2016年01月09日

12.29-31 RIZIN、アメリカの平均視聴者数は15万6000人

Rizin draws 156,000 viewers for Breakfast with Fedor(MMAFighting)

 Spike TVが東部時間12月31日午前10時~午後12時45分頃まで放送したRIZINの平均視聴者数は15万6000人だったとのこと。アメリカではRIZINではなく『Breakfast with Fedor(ヒョードルと共に朝食を)』というタイトルで放送しましたが、エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. シング・心・ジャディブが放送されたのは正午過ぎだったので実際は“Lunch with Fedor”状態になったとのこと。瞬間最高はそのヒョードル vs. ジャディブが記録した27万1000人だったそうです。

 他に放送されたカードはキング・モーの優勝したヘビー級トーナメント、ギャビ・ガルシア vs. レイディー・タパ、クロン・グレイシー vs. 山本アーセン、ブレナン・ワード vs. 長谷川賢などで曙 vs. ボブ・サップは放送しなかったとのこと。また、ディレイ放送だったのでマニアのファンはRussian TVで生中継を見たそうです。

沈まぬアメリカ 拡散するソフト・パワーとその真価
沈まぬアメリカ 拡散するソフト・パワーとその真価
posted by ジーニアス at 12:44| Comment(7) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Breakfast with Fedorってタイトルどうなんだ?と思ってググってCM観たらちょっと面白かった。
Posted by GDP at 2016年01月09日 17:11
156000人が多いのか少ないのか、全く知識がなくて分からない。それなりに注目されてたということ?
Posted by pride.gold at 2016年01月09日 17:30
毎回日本ではBreakfast with ufcなんだよ
Posted by あ at 2016年01月09日 18:20
15万というと堀口vsジョンソンのUFCタイトルマッチよりも多いのですから、時間帯を考えたら異例なほどの視聴者数です。
Posted by 青椒肉絲 at 2016年01月09日 19:50
>青椒肉絲さん
堀口vsジョンソンがメインイベントだったUFC 186と比較するのはいろいろおかしいです。あれはPPV大会であり契約数は推定12万5000“件”です。“人”ではありません。

今回はSpike TVの無料放送で15万6000“人”です。
Posted by ジーニアス at 2016年01月09日 20:08
ケーブルだと、マイケル・マクドナルドやカイル・ノークらのUFCの前座で100万人超えてましたからね
15万人は、次はもう無いくらいの少なさではあります

有料のPPVなら15万でも、UFCやボクシングやWWEも稼ぎになりますよ
新日本プロレスが一度アメリカでPPVやって、1万5千くらいで大成功と喜んでましたね
RIZINがアメリカでPPVやっても、それくらい売れるかどうかも怪しいです
Posted by DA at 2016年01月09日 21:19
>DAさん
時間帯や認知度などを考えると十分とまでは言いませんがあらゆる不利な条件野中、そこまで悪い数字ではないと思います。
Posted by Md at 2016年01月11日 16:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索