2015年11月27日

榊原信行「ヒョードルの対戦相手についてはもう少し待って下さい」

Sakakibara undecided on Fedor’s opponent: ‘Please wait a little more’(BloodyElbow)

 ロシアのサイトTass.ruで榊原信行RIZIN実行委員長が12月31日のエメリヤーエンコ・ヒョードルの対戦相手について以下のコメント。

「ここまで最終的な結論は出ていません。候補は何人かいますが、その中でも最も相応しい相手を選びたいです。現在世界中がヒョードルの対戦相手のニュースに注目しています。もう少しだけ待って下さい」

杉原杏璃「もうちょっと待ってね♪」
杉原杏璃「もうちょっと待ってね♪」
posted by ジーニアス at 01:32| Comment(18) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなに難航してるのならネットでファン投票はどうでしょう。
それと2位と3位の選手をぶつけると。
Posted by エドウィン at 2015年11月27日 02:06
どんどんハードルあがっちゃってるよ、バラさん!!
だからディープで試合やらす前に、シングで発表しちゃいなって言ったのに!
もうリコくらいしか残ってないよー!
Posted by うるとら at 2015年11月27日 02:10
コールマンかランデルマンあたりぶつける気じゃないだろうな?ロートル祭りだからなんか心配だわ。
Posted by イチロー at 2015年11月27日 02:26
最終的に対戦相手を選ぶ権限は榊原さんじゃなくてヒョードルのはずだし、難航してるとしたらそこでしょ。
Posted by 大 at 2015年11月27日 04:43
カードが決まるのがおそいのもJMMA
Posted by ななな at 2015年11月27日 04:44
今日の『ダウンタウンなう』で何らかのカード発表するみたいだね
初期の番組コンセプトとかけ離れた内容だけど、はしご酒企画好きだからダウンタウン×高田延彦・赤井英和は楽しみ!
高田・赤井が酔っぱらってハウンドドッグのONLY LOVE熱唱するかなw
Posted by wwe at 2015年11月27日 07:18
大コケの予感
Posted by するめ at 2015年11月27日 07:45
ランペイジだったらうれしいわ
ベラトールuFC両者と折り合いつけるのは大変だろうけど
Posted by GO at 2015年11月27日 08:04
大晦日だし、もういっそのとこPRIDE対K-1ってことで対ボブ・サップでもいい気がする。
ゴング&タップという荒業を繰り出してくる可能性があるけど。
Posted by y at 2015年11月27日 08:26
カード発表が遅いのは相変わらず
Posted by J at 2015年11月27日 11:51
今日のダウンタウンなうではどんな発表があるんでしょうね。
Posted by みゆパパ at 2015年11月27日 11:59
ゴング&タップ(^^;
Posted by eric at 2015年11月27日 12:51
ミルコ対ヒョードルこいや
Posted by 博明 at 2015年11月27日 13:58
ファン投票なんてありえないよ
なんでもみんなの意見ききすぎは良くない

ミルコがもう一度、一夜限りでやらかして
UFCに無断でライジン出ちゃうとかな
世界のMMA業界が許さないか.....
Posted by まさ at 2015年11月27日 16:37
日本は「あのPRIDEの榊原様が組んでくださるカードだ!
どうせ世界中の期待には応えられないんだし、
大和魂においてともかく楽しむべきである!」って空気だから
もう誰でもいいですよ。

世界を意識するなら、せめて一か月前には発表して
過去のアリバイのような間に合わせの大晦日イベントとは
違うんだというのを証明してくださいよ
Posted by あき at 2015年11月27日 17:31
ミルコはUFC契約中でもIGFでMMAやってたわけだし、もしそういうオプションになってるなら可能性有り⁉まさにDREAM.1でミルコ引っ張り出したスタッフもいるワケだし、ノウハウ持ってるはず。
Posted by とみとみ at 2015年11月27日 21:14
>とみとみ さん

IGFに参戦してた頃はUFC契約中じゃなかったと思いますよ?
IGFヘビー級王者獲得・防衛戦後にUFCと再契約
Posted by wwe at 2015年11月28日 08:09
ブロック・レスナーだよー。
Posted by テレコ at 2015年11月28日 17:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索