2015年12月13日

ファブリシオ・ヴェウドゥム「UFCと7ケタの契約を結んだ」

posted by ジーニアス at 08:20| Comment(15) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだだファブ
億超えくらいで満足しちゃいけないぞ
キャラとファイトスタイル磨いて、試合以外でも魅せる選手になればまだまだ先はあるぞ
Posted by さ at 2015年12月13日 08:33
やはりヘビー級のチャンピオンは貰える額が違いますね。
コーミエが最近契約を更新したのも、かなり条件が良かったんでしょう。

もうちょい軽量級の選手にもお金を出してあげて欲しいですね。
テレビで見てて、堀口なんて金に困ってる感が凄かったですからね。仮にもランカーなのに。
Posted by しば at 2015年12月13日 09:20
プライドファンのおじさんからすると
最重量階級の頂点を当時日本で応援していた
選手が極めてくれたのは嬉しい
Posted by プライド at 2015年12月13日 09:45
RIZINに渡さないために終身雇用だな
引退後も勝手に試合出来ないように縛るんだろ
Posted by GO at 2015年12月13日 09:51
UFCはライジングなんて相手にしてないでしょ笑
Posted by mt at 2015年12月13日 10:27
修斗やDEEPをチェックしてるんだからRIZINもマークされてるでしょ
Posted by あ at 2015年12月13日 11:18
あ はアホだな。そういう事ではないだろ。
Posted by い at 2015年12月13日 11:31
でも実際はPPVやらで、今日のマクレガーやアルドやワイドマンの方が稼ぎますよね
ヘビー級の選手達は、少し不遇なイメージは有ります
Posted by DA at 2015年12月13日 12:07
そうなの?
ファブリシオは億単位で契約を結んだのは、
PPV含めての額なのかな?
いくら予想以上にPPV売れても、契約以上は行かないとか?
Posted by まさ at 2015年12月13日 12:35
ヘビーの平均給与が一番高いですよ
PPVボーナスは選手の人気みたいなもんでしょ
Posted by あ at 2015年12月13日 12:36
PPVボーナスはファイトマネーに含まれないですしインセンティブですよ
Posted by あ at 2015年12月13日 13:20
給与問題は難しいですね
マクレガーのようなスター選手と
ファブのような選手個人での比較ではなく
フェザー、ヘビーのような階級で見た場合
観客に需要があるのはヘビーです
そしてUFCでのヘビー級の層は薄い

そういった事を考えた時にヘビー級の給与を上げて
ヘビー級選手の供給を増やそうというのは
UFC全体の利益につながります

軽量級の選手の給与の安さはもっと論じられるべきですがお客さんを集めて金を稼ぐわけで、集客力のあるヘビー級の給与問題は難しいですね
Posted by OCT at 2015年12月13日 16:54
>>UFCはライジングなんて相手にしてないでしょ笑

対立煽りとかくだらないことやってて楽しいか?
こういうUFCファンの質を疑問視されかねない残念コメントはマジで勘弁して欲しい
実際ライジンなんて始まってもいない
つまり比較対象ですらないんだからどーんと構えてりゃいいのにね
Posted by pp at 2015年12月13日 17:12
ファブリシオやヴェラスケス達のヘビー級選手よりも、
ジョーンズやマクレガーやラウジー達の方が完全にPPV売り上げも上だし、集客力も有りますからね
むしろファブリシオは、PPVの売れ行きが悪くても、億単位のギャラを保証してくれる契約なのでは?
Posted by DA at 2015年12月13日 17:28
デイナは日本のこと相当気にしてるけどな
ノゲイラとか五味とか秋山とか日本のレジェンドを手放そうとしないし、日本以外でも眼中にないと言いながらも市場を荒らすわ選手を引き抜くわあれこれしてるだろ
Posted by 民弥 at 2015年12月13日 22:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索