2015年12月26日

ニック・ディアス「ネイトのギャラは安すぎるしコナー・マクレガーと対戦させるべきだ」

貯金兄弟 (PHP文庫)
貯金兄弟 (PHP文庫)

『UFC on FOX 17: Dos Anjos vs. Cerrone』ファイトマネー(2015年12月22日)

 こちらの続報。

Morning Report: Nick Diaz 'sick' over brother Nate's pay, says Conor McGregor fight 'needs to happen'(MMAFighting)

 チェール・ソネンのポッドキャストでニック・ディアスが弟ネイト・ディアスのファイトマネーが4万ドル(勝利ボーナス2万ドル込み)である件について以下のコメント

「イライラするね。いくら払われたかでイライラする。俺の過去のことを思い出してイライラする。そしてアノ男(コナー・マクレガー)が出てきて活躍してみんなを狂喜乱舞させている。ネイトの(ファイトマネー)は石器時代のままだし、俺も彼をなだめようとしているが、その場しのぎでしかない。彼らは俺らを見くびっている。(出場給)2万ドル+(勝利ボーナス)2万ドルなんて笑いものだしジョークだと思われる。ノー、これは本当の支払額だ」

「(ネイトはコナー・マクレガー戦をアピールしたが)ファンに嘘はつけない。ファンは何を見たいか分かってる。ニーズのある試合だ。弟は明らかに適任だ。ベルトを持ってても人気のないヤツがいるし、ベルトは重要じゃない。重要なのは試合だ。ファンにとっても大会にとってもな。その方がみんなが潤う。コナーも相手がケガで欠場した時に対戦しようとしていたと思うし、望みを叶えてやるべきだ」

posted by ジーニアス at 02:23| Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいお兄さんだ
Posted by うん at 2015年12月26日 04:21
俺はRDAとの対戦が見たい。 マクレガーの神がかり的
当て勘としなやな柔術ムーブvsRDAのフィジカル、
ラッシュ力、レスリングの対決がすごく見たい。
ネイトはネタがなくなるまで待つんだ。

Posted by かと at 2015年12月26日 05:37
とは言え、ネイトはただの中堅のベテランだしなあ
Posted by (・ω・) at 2015年12月26日 07:44
二極路線があるのは兄貴の言う通りだがマクレガーが今後進む路線でネイト戦を見たいかとは聞かれたら同意しかねるな。
Posted by Mr.UDON at 2015年12月26日 09:24
ネイトvsマクレガーは普通に見たい
マクレガー有利ではあるだろうけど、良い打ち合いになりそうだ
Posted by デンノコ at 2015年12月26日 09:40
コナーのライト級テストマッチとしてはいい相手だと思うけど
、UFCもコナーもテストマッチは全く頭にないだろうね。
ネイトが次戦でトップランカーに勝ったら、可能性は出てくるんじゃないかな?
ネイトには頑張ってほしいね。
Posted by 大車輪 at 2015年12月26日 10:07
試合も、試合前も盛り上げられるのにギャラやすいですね。
ディアス兄弟頑張れ。
Posted by 名無し at 2015年12月26日 10:54
何気にマクレガーはネイトにとって最高の相性なんだよね。
だからこその挑発かもしれない。
この二人がやればまず間違いなくネイトが勝つよ。
マクレガーの良さはリーチの長さと当て勘の良さだが、ネイトのスタイルはマクレガーの得意としてる部分を全て潰せる。
ネイトの弱点は距離を取られてのロー攻めと、テイクダウン耐性の無さ。
柔術も強いのは強いんだが、結局トップポジションで固められると割りと何も出来なくなる。
だが、マクレガーのファイトスタイルではそこの弱点の部分は付けないだろう。
もしかしたらローで完封出来る能力はあるかもしれないが、奴の性格がそうはさせないだろう。
二人がやれば、必ずパンチの打ち合いになる。そーなったらネイトの独壇場だよ。乱打戦はディアス兄弟の大好物だ。
Posted by あ at 2015年12月26日 12:48
マクレガー下げの声がどんどん萎んでくる現状、1ファンとしては嬉しいもんだね。これであっさりライト級王座に君臨したら、、、想像しただけでワクワクする。
Posted by 嗚呼 at 2015年12月26日 15:41
ネイトは好きだけど打ち合いになる絵が浮かばないな~。やれるとしたら一発効かされて下になっての返しかな。
Posted by matio at 2015年12月26日 17:36
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索