2016年01月17日

アンソニー・ペティス「コナー・マクレガーは体格を活かした闘い方をしている」


Anthony Pettis warns Conor McGregor: ‘155 is a totally different world'(MMAFighting)

 『UFC Fight Night 81: Dillashaw vs. Cruz』でエディ・アルバレスと対戦するアンソニー・ペティスがコナー・マクレガーについて以下のコメント

「別に彼がライト級王座に挑戦しても気にしてない。今は彼にやらせときゃいいじゃないか。俺は本当に気にしてない。俺はベルトの有無に関わらず世界のベストファイターであることを証明したい。タイトル挑戦の機会が得られるのなら受けるよ。マクレガーとやれと言われても受ける。145ポンドに転向しろと言われても構わない。世界一に返り咲くことに燃えているからね。UFCもこういうことはいつも起きるわけじゃないと約束している。だから俺はタイトルのことでストレスを感じたり、誰が挑戦するかを気にすることもない。彼らがコナーで稼ぎたいのならタイトルに挑戦させればいいさ。だがコナーに言っとくけどな、155ポンドは全然違う世界だぞ。つまり145ポンドでやってた時のようなわけにはいかないということだ。だからジョゼ・アルドだって155ポンドには来なかった」

「コナーがUFC 194でやった動きは伝統的な格闘技のものだ。これはマジだ。俺もそれをしている。打ち合おうとしてジワジワ前に出るとかえって被弾する。キックボクシングやボクシングになってしまう。MMAの場合は距離、動き、ペースが違うし、多くの連中が慣れていない。コナーの成功の秘訣はそこにある。俺もそれをベースにしている。MMAのファンは目移りが早いし、いつか彼が負けたら関係無かったとか言われそうだが、MMAにおいて動きは重要だ。距離を把握しないといけない。パンチ力を把握しないといけない。強靭で残忍なだけじゃダメだ。力任せの闘いはしたくない。緻密な闘いをしたい」

「誰でもこういう動きができるわけじゃない。だから俺はMMAが好きなんだ。自分の体格に合った闘い方を見つけなきゃいけないし、コナーは74インチのリーチを上手く活かしている。フランク・エドガーはそこまでじゃない。もっとインサイドボクシングとレスリングを活かさなきゃいけない。面白い試合になると思うよ」

posted by ジーニアス at 00:51| Comment(7) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペティスかっけー!
Posted by キングスマン at 2016年01月17日 05:30
さすがペティス。アルバレスに勝ち目はないか?
Posted by サクラソウイチオー at 2016年01月17日 07:27
マクレガーの事、気にしてる場合か?余裕なのか!?長期的に見るとペティスのこういうとこがアマイんだと思うが。ま、そこがまた格好いいんだけどね。
Posted by 嗚呼 at 2016年01月17日 09:56
もしペティスが王者のままだったらマクレガーとのタイトルマッチはアンジョスの倍は盛り上がったんだろうね。勝ち方にもよるが、ペティスが勝てば次はタイトルマッチでよいと思うし、アルバレスが勝てばファーガソンとの決定戦か?ペティスは花があるし、ファーガソンは試合が楽しみ、これからマクレガーとアンジョスの後、どう絡むか非常に楽しみです。
Posted by サクラソウイチオー at 2016年01月17日 10:39
ペティスは試合数さえこなせばスターになれるのにな~

ただ、アルバレスも強いぞ~
Posted by 格闘マニア at 2016年01月17日 10:57
>打ち合おうとしてジワジワ前に出るとかえって被弾する
ケージだと特に顕著なんですよね・・・
なんとかならないのかなぁ
Posted by そうえん at 2016年01月17日 22:51
そうえん
マクレガーは前に出ても被弾しません

リングのがそうなります
リングでMMAは欠陥だらけです
Posted by あ at 2016年01月19日 06:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索