつけるならクルーズ、5はディラショーだと思うけどジャッジはクルーズにつけるだろうなってことですw
どちらにしろ二人ともすごかったですし、ディラショー勝利でも文句なかったですけどね。
あと、今更ですがBJJSCOUTっていう人がyoutubeで二人のフットワークなどを動画で解説していてめちゃくちゃ面白いのでお勧めです。
Posted by y at 2016年01月18日 15:49
ドミニク凄いね!
怪我がなければドミニク対フェイバー3か!?

ペティス連敗か。
ライト級はBJ陥落から王者転落すると連敗するジンクスが出来上がってしまっとるな!
Posted by 腹減り at 2016年01月18日 16:00
この結果ならフェイバーはディラショーと仲良しのほうがよかったな…
Posted by S at 2016年01月18日 16:10
クルーズのウィーピング技術は異常
ディラショー思ったより顔腫れてた
1Rと4RがTJで2R、3R、5Rがクルーズかな
にしても強すぎる
足もローキックで痛めたというより前から違和感みたいのはあったって言ってたし…
足の怪我無かったら本当に敵無しだわ
Posted by cmぱんく at 2016年01月18日 16:45
メインセミともにパウンドやサブミッションまでつながらないテイクダウンにポイントが入っているように見えて納得いかない。
アルバレスはつまらなかったけど、ペティスはいまでもグイダに負けるんじゃないだろうか。
しかし、メインはとんでもなかったです。
Posted by アリスT at 2016年01月18日 18:06
クルーズすげー!!ほんとMMA版メイウェザーだ!!
Posted by デイナ ホワイト at 2016年01月18日 18:28
一見するとクルーズが逃げ回ってるように見えるけど、とにかく近づいてくる彼をディラショーが追い払うという構図なんですね。
とにかく手を出さないと捕まるという。異次元すぎますわ…
Posted by doc at 2016年01月18日 18:54
クルーズ天才!
技術もさることながら、あれだけ感覚開いて5ラウンドであの動きが出来るのは凄すぎる。
一番好きな選手。
Posted by 26 at 2016年01月18日 19:04
アルバレス、目に見えて打撃のパワー落ちてたような。
この二人なら面白い試合になると思ったが、UFCの判定やケージのダメなところが出てしまった。
でもペティス勝ってただろ・・・。金網に押し付けて手数もあまり出してないのにポイント与えるのはなあ・・。

メインは1Rから決定打の無いまま僅差の判定になるんだろうなとすぐ思ったが、単純にお互い動きは面白かった。
僅差ではあるけど、再戦してもまた同じような展開になるだろうから時間空けてほしいな。
Posted by Md at 2016年01月18日 19:29
最高
Posted by p at 2016年01月18日 21:55
見終わった!!
メイン凄すぎー!!神の領域だったわ!!TJだからあそこまでやれたって程TJはバネの塊!!だけどドミネイターはバネじゃないのよ、も紙!!紙のようだよ!ヒラヒラ、ヒラヒラ
豹対豹、蝶対蝶だったと思うんだけど、バネのTJが人間の凄い人でした、紙のドミネイターが神のようだった!
と、とにかくもの凄いもの見せてくれたふたりに感謝ー!!。゜(゜´Д`゜)゜。
Posted by コロナキッド at 2016年01月18日 23:32
ものすごくハイレベルな攻防の試合だった、クルーズのディフェンス力は卓越してるし要所要所のテイクダウンも見事だった。ディラショーも凄い手数の多い打撃を打ってたし判定は本当に難しい試合だったなぁ。
Posted by PON at 2016年01月19日 00:38
疑惑の肘につづいて疑惑の指を身につけたブラウンは強いですね
Posted by そうえん at 2016年01月19日 04:03
ブラウンのあれは酷い
入ってくる選手に対してサミング上等で手を突き出すってありなんですかね
一ラウンドそれで殴られまくって頭にくるのはわかるけど
dv疑惑といい黒い話題が多い選手ですね
Posted by なべ at 2016年01月19日 14:07
しかしクルーズはあの動きを5R続けられるってどういうスタミナしてるんだよ
いつかエドガー×クルーズが観たいなあ
以外と今年中に実現したりして
Posted by あめ at 2016年01月19日 21:22
クルーズのウェービングやばすぎて久しぶりにうなったわ
ディラショーも凄かった
ステップワークの重要さがいかに大切かみんなおもいしらされた一戦だな
クルーズおめ☆
Posted by じょーじ at 2016年01月24日 09:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索