2015年12月02日

ロレンゾ・フェティータ「我々はどこよりもファイターに金を出してる」

UFCがラスベガスに新社屋とヘルス&パフォーマンス・センターを建設、完成は2017年(2015年12月02日)

 こちらの続報。

Lorenzo Fertitta on UFC fighter salaries: 'We pay more than anybody else'(BloodyElbow)

 新社屋とヘルス&パフォーマンス・センターの起工式でロレンゾ・フェティータがファイトマネーについて尋ねられ以下のコメント。

「それはいつも問題になってることだ。実際問題、ファイトマネーは我々が会社を所有してからは毎年増額し続けている。他のどこよりも支払っている。一部のファイターが満足してないのかもしれないが、結局のところこのスポーツで大きなことを達成し、あるレベルまで行ったファイターからは不満の声は出ていない。それがこの問題の真実だ。トップまで上り詰めている人たちが大半のお金を稼いでいる」

「これと関連して我々は未来に向けての投資をしている。これも会社が存続し、収益が増え続け、より大きなことを成し遂げるためだ。もちろんそれはファイターに還元されるので他のビジネスと少しも変わらない」

日本人の給料大辞典 (別冊宝島 2259)
日本人の給料大辞典 (別冊宝島 2259)
posted by ジーニアス at 23:44| Comment(9) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムカつく言い方だな。

スポンサー収入がなくなって以前より減ったのは事実だろ。それを補うくらいのファイトマネーが出ないのは不満が出て当たり前。ファイトマネーもモチベーションの一つ。
Posted by あ at 2015年12月03日 00:05
業界最大手で一番儲かってるUFCが大した額払ってないから他がもっと安いんだよなぁ・・・
Posted by GDP at 2015年12月03日 06:04
毎度毎度これ系の話は盛り上がりますが、中国・キューバ・ベトナム辺りの人が一斉にコメントしてるのかな?
それともUFCを相撲取りや公務員だと思ってるのかな?
感情に身を任せてコメントする前に、一旦冷静に考えてみる事をおすすめします。
Posted by アイラブGSP at 2015年12月03日 06:26
放映権料更改でファイトマネーを2倍にして
Posted by あ at 2015年12月03日 06:32
なるほど。
集客力があってPPVも売れる一部のトップ選手には「どこよりもファイトマネーを払っている」
ということなんだろうね。
Posted by スーパーマンキック at 2015年12月03日 12:27
下位の選手でも、
多額をやるんじゃなくてもう少し増やしてやる、
そういうことが大事だし、
スポンサーフィーのこともかなり考えていかなきゃいけないのに
ほんとうにゴマカシ経営者だ

他団体はもっとこのあたりを改善していって
選手を獲得してほしいな~
Posted by まさ at 2015年12月03日 13:09
WSOFでさえカツカツらしいし、UFCがファイトマネー上げても他は変わらないんじゃないかな。
UFCのベテランにはもっとあげてほしいと思うけど、ファイトマネー全選手倍増とかやったら、それこそUFC以外は悲惨なことになると思う。
UFC一極集中がさらに進むことになるだろうし、かといってファイトマネーで対抗しようにも限度あるし。
Posted by y at 2015年12月03日 13:09
一時期の最低保障4000ドルから比べたら今は8000ドルだし、最近はナンバー大会だと1万ドルは最低でもあげてるみたいなのでだいぶファイトマネーは上がってます。
逆に2番手のベラトールの最低保証だと1500ドル程度ですから、スポンサーフィーを入れてもエントリーレベルのファイターにとってはUFCの方が高待遇だと思いますね。
逆にトップ15ランカーやベテランが一番ファイトマネーとスポンサーフィーの問題で苦労してそう。
Posted by っな! at 2015年12月03日 16:09
リーボックで減った分を補填してないなら、実質大幅減ですよね
Posted by そうえん at 2015年12月05日 00:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索