2016年01月06日

UFC 195 ロビー・ローラー vs. カーロス・コンディットを見たファイター・関係者の反応


Twitter reacts to incredible Robbie Lawler vs. Carlos Condit title fight at UFC 195(MMAJunkie)

 『UFC 195: Lawler vs. Condit』ロビー・ローラー vs. カーロス・コンディットを見たファイター・関係者のツイッターでの反応

(試合直後)

ケビン・イオレ
「何て最後だ! ワオ。とてつもない打ち合いだった」

スティーブン・グロッシ
「ホーリーシット!」

エリアス・テオドロウ
「何てこった!」

ベン・フォルクス
「全開のローラーが出た」

ジェイソン・ハイ
「素晴らしい」

カブ・スワンソン
「前評判通りだった!」

スコット・ヨルゲンセン
「ワオ」

デレク・ブランソン
「狂ってる。これまで見た中でも最高の試合だ!」

ベン・ロズウェル
「ワオ、これだからMMAが好きなんだ!」

クリス・ワイドマン
「胸が熱くなったよ!」

アンソニー・ペティス
「スゲー!」

ローレン・マーフィー
「これまで見た中でもベストラウンドだった」

ハファエル・ナタウ
「なんて試合だ」

パトリック・コーテ
「ホーリーシット!」

エリック・コク
「ワオ、MMAで最もエキサイティングしたラウンドのひとつだ。凄いものを見せてくれた」

ジョン・マグワイア
「ワオ、ロビーの凄いラウンドだった。彼の最終ランドはいつも凄いが(勝つには)あれで十分だったのか?」

ジミ・マヌワ
「オーマイガーーーーーー」

マックス・ホロウェイ
「なんて最後だ」

マイケル・ビスピン
「ワオ! ロビー・ローラーとカーロス・コンディットはやってくれたな! 良かったよ。凄い試合だ!」

タイロン・スポーン
「ロビー・ローラーよ、お前は男だ! 真のチャンピオンだよ!」

イアン・マッコール
「ホーリーシット…まだ2日した経ってないのにファイト・オブ・ザ・イヤーだ。ロビー・ローラーとカーロス・コンディットに乾杯だ」

サラ・カウフマン
「最後のベルが鳴って全てを出し尽くした両者がケージを掴んでいる。とてもクールね。第5ラウンドはロビーだけど、48-47で新チャンピオン誕生ね」

コディ・ギブソン
「クレイジーだ! 勝敗に関わらずロビー・ローラーは俺のヒーローだ」

ジョン・ドッドソン
「何て凄いメインイベントだ!」

パトリック・フレイレ
「ワオー、MMAが大好きだ。クレイジーだしたくさんのパンチが飛び交った!」

ジョン・モラガ
「ワオ、何て試合だ」

ライアン・ベイダー
「ワオ、どっちも凄いハートだな。勝敗に関わらずロビー・ローラーへの愛情を失うことはないよ」

ティト・オーティズ
「ロビー・ローラーとカーロス・コンディットは凄い試合をした」

ブランドン・ザッチ
「これまで見た中でもベストラウンドだった! ホーリーシット! やったぜ!」

(判定が発表された後)

カブ・スワンソン
「ありえない。デタラメだ」

マルキ・カワ
「ワオ、これはデタラメだ」

マイケル・ビスピン
「一言…再戦だ! UFCは凄い!」

トッド・マーティン
「ローラーがタフなのは間違いないが、この判定は酷いしバツが悪いね」

デレク・ブランソン
「これまで見た中でもベストファイトだった。コンディットとローラーには脱帽だ」

コディ・ガーブラント
「またやればいい!」

サラ・カウフマン
「えっ!? コンディットが可哀想よ。彼は勝ってた。グレートファイトだったわ」

ジミ・マヌワ
「何だってえええええ?????」

マット・ブラウン
「おめでとうローラー、何て試合だ!」

ユリシーズ・ゴメス
「この試合に敗者はいない。互いにハートを見せたし、それが見られたことは喜びだった」

アンドレ・フィリ
「ノー」

イアン・マッコール
「家の中がギスギスしている…俺や親父の友人たちがどっちが勝ったか論争している(笑)」

ジェイミー・ヴァーナー
「これはないよ!」

ベン・ロズウェル
「チャンピオンを倒すにはフィニッシュしなきゃいけないということか…とは言え凄い試合をした両戦士を祝福するよ」

ロイ・ネルソン
「凄い試合だった。おめでとう。ファンが勝者だ」

ステーブ・カール
「パフォーマンスを基準にするならロビー・ローラーのファイトマネーが一番高くないといけない!」

マイケル・キエサ
「ロビー・ローラーは第5ラウンドの帝王だな。おめでとうチャンピオン」

ティム・ケネディ
「1. ロビー・ローラーの頭が心配だ。2. コンディットが勝っていた。3. このスポーツのジャッジやレフェリーはクソッタレだ」

デレク・ブランソン
「俺の判定は1,3,4コンディットで2,5はローラーだった。第5ラウンドのローラーは凄かった。即再戦して欲しいな!」

ブランドン・ギブソン
「兄弟分のカーロス・コンディットのことをこれまで以上に誇りに思うし、彼は全てを出し尽くした。俺の中ではチャンピオンだ」

マット・ブラウン
「ウェルター級が最高の戦士が揃っている最高の階級じゃないか?」

ジョニー・ヘンドリックス
「おめでとうロビー・ローラー。だがまだ俺がいるぞ!」

デイナ・ホワイト
「史上最高の第5ラウンドだった!」

posted by ジーニアス at 15:48| Comment(17) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウッドリーには悪いが再戦してほしい。
でもローラーの頭が心配だから少し休暇を与えてほしい。
Posted by ssa at 2016年01月06日 15:57
これだけファンやファイターからコンセンサスがあるんだから、デイナよ、ジャッジをどうにかしよーぜ。
Posted by ててて at 2016年01月06日 16:52
二人してケージにもたれかかっているのを含めて、まさに史上最高のファイナルラウンドだった。
Posted by y at 2016年01月06日 17:16
試合全体だったらローラーロリマクのが好きだな。
ただ5Rは凄かった。
で、やっぱコンディットの勝ちだったと思う。

コンディットはジョニヘンにも勝ってたと思うんだよなあ。
Posted by macotic at 2016年01月06日 18:15
しかしコンディットがアウベスに勝っただけなのにウッドリーより先に挑戦権を得たのは不当だと思うので、即再戦は良くないと思う。
Posted by uji at 2016年01月06日 18:35
ウッドリーもジョニヘンもタイトル挑戦したいなら二人で試合してレスラー最強決めなきゃ

試合が流れて本当に残念だった
Posted by 近所のTK at 2016年01月06日 18:43
問題の3R

手数はコンディットだけどケージサイドで見ているジャッジから見ればローラーの強打が印象に残るのかな?

タイトルマッチはせめてジャッジが5人は必要だな
Posted by オーバ・カー at 2016年01月06日 18:56
ジョニヘンはまず減量しろ
普段から98kgって何だそれ。
改善しても95kgって・・
Posted by リーバイス at 2016年01月06日 19:23
てててさん
ジャッジ、レフェリー共にコミッションから派遣されて来るのでデイナにどうにか出来る問題じゃないかもしれません。MMA専門のジャッジも現状はほぼいないんじゃないでしょうか。
結果はともかく年明けから最高の試合でしたね!
Posted by っな! at 2016年01月06日 20:08
皆興奮の嵐だな。
自分もその一人。
長く格闘技観てきたけど、間違いなく史上最高の試合だった。
Posted by mr_st at 2016年01月06日 20:25
ローラーもコンディットも大好き!
試合はコンディットの勝ちかな~

でもどっちが痛めつけたか、ダメージを与えたかと言えばローラーかな。
Posted by ダック at 2016年01月06日 21:43
この第5ラウンドを一番見習ってほしいのはジョニヘン。
いつの間にかローラーにだいぶ差をつけられましたね…
Posted by 気高い孤独 at 2016年01月06日 23:43
エドガーとローラーの代表的な試合いくつか見たらUFCのファンにならない男なんて少ないと思うんだが…。基本、宣伝が下手だと思うよUFC。特に日本では。僕の周りじゃ誰も見てない(泣)。もっとメジャーになれば実入りも増えるだろう。

勿体ないよ。ローラーなんか最低でも年10億くらいは稼いで欲しい。
Posted by 嗚呼 at 2016年01月07日 02:30
誰かが言ってんだけと、試合そのものは前回のマクドナルド戦がの方が緊張感も含め良かったと思う。ただ5Rに限ると史上最高か!
Posted by サクラソウイチオー at 2016年01月07日 05:50
せっかくの偉大な試合がジャッジによってミソをつけられましたね。
5R取ってたからローラーの勝ちにするなんてスポーツの試合でしてはいけない。
明確で厳格なジャッジをすべき。
コーミエvsグスタフソンでグスタフソンを支持した人は精神科に通った方がいい。

コメントの方はちゃっかりブラウンが自分も最高の戦士だと言っててクスリときました。
ジョニヘンはなぜこんなに小物キャラが定着してしまったのでしょうか。
もはや空気に近い存在感。
Posted by 豆男 at 2016年01月07日 15:43
そこまでおかしな判定でもないような…
Posted by a at 2016年01月07日 18:06
ジャッジのスコアを見ると5Rを取ったから勝ちになったのではなく、やはり3Rでスコアが割れたようです。
今はだいぶ改善されましたが、アメリカのジャッジはパンチとトップキープを重視、キックとボトムからの攻撃は過小評価される傾向があるので3Rはローラーのパンチに評価が集まったんだと思います。
やはりMMAに理解が深い選手やファンと元々他の畑出身のジャッジとではどうしても見る部分が現在はまだ違っているんでしょう。
ですが今回はボクシング畑のトニーウィークスが唯一3Rコンディットにつけていたので、今後は徐々にファンや選手とジャッジの見解というのも近づいてくるんじゃないでしょうか。
私は134を取ってコンディットかなとは思いましたけど、ローラー勝利でもそこまで違和感はありませんでした。
Posted by っな! at 2016年01月07日 21:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索