2015年12月15日

『UFC 194: Aldo vs. McGregor』メディカルサスペンション/マクレガー、ロックホールドが最大6ヶ月間の出場停止に

UFC 194 Medical Suspensions: McGregor and Rockhold Could Be Out Six Months(MMAWeekly)

 ネバダ州アスレチックコミッションが『UFC 194: Aldo vs. McGregor』のメディカルサスペンションを公表。

 コナー・マクレガーが左手首のレントゲン検査が義務付けられ、負傷していた場合、医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 ルーク・ロックホールドが左足、左足首のレントゲン検査が義務付けられ、負傷していた場合、医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 ホナウド・ジャカレイが左前腕部のレントゲン検査が義務付けられ、負傷していた場合、医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 ユライア・フェイバーが左膝のMRI検査および右足首、左親指のレントゲン検査が義務付けられ、負傷していた場合、医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 ティーシャ・トーレスが左親指のレントゲン検査が義務付けられ、負傷していた場合、医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 コルビー・コヴィントンが右胸のCTスキャンかMRI検査が義務付けられ、負傷していた場合、医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 ヤンシー・メデイロスが右膝の捻挫により医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 ジョン・マクデッシが右親指のレントゲン検査が義務付けられ、負傷していた場合、医師の診察をクリアするまで最大6月12日まで出場停止。

 その他の選手は2ヶ月以内です。

選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)
選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)
posted by ジーニアス at 18:54| Comment(7) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワイドマンは?(ーー;)
Posted by くりす at 2015年12月15日 19:04
リンク先で原文見てください。
Posted by ジーニアス at 2015年12月15日 19:31
ワイドマンとロックホールドはこれから何度か戦いそう
Posted by リーバイス at 2015年12月15日 20:13
マクレガーが6月まで出場停止ということは7月あたりが試合するにはちょうど良さそう…
そして7月にはUFC200がある…

コーミエ×ジョーンズ2
マクレガー×アルド2
ホルム×ラウジー2

なんていうふうにならないかなwwwww
Posted by みかん at 2015年12月15日 20:52
IPアドレス 49.97.31.63
ホスト名 s1131063.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
Posted by ほ at 2015年12月16日 01:27
リーボックの件があったりUFCマンセーじゃないけど(笑) こうゆうメディカルチェックやドーピングテストなど見るとやっぱりアメリカってメジャーなんだなぁって実感します。
Posted by よう at 2015年12月16日 02:38
➡みかんサン
そうなったら、最高ですよね🎵
Posted by ケーブル at 2015年12月16日 17:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索