2015年12月30日

UFCがファビオ・マルドナド、チコ・カムスら8名のファイターをリリース

Fabio Maldonado among eight fighters released from the UFC(MMAFighting)

Fabio Maldonado(Sherdog)

Chico Camus(Sherdog)

Edimilson Souza(Sherdog)

Ericka Almeida(Sherdog)

Bubba Bush(Sherdog)

Mickael Lebout(Sherdog)

Vernon Ramos(Sherdog)

Jumabieke Tuerxun(Sherdog)

 UFCがファビオ・マルドナド、チコ・カムス、ケビン・ソウザ、エリカ・アルメイダ、ババ・ブッシュ、ミカエル・リブー、ヴァーノン・ラモス、ジュマビエク・トルスンをリリースしたことをMMAFightingが近しい関係者から確認したとのこと。

 マルドナドは最近はクイントン“ランペイジ”ジャクソン、コーリー・アンダーソンに連敗していました。『TUF Brazil 3 Finale』を負傷欠場したジュニオール・ドス・サントスの代打で1階級上のスティペ・ミオシッチとメインイベントで対戦し秒殺されたことが印象に残っています。

 チコ・カムスは連敗していたものの対戦相手がヘンリー・セフード、堀口恭司だったので可哀想な気も。

 ケビン・ソウザは最近チャス・スケリーに敗れたのみでUFC戦績3勝1敗。不可解なリリースです。ヴァーノン・ラモスもUFC0勝1敗でリリースと早々に見限られています。

首切りの歴史
首切りの歴史
posted by ジーニアス at 10:23| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え?KOマシーンのソウザリリースなのか?ランキング狙えそうな選手だと思ってたのに残念…引退とかかな?
Posted by 龍 at 2015年12月30日 10:55
フェザーで182㎝という長身なので、もしかしたら点滴禁止で減量が厳しくなったという事情があるのかも…。
しかし、カムスがリリースとは厳しいですね。
UFCをリリースされるもタイタンFCで王者になったエリオットのように、ローカルであっさり王者になれるだけの実力はあると思いますし、ミーンズのようにベルトをひっさげて戻ってくるのを期待したいです。
Posted by y at 2015年12月30日 11:11
連勝していたのにUFC初敗戦でリリースというのは過去にもありましたけど、ソウザに負けた菊野が残ってソウザは1敗でリリースというのは確かによくわからない。
最近の傾向からして自分から契約延長を拒んだとか?
Posted by kana at 2015年12月30日 11:32
ソウザにも勝って4連勝のスケリーや、スケリーにも勝って全勝のベクティクの方が重要視されるだろうけど、
ソウザの1敗でのリリースは可哀そうですね
ブラジル大会を不況の間減らすのと関係有るのかな
Posted by DA at 2015年12月30日 13:41
契約で揉めたんじゃないですかね。
他にもそういう理由でリリースされた選手いましたし
Posted by そうえん at 2015年12月30日 20:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索