2016年01月16日

UFC 195 ディエゴ・ブランダオンにマリファナ代謝物質の陽性反応



 UFCが『UFC 195: Lawler vs. Condit』でブライアン・オルテガに3R三角絞めで敗れたディエゴ・ブランダオンから試合後の薬物検査でマリファナ代謝物質の陽性反応が出たことをUSADAから通知されたと発表。処分はネバダ州アスレチックコミッションが後日決定します。

そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生
そうだ、葉っぱを売ろう!  過疎の町、どん底からの再生
posted by ジーニアス at 10:19| Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マリファナでつかまんのはかわいそうだよなあ
Posted by ブライダルマジック at 2016年01月16日 11:06
確か死んだ身内(兄貴だった気が)がヤクの売人だったらしいから驚きはしないな。まぁロメロと言い、こういうのは戻ってこなくていいわ。
Posted by 風林火山 at 2016年01月16日 11:14
そもそもなぜ、マリファナが検査対象になっているんだろう。そろそろ対象外にしてもいいのでは。。
Posted by たけし at 2016年01月16日 12:36
ここでロメロを引き合いに出すのはおかしいだろ。ニックなら分かるが。
Posted by 大車輪 at 2016年01月16日 13:36
痛み止めだからダメなんじゃないですかね?
試合時の検査は風邪薬に入ってる痛み止めでも引っかかるので、プライベートでやる分にはいいでしょうけど試合の時はやめないとプロ意識が低いとしか思えないんですが。。
Posted by けす at 2016年01月16日 17:08
マリファナ検査はしなくていいんじゃないですかね。
いわゆるドーピングとは異なる訳だしアメリカならどの州でもドラッグ扱いでもないだろうし…
ただニックにしてもそうだけど、試合においてはマイナスの影響が大きいだろうから試合日1ヶ月前位は使用しないのがいいのかな。
高ぶり過ぎた気持ちをクールダウンさせる効能はあるだろうけど、肉体的な動きは落ちるだろうし、減量しづらくなるし…
Posted by じぇるかふぇ at 2016年01月16日 17:25
マリファナは処分しないでいいんじゃない。
ビールで酔っ払うようなもんらしいし効果は無いよ。
Posted by say at 2016年01月16日 18:01
ああ、言葉足りなかったけどドーピングも取締法違反のマリファナも広い意味の不正行為だから止めてくれって個人的な心情なんで悪しからず。

ここの人達はマリファナ位いいって意見多いね。
一口に大麻と言っても種類や効用、品質は色々あるし、他の犯罪との関連性も多い上、関係ない家族も刑事手続乗せられて可哀想になるから俺は嫌いなんだが…普通はそこまで考えないか(笑)
Posted by 風林火山 at 2016年01月16日 19:06
まぁ日本なら逮捕されて試合なんて当分出来なくなるもんな。
エンセンも逮捕されてたし外国人力士なんて大相撲から追放されてた。
こういうとこは海外の方が緩いよね。
Posted by あ at 2016年01月17日 00:31
マリファナって医療用もあるから何とも言えん
Posted by aa at 2016年01月17日 02:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索