2016年01月03日

『UFC 195: Lawler vs. Condit』速報

Carlos Condit (Championship Edition w/belt) Round 5 UFC Ultimate Collector Series 11 by UFC 11 Condit
Carlos Condit (Championship Edition w/belt) Round 5 UFC Ultimate Collector Series 11 by UFC 11 Condit [並行輸入品]

UFC 195 Results: ‘Lawler vs. Condit’ Play-by-Play & Updates(Sherdog)

UFC 195 play-by-play and live results(MMAJunkie)

 上記を参照。以下、速報です

▼ウェルター級/5分3R
シェルドン・ウェストコット vs. エドガー・ガルシア


 1ラウンド。ウェストコットはサウスポー。ガルシア右フック。右フック。ウェストコットクリンチからテイクダウン、パスしてマウント、パウンド連打。ガルシアたまらず反転、バックマウントからパウンド連打! レフェリー止めた!

 1ラウンド3分12秒、シェルドン・ウェストコットTKO勝ち。


▼バンタム級/5分3R
ジョー・ソト vs. 田中路教


 1ラウンド。ソト左ロー。右ロー。田中右フック。ソト左ロー。田中ワンツー。右フック。ソト片足タックルも田中切って右フック。ソト左フック、右ロー。田中右フック。右ロー。ソトジャブ。田中右ローからテイクダウン、クローズドガード。ソトフットチョークも田中外す、離れてスタンド。ラウンド終了。

 2ラウンド。田中右フック、右ミドル、右ロー。右ロー、ワンツー。右ミドル、ワンツー。ソト右ロー。左ミドル。田中右フック。膝蹴り。ソトタックルも田中テイクダウンからパウンド。ソトギロチンチョーク。しかし入りは浅い。田中脇腹にパウンド、ギロチン外す。肘打ち。パウンド。ソト足を取ろうとするも田中トップをキープ。ラウンド終了。

 3ラウンド。田中ワンツー、なおも連打、膝蹴り。ソト右ロー。ジャブ。田中ワンツー。パンチが交錯。田中ワンツー。ソト左フック。引き込み狙うも田中付き合わず。ソトジャブ。カモンと挑発してきたところに田中ジャブ。激しい打ち合い。ソト左フック。田中テイクダウンもソトギロチン。しかし入りは浅い。田中外してパウンド。ソト脱出、左フック。ジャブ。なおもジャブ。激しい打ち合い。ソトテイクダウンからマウント、田中反転、ソトチョーク狙ったところで試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)で田中路教勝利。

 田中涙。「どっちに付くか全然分かんなくて、最後スタミナ切れちゃってヤバイかなって思ったんですけど」「テイクダウンして結構あっちの技もらっちゃったんでそれがスタミナに影響したと思います」。


▼ライト級/5分3R
ダスティン・ポイエー vs. ジョセフ・ダフィー


 1ラウンド。ポイエーはサウスポー。左ロー。ジャブが交錯。ポイエー連打。ダフィークリンチ、離れる。ダフィー左ロー。ポイエー左ロー。ジャブ、右フック。ダフィー連打。激しい打ち合い。ダフィー右アッパー。ワンツー。右フック。ポイエークリンチアッパー、ワンツーからテイクダウン、ダフィー金網を背にする。ポイエー肘打ち。ダフィー立つ、ポイエーなおも金網に押し込む。離れ際にポイエー右フック。前蹴り。右フック、左ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。ポイエー左ロー。ダフィー右ストレート。右ハイ。ポイエー左ローからタックル、金網に押し込む。テイクダウン、ダフィー金網を背にする。ポイエーおびただしい鼻血もパスしてハーフ。ダフィークローズドに戻す。ポイエー肘打ち、パウンド。肘打ち連打。ダフィー左目がかなり腫れている。ポイエー肘打ち連打。パウンド。ラウンド終了。

 3ラウンド。ダフィー左ミドル。ポイエー左ロー。ダフィー右フック。右ボディ。ポイエー左フックからテイクダウン、ダフィー金網を背にする。ダフィー潜り込んで足首を取る、ヒールフックもポイエー外して再度トップを取る。ダフィークローズドガード。ブレイク。ジャブの応酬。ダフィー左ボディ、右アッパー。ポイエーテイクダウン、クローズドガード。ダフィー三角絞め! しかしここで試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(30-26、30-27、30-27)でダスティン・ポイエー勝利。


▼ライト級/5分3R
スコット・ホルツマン vs. ドリュー・ドバー


 1ラウンド。ドバーはサウスポー。左ストレート。ホルツマン右フック。右ミドル。パンチが交錯、ホルツマンクリンチ、金網に押し込む。肘打ち。ドバー入れ替える。ホルツマンさらに入れ替えて肘打ち。しかしドバーテイクダウン、ハーフガード。ドバー脱出、スタンド。ドバー左ミドル、ホルツマンクリンチもドバーテイクダウン、クローズドガード。ホルツマン立つ、ドバーなおも金網に押し込む。膝蹴り。離れる。パンチが交錯。ホルツマン前蹴り。ドバー右フック、前蹴り。ホルツマン右ミドル。ドバー左ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。ドバータックルもホルツマンが金網に押し込む。ドバー入れ替える。離れる。ドバー右フック。タックル、金網に押し込む。離れ際に肘打ち。ホルツマン右ストレート。右ミドル。ドバーワンツー。ホルツマンクリンチからテイクダウン、クローズドガード。ドバー脱出図るもホルツマントップをキープ、パスしてハーフ。ホルツマンパウンド。ドバー金網際に移動し立つ、ホルツマンなおも金網に押し込む。ホルツマン離れ際に肘打ち。クリンチからホルツマン再度テイクダウン、パウンド、肘打ち、鉄槌。ラウンド終了。

 3ラウンド。ホルツマンワンツー。なおもワンツー。ドバー左フック。クリンチからドバーテイクダウン、ハーフガード。ホルツマン金網際に移動し立つ。逆に金網に押し込みスピニングエルボーもドバーテイクダウン、ハーフガード。ドバー肘打ち。ホルツマン立つ、離れる。ホルツマン額の出血が激しくドクターチェック。再開。ホルツマン右ハイ。ドバー左フック。ホルツマン右ハイ。右フック。ドバー左フックから片足タックル、金網に押し込む。テイクダウン。ホルツマンすぐ立つ、離れる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28×3)でドリュー・ドバー勝利。


▼女子ストロー級/5分3R
ジャスティン・キッシュ vs. ニーナ・アンサロフ


 1ラウンド。キッシュいきなり前に出て右ロー、ワンツー、右ロー。前蹴り。右ロー。しかし手を伸ばしたところでアイポーク。ドクターチェック後再開。アンサロフ前蹴り。なおも前蹴り、キッシュキャッチするもアンサロフ振りほどき片足タックル、金網に押し込む。離れ際に右フック。パンチが交錯。アンサロフ右ミドル。クリンチ、離れる。キッシュワンツー、膝蹴り。前蹴り。左フック。左ミドル。右ロー。アンサロフ右フック、左ミドル。ワンツー、右ロー。ジャブ。キッシュワンツー。クリンチ、キッシュ膝蹴り、離れる。パンチが交錯。キッシュ蹴り足キャッチしテイクダウンも深追いせず立たせる。キャッチし左ミドル。アンサロフ前蹴り。右ミドル。パンチが交錯。アンサロフ右フック、前蹴り。右ミドル。蹴りが交錯。キャッチしジャブ。アンサロフワンツー。右フック。右ロー。ラウンド終了。

 2ラウンド。アンサロフ左ロー。キッシュ右ミドル。片足タックルもアンサロフ振りほどく。キッシュサイドキック。右ボディ。ジャブ。アンサロフ右ロー。ワンツー。キッシュ右ロー連打。アンサロフ右ロー。左フック。右ハイ。右ミドル。キッシュクリンチ、離れる。アンサロフジャブ。右ロー。パンチが交錯。アンサロフ、前蹴り。キッシュワンツー、右ロー。アンサロフ左フック。キッシュクリンチから首投げ、袈裟固め。アンサロフ脱出図るもキッシュトップをキープ。ハーフガード。キッシュパウンド。アンサロフ脱出図る、キッシュ首を抱える。ラウンド終了。

 3ラウンド。アンサロフ左ロー。キッシュタックルも切られる。アンサロフテイクダウンもキッシュギロチン、アンサロフ外す、クローズドガード。キッシュ下から肘打ち。アンサロフパウンド。パスしてハーフ。さらにサイドを狙ったところでキッシュ脱出、スタンド。キッシュタックル、金網に押し込む。キッシュ右フック、再度金網に押し込む。アンサロフ膝蹴り、離れる。キッシュワンツーからテイクダウン、ハーフガード。パスしてマウント、アンサロフ反転、キッシュバックを取りパウンドからチョーク狙いもアンサロフスイープ、ハーフガード。試合終了。

 3ラウンド終了、判定3-0(29-28、30-27、30-27)でジャスティン・キッシュ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
カイル・ノーク vs. アレックス・モロノ


 1ラウンド。ノーク左ロー。右ロー。モロノ右フック。ソバット、バックハンドブローは空を切る。ノーク前蹴り。右フック、前蹴り。モロノバックスピンキック。右フック。ノーク前蹴り、左フック。モロノクリンチ、金網に押し込む。離れる。ノーク左ミドル、ジャブ。モロノ右ロー。ノーク右フック。左ロー。モロノ前蹴り。ノークサイドキック。モロノ右フック。ノーク前蹴り。ジャブ。ソバット。前蹴り、ジャブ。前蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。ノーク左ロー。モロノ左ミドル。ノーク左ミドル。モロノソバット。スーパーマンパンチ。左ミドル。ノーク前蹴り。モロノワンツーも交わされる、ノーク左ハイもスリップ、モロノ立ち上がりざまを狙うもノーク交わす、バックを取りチョークに行くもモロノおんぶから前に落とす、しかしノークなおも組み付きパスしてマウント。モロノ下から足首を取る。ノーク鉄槌から外す、モロノクローズドガード。ノークパスしてハーフから肘打ち。ラウンド終了。

 3ラウンド。ノーク左ミドル、左ロー、前蹴り、左ロー連打。モロノジャブ。ノーク左ロー。左フック。右ロー。モロノ右フック。ノーク前蹴り。モロノジャブ。左フック。ワンツー。ジャブ。右フック。ノークジャブ。モロノバックハンドブロー。ノークタックルも切られる。しかしスピニングエルボー。モロノ右フック。ノーク前蹴り。左ミドル。ノークテイクダウン、クローズドガード。ノークパウンド。モロノ下からアームバー! ノーク必死にロックし外す。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、27-30、29-28)でアレックス・モロノ勝利。


▼バンタム級/5分3R
マイケル・マクドナルド vs. 金原正徳


 1ラウンド。金原はサウスポー。左ローにマクドナルド右フックを合わせる。金原タックル、金網に押し込むもマクドナルド引き込んでギロチンチョーク。しかし入りは浅い。金原外す。脇腹にパウンド。パスしてハーフ、さらにマウント。マクドナルド再度ギロチンに行くも金原外す。パウンド。マクドナルドハーフに戻す。さらにクローズド。金原鉄槌、パウンド。マクドナルドまたもギロチン狙いもラウンド終了。

 2ラウンド。パンチが交錯。マクドナルド右フック。前蹴り。パンチが交錯。マクドナルド右ローも金原カウンターのテイクダウン、マクドナルドギロチンに行くも金原パスしてサイドから膝蹴り。さらにマウントから肩固め! しかしマクドナルド外してバックを取るとチョーク! 金原タップ!

 2ラウンド2分09秒、リアネイキッドチョークでマイケル・マクドナルド勝利。


▼ライト級/5分3R
エイブル・トゥルジーロ vs. トニー・シムズ


 1ラウンド。シムズはスイッチスタイル。ジャブの応酬。トゥルジーロ右フック。パンチが交錯。シムズ右フック。パンチが交錯。トゥルジーロタックル、金網に押し込む。離れ際に右フック。シムズワンツー。シムズタックル、金網に押し込むもトゥルジーロギロチンチョーク! シムズタップ!

 1ラウンド3分18秒、ギロチンチョークでエイブル・トゥルジーロ勝利。


▼フェザー級/5分3R
ディエゴ・ブランダオン vs. ブライアン・オルテガ


 1ラウンド。ローが交錯。ブランダオン右フック。右ローからタックル、金網に押し込んでからテイクダウン、パウンドも深追いせず立たせる。オルテガ膝蹴り。ブランダオンワンツー、右フック。オルテガクリンチ、金網に押し込んでからテイクダウン、クローズドガード。ブランダオン深追いせず立たせる。ブランダオン右フック。オルテガ左フック。右ミドルもブランダオンブロックしワンツー。なおもワンツー。右フック。ワンツー、右ロー。オルテガジャブ、右ミドル。ラウンド終了。

 2ラウンド。ブランダオンプレッシャー掛ける、オルテガ下がるとブランダオン挑発。オルテガジャブ。ブランダオンワンツー。オルテガ左フック。ブランダオンタックルも切られる。オルテガ左ハイ。ブランダオン右ハイ。オルテガワンツー。ブランダオンワンツー。オルテガ右フック。ジャブ。ワンツー。ブランダオン右フック。右フック。オルテガ左フック。ブランダオンワンツー。右ロー。右ストレート。ワンツー。オルテガ右ハイ。ラウンド終了。

 3ラウンド。ブランダオン左右フック連打。オルテガタックルもブランダオン押し潰して上になる。クローズドガード。しかし深追いせず立たせる。オルテガ今度は引き込みに行くもブランダオン付き合わず立つ。オルテガ左フック。オルテガクリンチから首を抱えてギロチンチョークもブランダオン外す、しかし今度は三角絞め! ブランダオンタップ!

 3ラウンド1分37秒、三角絞めでブライアン・オルテガ勝利。


▼ウェルター級/5分3R
ロレンツ・ラーキン vs. アルベルト・トメノフ


 1ラウンド。ラーキン右ロー。左ロー。ジャブ。トメノフプレッシャー掛ける。ラーキン右ロー。トメノフ右フック。ラーキン左ロー。トメノフ左フック、右ハイもラーキンキャッチし離す。ラーキン右ロー。左ロー。トメノフワンツー、右ハイ。左アッパー。右フック。ラーキン右ロー。トメノフ左ハイ。ラーキン右ロー。前蹴り。トメノフ左フック。ワンツー。右ロー。ラーキン右ロー。右ロー。前蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。ラーキン左ハイ。ワンツー。トメノフ左フック。ジャブ、右フック。ラーキン左右ロー。右ロー。トメノフワンツー、左アッパー。ラーキン右ロー。トメノフ左フック、左ボディ。ラーキン右ロー。トメノフ左ミドル、左ボディ連打。ラーキン右ロー。トメノフ左フック。左ボディ、左アッパー。パンチが交錯。ラーキン右ロー。トメノフ左ハイ。クリンチ、離れる。互いに右ロー。トメノフ右フック。左フック、ラーキンのけ反る。トメノフ左フック、ワンツー。左ハイ。ラウンド終了。

 3ラウンド。トメノフ右ロー。ラーキン前蹴り、左ロー。トメノフ左ハイ。ジャブ。ラーキン右フック。トメノフ右ロー。右フック。ラーキンワンツー。ソバット連打。左フック。トメノフ右ミドル、左フック。ラーキンソバット。トメノフ右フック。ラーキン左右ロー。トメノフ左ボディ。ラーキン左アッパー。トメノフワンツー、左アッパー。トメノフ左ボディ。ワンツー。ラーキンソバット。トメノフワンツー。なおもワンツー。ラーキン肘打ち。トメノフワンツー。ラーキンタックル、金網に押し込む。トメノフ入れ替える。離れる。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でアルベルト・トメノフ勝利。


▼ヘビー級/5分3R
スティペ・ミオシッチ vs. アンドレイ・アルロフスキー


 1ラウンド。アルロフスキー関節蹴り。右フック。ミオシッチ左アッパー。パンチが交錯。ミオシッチ右フック! アルロフスキーぐらつく! ミオシッチラッシュ! 再度右フックでアルロフスキー前のめりにダウン! ミオシッチパウンド! レフェリー止めた!

 1ラウンド0分54秒、スティペ・ミオシッチTKO勝ち。タイトル挑戦をアピール。


▼UFCウェルター級タイトルマッチ/5分5R
ロビー・ローラー vs. カーロス・コンディット


 1ラウンド。ローラーはサウスポー。プレッシャー掛ける。ジャブ。コンディット右ハイ。ローラーワンツー。コンディット右ロー。右ロー。ローラーワンツー、右フック。コンディット右フック、ローラーダウン! すぐ立つ、クリンチ、コンディット肘打ち。コンディットワンツー、膝蹴り。左右ハイ。右ミドル。蹴りが交錯。パンチが交錯。コンディットクリンチ、離れる。前蹴り、ワンツー。前蹴り。ローラー右フック。コンディット右ハイ。パンチが交錯。コンディット左ハイ。右ロー。右ロー。左ミドル。ローラー右フック。コンディット前蹴り。右ハイ。ラウンド終了。

 2ラウンド。ローラー前に出る左ミドル。コンディット右ハイ。ワンツー、左ミドル、前蹴り。前蹴り。右ロー。右ロー。右ミドル。ローラー前蹴り。コンディット左ロー。右ロー。ワンツー、膝蹴り。ローラー右フック。コンディットワンツー、肘打ち。右ミドル、ワンツー。ローラー右フック! コンディットダウン! コンディット上になる、クローズドガード。ローラー深追いせず立たせる。コンディット左右ミドル。右ハイ。ワンツー、右ハイ。左ロー。ローラー左フック、ワンツー。コンディット左右ミドル。右ボディ。ローラー右フック。左フック。ラウンド終了。

 3ラウンド。コンディット右ロー。左ロー連打。左ハイ。右ロー。前蹴り。左右ミドル。ローラーワンツー。右フック。左ハイ、左右フック。コンディット前蹴り。肘打ちが交錯。コンディット右ハイ。ローラー左フック。コンディット前蹴り。前蹴り。右ミドル、前蹴り。右ハイ。左ロー。左ミドル、ローラーキャッチも足払いできず。パンチが交錯。コンディット膝蹴り、離れる。コンディット左ミドル。前蹴り。左ミドル。ローラー左ロー。前蹴り。ラウンド終了。

 4ラウンド。コンディット前蹴り。前蹴り。ローラー右フック。コンディット前蹴り。ローラー左フック。コンディット前蹴り。左ロー。右ミドル。右ミドル。前蹴り。ローラー左フック狙うも足払いされる。ローラーワンツー、左フック。左ハイは足払いされる。コンディットサイドキック。左ハイ。ローラー右ストレート。コンディット跳び膝も交わされる。コンディット右ミドル。右ロー。ワンツー、右ミドル。右ミドル、ワンツー、膝蹴り。左右連打! ローラー雄叫び! ワンツー。ラウンド終了。

 5ラウンド。コンディット左ロー。前蹴り。ローラーワンツー。コンディットワンツー。ローラー左ロー、ワンツー。コンディットワンツー。前蹴り。ローラージャブ、右フック。コンディット左右エルボー、右ミドル。スーパーマンパンチ。ワンツー。ローラー右フック。コンディットワンツー、なおも連打。ローラー左フック。ワンツー。左フック、左ミドル。コンディットワンツー、右ミドル。さらに連打。ローラー左フック。コンディットワンツー。ローラー左フック! なおも左フック! コンディットのけ反るも打ち返す! 至近距離で激しい打ち合い! コンディットクリンチから肘打ち。両者フラフラ。コンディット右フック。ローラー右フック。激しい打ち合い! ローラー左ハイ! なおも打ち合う! 試合終了。

 5ラウンド終了、判定2-1(47-48、48-47、48-47)でロビー・ローラー勝利。ウェルター級王座を防衛。

posted by ジーニアス at 08:30| Comment(85) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんで田中が勝ちなんだよ。しょーもな。
Posted by フォックス at 2016年01月03日 09:28
ミッチーやった!
Posted by カルバン at 2016年01月03日 09:28
田中やったぜ!なんだけどもっとしっかり勝てたと思うんだよなぁ

インパクトは残せなかったか



Posted by ふか at 2016年01月03日 09:30
田中選手、危なかったですが勝ててよかったです。
1Rの途中から右をあまり出さなくなりましたが、もしかして痛めたんですかね。
Posted by うどんスキー at 2016年01月03日 09:38
1Rがどうなるかと思ったけど、ミッチー勝ってよかった。結果論だけど、打撃だけのほうがよかったかも。スタミナに切れてからのノセられての打撃戦はヒヤヒヤしたけど。
Posted by y at 2016年01月03日 10:15
ポイエー勝ったか。
良かったー。
Posted by GGG at 2016年01月03日 10:42
田中やったぜええええええええええ
価値ある一勝!!!!!!!!
Posted by デンノコ at 2016年01月03日 11:28
2年ぶりの試合だからかマクドナルド本調子じゃなさそうだったし、あそこで金原が極めるかと思ったら・・・。
しかし、あんな逆転勝ちしておきながら飄々としてるとはマクドナルドはやっぱいいキャラしてる。まだ24歳だし王者目指して頑張ってほしいな。

>GGGさん
ポイエーいい選手ですよね。自分はダフィーも好きなのでちょっと複雑ですがw
これでライト級三連勝ですし、次あたりはアイアキンタあたりとの試合が見てみたいです。
Posted by y at 2016年01月03日 12:03
金原残念・・・
引退覚悟と言ってたけど、マクドナルドにあれだけやれたのだから辞めないでほしい
Posted by ななな at 2016年01月03日 12:07
やっぱり運も味方につけないとアカンのか、、
Posted by jumpee_T at 2016年01月03日 12:22
協力型先頭隊が勝った。
ん?

強力型戦闘隊が勝った。
Posted by おひょい at 2016年01月03日 13:42
す…すげぇ…
Posted by アキラ at 2016年01月03日 14:28
なんだこのメイン!!

年始一発目で年間最優秀試合レベル!!
Posted by フランツ at 2016年01月03日 14:29
マジか?
コンディットが逃げ切ったと思ったんだけどなぁ
Posted by ふか at 2016年01月03日 14:29
いやー最高のメインでした。

Posted by ssa at 2016年01月03日 14:29
コンディットの勝ちでしょ!
完全にコンディット押してたと思う。
とはいえ素晴らしい試合だった。
Posted by 魚 at 2016年01月03日 14:30
ローラー防衛か、第5ラウンドの猛攻はさすがローラーだとおもったが、手数でコンデット勝ちかなとは思った。
有効打撃だけ見ればローラーだっのかな、でも今日一で面白かったのは間違いないね!
Posted by おにおん at 2016年01月03日 14:31
ローラー良かった。ホッとした。
Posted by TS at 2016年01月03日 14:31
ローラーは本当にすげーな
ますます好きになったわ
出来ればローラーとコンディット、どちらも勝者にしたいぐらい、いい試合だった
Posted by ななな at 2016年01月03日 14:34
ポイエーおめでとう!
Posted by 名無し at 2016年01月03日 14:35
足技、肘のコンビネーション、ケージ蹴ってのスーパーマンパンチなどコンディットの多彩な攻め良かったですね
新年から年間ベストファイト級の試合をしたローラーは流石です!
Posted by えのしま at 2016年01月03日 14:40
コンディット勝てねーなー
1、4は取って3ラウンドが割れたか。。
Posted by おふ at 2016年01月03日 14:42
ローラーの大逆襲もすさまじかったけど、個人的にはコンディットの勝ちだと思った。
あそこまで手数出して最後まで攻めまくってスプリット負けは悔しいだろうなあ……。
ローラーも手数で圧倒されるだけじゃなかったし、そこまでポイント意識して見てたわけじゃないから強くは言えないけど。
ただ、なんにしろ最高に熱い試合だったし、5Rなんてすごすぎて笑うしかなかった。
判定に納得がいかないからとかじゃなくて、いつか再戦が見たいと素直に思える試合。
Posted by y at 2016年01月03日 14:49
メインが凄すぎた!
ローラー応援だったけどコンディット勝ちかなぁと思った。
やっぱUFC最高だわ。
Posted by TJ.デラベッピン at 2016年01月03日 14:57

いやーマクドナルド勝って良かった・・

コンディット好きだからコンディット勝ちに見えたのかな?悔しいなあ
Posted by リーバイス at 2016年01月03日 14:57
あと、オルテガのサブミッションはさすがの一言。
ステで一度引っかかってるから素直に応援しがたい気持ちがあるけど、実力は認めざるを得ないしオリベイラとの一流寝業師対決が見たい。
ミオシッチとトゥルヒーロの快勝にトメノフとラーキンのボディ攻めとロー攻めの意地の張り合いもよかったし、いい年始になってよかった。
Posted by y at 2016年01月03日 14:57
日本よ、これが格闘技だ!!
Posted by リトルマック at 2016年01月03日 15:10
こりゃ凄い…年末の大会の記憶が全てぶっ飛んだ。
ハイレベルの戦いを観てるとコッチも疲れる
凄い試合でした
Posted by ピワン at 2016年01月03日 15:11
いやぁーライジン見てからこれを見ちゃうとまったくの別物でアメリカの人が羨ましくなります>< やっぱり格闘技って強い者同士が競いあってこそ魅力だと思いました。
Posted by よう at 2016年01月03日 15:12
ダフィー負けたのショックです…
Posted by あ at 2016年01月03日 15:16
いやーーー!!メイン凄すぎた!!やっぱりUFC最高!!
オルテガの柔術テクニックは素晴らしいね!!
Posted by コロナキッド at 2016年01月03日 15:17
ローラーvsコンディット、UFC史上最高の試合!
凄過ぎる。
技術が最高な上に、限界を超えた気迫と気迫のぶつかり合い。
スタンディングオベーションが起きるのを観るのは、五味VS川尻以来だったな。
ポケットボーナスで二人に一億円位あげたい。
ローラー魅力的過ぎる。
今日のUFCは濃密だった。
改めてだけど、UFCは一大会一大会が連続ドラマのようになっていて本当に魅力的。

1,2Rは確かに田中が取ったかもしれないが、3Rは圧倒的にソトが攻めていて総合的にはソトの勝利。

これだけビックマッチが続いてもまだ2月にはヘビー級タイトルの試合が控えるUFCの層の厚さ。

ミオシッチとアリスターのどっちが次のヘビー級タイトル挑戦者になるのか?
UFC面白過ぎる。
Posted by mr_st at 2016年01月03日 15:24
2016年初戦でFight of the year確定と思わせるような戦い…
やっぱUFCのタイトルマッチは異次元レベルだな。
俺の一番好きなMMAファイターは今日からしばらくローラーだわ笑
Posted by 大車輪 at 2016年01月03日 15:37
やっぱエドガーとかローラーみたいなファイターは最高に熱くしてくれるなぁ
Posted by ななな at 2016年01月03日 15:45
んー、コンディットはこれめ勝てないと厳しいなあ。
ローラーは凄いけど手数少な過ぎだよ。
田中は逆に良く勝った!ここは結果オーライで。
金原、完璧だっただけに、最後が悔し過ぎる。
ソトも金原ももう一戦やらせて欲しいな。
Posted by macotic at 2016年01月03日 16:00
メインの5Rは震えた。

ポイントだとコンディットだと思ったが、ローラーもコンディットの遠くからの打撃は大体ディフェンス出来てたし、3Rは割れてもおかしくないか。

コンディットですら距離を制して戦い抜く事が出来なかった。
ローラーのスタミナと技術は素晴らしい。
熱く殴り合う部分が目立ちがちだが、ディフェンスもしっかりしているし無駄打ちもしていない冷静さも持っている。

コンディットも良かったけど、あの戦い方だと5R持たすのは難しいので、序盤のリズムのいい内に倒しに行った方が良かったと思う。
コンディットは遠い間合いからの多彩な打撃も魅力だが、一番の持ち味は一撃で倒す殺傷能力だと思うし。
Posted by もす at 2016年01月03日 16:04
ローラー最高!!
でもコンディットも良かったけど器用貧乏ですね。
パンチの打ち合いさえしなければ楽に勝てそうなのに
無駄打ちが多いというか
ローラーは凄くクレバーに見えました。
Posted by mjj at 2016年01月03日 16:11
ローラーはキャラが地味だし、毎回危なっかしくて王者としては絶対的な強さもないけど本当に毎回激アツな試合するな!
凄すぎて最後涙出そうになったわ!


コンディットもタフだね。
それにスウェーがうまい。
いいのもらってたけどやっぱスウェーで微妙にづらしてたから致命的なのはもらわなかったんだろうな。
手数ではコンディットだったけど良いの入れた回数はローラーだったしジャッジの見方次第かなって思った。
あとは3Rがどっちについてるかって。
ドローでよかったくらい。

しかし年明け早々とんでもない試合だったな。
Posted by 腹減り at 2016年01月03日 16:45
なんだよローラー!
去年今年とファイトオブジイヤー全部持ってく気かよ!
凄過ぎて涙出るわ!
Posted by たかはし at 2016年01月03日 16:46
のりピーおめでとう!金原選手は惜しかった。
年末JMMAのお祭りを堪能して年明け一発目に最高峰の戦い。年末年始は格闘技にどっぷり浸かれて満足です。
やっぱりUFCとRIZINは全く別物ですが、ファンとしてはどっちも盛り上がっていってほしいと感じます!
Posted by はち at 2016年01月03日 17:00
ローラー5Rの盛り返しさすがだったから壮絶ファイトな印象が残ったけど、1-5R全体通すと年間最優秀という程凄いファイトではないと思います。コンディットがコントロールしてる中で、ローラーが要所でポイント取り返していた程度。コンディットが勝てると思ったけど、5Rの後半がよくなかったなぁ。またタイトルマッチまで辿り着いてほしい。
Posted by ててて at 2016年01月03日 18:07
明日から仕事だというのに日本人選手の試合ふくめて全てが濃密で見終わったら一気に疲れが出てクタクタ
これだからUFCは面白い
RIZINも頑張れ!
Posted by オーバ・カー at 2016年01月03日 18:18
でもこの大会を地上波でやっても視聴率7%は取れないっていう。
Posted by ファルカン at 2016年01月03日 18:47
ジャッジに関してはふざけるなって思った
ローラーが明確に取ったラウンド5Rだけじゃん
Posted by cmぱんく at 2016年01月03日 18:48
ローラー、アンジョス、マクレガーなら
エイオキが参戦すれば、史上初の三階級王者狙えるんじゃないか?
マクレガーは寝かせれば赤子扱いだし
ローラーは打撃戦好きだから鬼ミドルで蜂の巣にできる
アンジョスはお互い手の内を知ってるが
桜庭をほふった鬼パウンドがあれば勝てる気がする
Posted by マスター at 2016年01月03日 19:20
4Rまではコンディットが手数が多くて上手い打撃で支配してた感じがした。ローラーの最後の猛攻はすごかったけど自分はコンディットの勝ちだと思ったんだけどなぁ~。
Posted by 黒 at 2016年01月03日 20:21
マスター。青木?イヤイヤ冗談だろ?お話にならないよ、まずは下にすら微妙だよ。あとコンディット勝ちかと、
Posted by まさ阿多 at 2016年01月03日 20:33
いやーメインの5R目が熱すぎたね。コンディットの方が技術としては多彩でキックボクシング勝負は上回ったけど、泥臭い殴り合いだと本当ローラーは強いな。判定は微妙かもしれないけど、試合としては最高やったね。

田中は勝ってくれて良かった。ギロチンやフットチョークにパンチも被弾しながらも勝てたのは凄い!次回も頑張って欲しい。
Posted by 風林火山 at 2016年01月03日 20:44
テレビ東京のなんでもない日の4%とフジテレビの大晦日の7%を比べても仕方ない気が……。
まあ、裏番組の強さも違いますけど。
Posted by y at 2016年01月03日 21:15
煽りだろうなと知っててもちょっと・・・
青木がその3人とやったら、寝技に行く前に3回はKOされてるよ。
その寝技にしても、現在の桜庭相手に意識も飛ばせずサブミッションのセットアップさえできない程度のパウンドで何ができるのかと。
Posted by nabe at 2016年01月03日 22:06
ポイエーの鼻が折れてて痛そうです。。。
Posted by マトキチ at 2016年01月03日 22:53
丁度RIZINフルのあとに見たからめっちゃ淡白だった。
やっぱ選手がまだ劣ってても日本の格闘技の良さが分かったよ。日本人で良かった。もちろん両方面白いんだが。

タイトルマッチ、5Rだけは面白かったが、それ以外は普通にコンジットが順当勝ちだろうに負けとか、なんだこれ。
Posted by SBA at 2016年01月03日 23:05
ローラーは勝負に勝って試合に負けたかと思ったけど、判定でも勝つとは思わんかったわ。
ローラーの方が決定打は多かったけど、打撃数はコンディットの方がだいぶ上まってたから意外やった。
ダメージはだいぶ与えて最後はKO寸前まで追い込んだから勝ってくれたのは嬉しかったわ。ローラー波激しい
Posted by talk at 2016年01月03日 23:33
ローラーは毎試合毎試合ホントに凄い男だよ。
RizinだろうがUFCだろうがヘロヘロになりながら
もお互いに最後までフィニッシュを狙いにいく
死闘に感動するんだよ。
正月早々凄いものみせて貰ったよ。
Posted by メダ at 2016年01月03日 23:42
んー、改めて見直したけど1.3.4取ってコンディットに見えるなぁ

1.4は確実にコンディットで2.5は確実にローラーとして
3をどう取るかだと思うけど、
あまりにローラーの手数ないもんなぁ

これが即再選にならないなら他の再選はバカらしいよ
Posted by フランツ at 2016年01月04日 00:08
ローラーには脱帽
ボクシングのみ視点で判定したら
的確性とパワーヒットでローラー勝ちで問題なしと思う
コンデイットは外しすぎ
田中はルーズガードするなら頭振らなきゃ
でも攻撃面はすごい進化してた
金原は相手のすごさもあるけど簡単に首までとられすぎでしょ
Posted by aa at 2016年01月04日 00:18
5R目は凄すぎて笑けてきたよ!
ローラー、コンディット、ありがとう!
Posted by 苦沙弥 at 2016年01月04日 01:28
>マスター
冗談ですよね?w真面目にそう思ってるならやばい
Posted by パパ at 2016年01月04日 01:40
>でもこの大会を地上波でやっても視聴率7%は取れないっていう。

だから別物って結論で、ある程度落ち着いたんじゃないの?いつまで言ってんのよ?
Posted by 山田 at 2016年01月04日 01:48
金原残念。。。でもマクドナルド相手に劣性どころか圧倒してて凄かった。なんとかリリースしないでほしい
田中おめでとう!正直相手にとられたと思ったけど、勝てばいいんです
メインは5Rが凄すぎて呆然としてしまった。最後に2人が同時に金網にもたれかかっている絵は間違いなくUFCの名場面の歴史に残りますね
Posted by あけおめ at 2016年01月04日 04:31
自分はローラーが明確にポイント取ったのは5Rだけで、2Rは手数やコントロールでコンディット、ダウンでローラーかで迷いました。

1,3,4Rはコンディットだけど、ラウンドコントロールはしてたもののローラーの動き自体は落ちてなかったし、5Rの最後のローラーの乱戦での盛り返しを見たらスプリットでローラーも充分ありえると思いました。

この手の議論は毎回厄介なんで、ラウンドマストならそろそろ0.5ポイント制を取り入れればもっとしっくり来ると感じました。

まあ個人的にはタイトルマッチは挑戦者が明確な差を付けて勝たなければいけないと思っているんで、今回はドロー防衛で結果的にこれで良かったと思います(笑)
Posted by 将軍 at 2016年01月04日 07:21
CMパンクさん、俺の見立てでは2ラウンド、5ラウンドはローラー、3ラウンドはどっちとも言えたような感じだったからおかしくはないんじゃないかな?でもコンディット勝ちでもよかったし、ドローでもよかった!とにかく素晴らしい試合。

でも金原の試合直後マクドナルドの声かけ無視してマウスピース投げたのは態度最悪だったな~。
以前にもフロントとられそうになってリング下に相手を突き落としたりとか、普段紳士な態度でそういうことするやつ(秋山しかり)は応援しない。
Posted by パンツ大爆発 at 2016年01月04日 10:30
マスターのコメントが面白すぎて吹き出してしまった

下行く前にフルボッコの図しか見えない
Posted by あはん at 2016年01月04日 13:31
あけおめさんしか書いてなくて意外ですが、最後に二人並んで金網にもたれかかるシーンはとても印象的でした。
歳も近いし、このあと友達にならないかなーと思った(笑)
とにかく素晴らしい第5Rでしたね。
Posted by 気高い孤独 at 2016年01月04日 13:40
誰かアルロフさんにコメントしてあげて。
Posted by jumpee_T at 2016年01月04日 14:33
ローラー、アンジョス、マクレガーを鬼ミドルで蜂の巣とか
桜庭をほふった鬼パウンドとか
青木批判に誘導するための釣りでしょ
本当にしょうもない。。
一言一句真に受けて釣り針に食いついてるUFCファン多すぎ
Posted by taca at 2016年01月04日 14:51
ミオシッチってホント運がいいな
キャンプで足を怪我してたうえに衰えたと認識されてなかったサントスと対戦
減量失敗による脱水で試合前からフラフラでヤバイ状態だったハントと対戦
前試合で実際はミアに負けてた実力のアルロフがランキング2位という不自然な位置にいる時に対戦できる運

強いのは当然として何より運があるわ。

メインの判定は最悪。将軍さんのいうように1234がコンディット。
2Rもキックで足上げてなきゃきゃダウンにすらならないかもって感じだったし2Rも全体的にはコンディット。
またいつもの北米審判の個々のレベルの差によって台無しになってしまった。これで何度目だよ・・・。
Posted by M at 2016年01月04日 17:27
自分も1,2,3,4Rがコンディットかなぁ
2Rのダウンもキックでコンディットの状態がのけぞった所にパンチを受けてのものだから、ダウンと言えるほどのダメージはなくリカバリーも万全
直後も手数とヒット数でコンディットが圧倒してた
仮に2Rをローラーに付けるとしても、2,5以外のRをコンディットが落としたとは考えにくい
名勝負で疑惑判定が陰をひそめてる感じだけど、相変わらずジャッジの基準は曖昧だし出鱈目
激闘に水を差された感じで非常に後味が悪いね
Posted by ごり at 2016年01月04日 18:24
>別物って結論で、ある程度落ち着いたんじゃないの?
>いつまで言ってんのよ?

RIZINに比べると...的なコメントを見かけたから書いただけですが?
で、あなたは何の権限があって仕切ってるんですか。笑
落ち着いたとか、あなたの主観ですよね。
Posted by ファルカン at 2016年01月04日 19:07
昨日は所用があり今やっとUFC195のWOWOW録画を視聴完了
タフネス、スタミナ、打撃で圧倒するコンディットの異次元ファイト そして最後まで諦めず5R目で一気に攻勢を仕掛けたローラーのド根性ファイトに感服!!
年末から格闘技三昧でよい年明けを迎えられたなーと余韻に浸りつつコメ欄を眺めているところにリトルマックさんのコメントでドン引きしましたw

”日本よ、これが格闘技だ!!(ドヤァ”

こんなんじゃ余韻も何もかも吹っ飛びますわな
こういう○○びいき××下げの発言はホントみっともないんで勘弁して欲しい
Posted by tt at 2016年01月04日 21:04
>ファルカン
あなた小学生ですか?主観的なコメントを批判するなら他の多くのコメントも批判すべきでは。
てか、あなたの前回のコメントも前々回のコメントも主観じゃん。。
あなたみたいなタイプは自分の意見をひたすら主張するだけで他人の意見は目に入らないかもしれんが、コメント欄を読んでるまともなひとは、UFCとライジンは別物で、単純比較は意味がない、と思ってるよ。間違いなく。
俺のこのコメントに「それはない」とか言って絡んでくるひとがいたら、その時はそのひとの文章をまず読んでみて。ちなみにあなたはどう思いますか?笑
Posted by 山田 at 2016年01月04日 22:28
>>ttさん

そんな事で余韻が消えるなんて安っぽい興奮ですね。
日本よこれが映画だと言われて、アベンジャーズ観ても萎えてるんでしょうね。

ユーモアが通じない人ですね。
事実を書かれてイライラしてたら駄目ですよ。
Posted by リトルマック at 2016年01月04日 22:39
しかも7%も取れないってコメントはスルーなんですよねぇ
ライジン好きな人は自分達は別に構わないと思ってるんでしょうね。
Posted by リトルマック at 2016年01月04日 22:43
”日本よ、これが格闘技だ!!”

こんな小学生レベルの発言を「ユーモア」だと感じる人が一体どれだけいるんでしょうかね 本気で気になりました
70コメ超ある中でライジンを引き合いに出して今大会を批評してる人があなた以外にどれだけいるか、上から確認してみて下さい
視聴率を引き合いに出して諍いを持ち込んでる方もあなたのコメも残念ながら同レベルです
ま、一個人の感想を「事実」前提で語るような方には何を言っても無駄なのかな
ちなみにあなたのコメを見て感じるのはイライラというより呆れの感情なので悪しからず
Posted by tt at 2016年01月05日 00:47
>>リトルマックとやら

RIJINもUFCも大いに楽しませてもらって感謝感謝だけど、お前のコメントでホント嫌な気分になったわ。見た感想は個人の自由だけど、お前のコメントは人を不快にさせるだけ。RIJINに何の恨みがあるのか知らんけど、選手が頑張ってるのは日本もUFCも一緒。格闘技通を気取った批判もいいけど、選手へのリスペクトや愛がないヤツはダメ。アーセンの言葉に学べ。
Posted by たにお at 2016年01月05日 00:59
リトルマック
貴方みたいな人がUFCファンってのが残念賞だなあと思われているのでは?

昔ヒーローズをあんなの本当の闘いじゃない!
PRIDEこそリアルな格闘技である!!!ウギャー!!

な~んて言っていた一部の人達に被りますね。
別に悪いとは言わないですが端から見ていて痛々しいです、正直。
Posted by ヘイズマン at 2016年01月05日 04:39
不快と思うなら無視して下さい

俺は個人の感想をコメントしてるだけです。

事実と言ったのは謝ります。

だけど、テレビで観ててつまらないと思いました。
インディー団体の選手は応援しています。
あんな茶番を格闘技と思われるのが、不甲斐ないだけです。
エンタメもあって良いと思うけど、エンタメで8割占めてる
ライジンは視聴者を嘗めてます。
Posted by リトルマック at 2016年01月05日 12:58
エンタメ8割ってのもわけわからん(苦笑)

結局具体的に言語化も出来ず
シリアスなUFCを愛する見る目のある俺スゲー!
ってのを言いたいだけなんだよね。

キックやボクシングは不完全な格闘技。ヘロスはエンタメの茶番。
PRIDEこそ本物!みたいな浅はかな主張をするのが出てくるのはパターンですな。

まあ日本の格闘技熱がちょっとは復活した証拠と言えるかも。
Posted by ヘイズマン at 2016年01月05日 14:24
>リトルマック
>不快と思うなら無視して下さい

いや、根本から勘違いしてる。
まず、あなたがわざわざ大勢を不快にさせる事を書くべきじゃないでしょ。だからあなたは嫌われるんだよ。

そこまで嫌いだったりつまらないと思うならRIZINを君が見なけりゃいいし、粘着して叩くとか、にちゃんねるでRIZIN叩きしてウサ晴らししてたり無視も出来ない自分を恥じるべきでしょ。
一応UFCファンを名乗るならそろそろ恥を知るか最低限のマナーくらいは守るべき。
Posted by M at 2016年01月05日 16:54
>>リトルマックさん

パンクラスは面白いよね!
Posted by TJ.デラベッピン at 2016年01月05日 19:21
>日本よ、これが格闘技だ!!

まあ、別にここまで叩かれるコメントでもないと思うけどな。実際デイナが観てたらこう呟いてもまったく不思議じゃないしさ。
「日本よ、これがMMAだ‼︎」
これでも叩く人っているのかな?
Posted by 図 at 2016年01月05日 22:07
>RIJINもUFCも大いに楽しませてもらって感謝感謝だけど、お前のコメントでホント嫌な気分になったわ。見た感想は個人の自由だけど、お前のコメントは人を不快にさせるだけ。RIJINに何の恨みがあるのか知らんけど、選手が頑張ってるのは日本もUFCも一緒。格闘技通を気取った批判もいいけど、選手へのリスペクトや愛がないヤツはダメ。アーセンの言葉に学べ。

とりあえず「お前」ってどうなんですかね?
「選手が頑張ってるのは日本もUFCも一緒」と書いてるけど、そりゃ試合中は誰でも頑張るに決まってるわけで、問題は試合前ですよね?UFCの選手の試合前とライジンの選手の試合前の努力は同じとは言えないと思いますよ。(少なくともアーツやトンプソンについては異論はないでしょう)まあ、見たわけではありませんが。笑
「選手へのリスペクトや愛がないヤツはダメ」これはついてはリトルマックさんは一貫して「格闘技へのリスペクトや愛がない興行はダメ」と言ってるような気がします。あ、もちろん聞いたわけではありませんが。笑
繰り返しますが「お前」ってどうなんですかね?
Posted by ビオレ at 2016年01月05日 23:00
70コメ超もある中から数少ない気に入らないコメになんでいちいち喧嘩を売ったのかなぁ??
Posted by 必須 at 2016年01月05日 23:13
これUFCの記事であってRIZINは全然関係ないです


スルー出来ずにコメント欄を汚し続けるそこのアナタ

一番迷惑なのはアナタだと気付いて下さい



ウェルター級の中でコンディットが一番好きで

またしてもタイトルにギリギリ及ばず悔しい

でもいい試合だったなあ


と、まだ感傷に浸ってます



そして…アルロフ……
Posted by エンドルフィン at 2016年01月06日 10:18
>図
日本も素晴らしい格闘技を見せてくれています。
日本も素晴らしいMMAをしています。
だからそんなふざけた事を書く人は格闘技ファンに当然のように批判されたってだけだと思いますよ。
Posted by M at 2016年01月07日 22:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索