2015年11月20日

ロレンゾ・フェティータ「UFC 193のPPV契約数は歴代2位だった」

Lorenzo Fertitta: UFC 193 on track to be second-largest PPV in company history(Yahoo!Sports)

 ロレンゾ・フェティータが11月15日に生中継された『UFC 193: Rousey vs. Holm』のPPV契約数がUFC歴代2位だったとコメント。何件かは明言していません。

 商業施設での契約数は6000件以上でUFC史上1位。観衆5万6214人は既報ですがUFC歴代1位。ゲート収入680万ドルはUFC 129(1208万ドル)、UFC 189(720万ドル)、UFC 168(690万ドル)に次ぐ歴代4位。

 また、今年の格闘技PPV契約数の2位と3位がロンダ・ラウジーがメインの大会だったとのこと。1位はフロイド・メイウェザーJr. vs. マニー・パッキャオの460万件、2位は『UFC 193: Rousey vs. Holm』、3位は『UFC 190: Rousey vs. Correia』だそうです。

 さらに、Nielsen Twitter TV Ratingによると『UFC 193: Rousey vs. Holm』は8590万件以上のツイートがありスポーツイベント史上1位。1分間で2万9000件のツイートがあったそうです。

 フェティータは12月12日の『UFC 194: Aldo vs. McGregor』も記録的な売り上げになるだろうし、ロンダ・ラウジーとホーリー・ホルムの再戦が実現すればUFC 100を超えるレコードを達成するだろうとコメントしています。

Top Selling UFC PPVs of All-Time(MMA Manifest)

 こちらによるとこれまでの歴代1位はUFC 100の160万件、2位は『UFC 116: Lesnar vs Carwin』の111万6000件。いずれも推定です。フェティータのコメント通りだと『UFC 193: Rousey vs. Holm』はその間になるわけですが…。

posted by ジーニアス at 00:08| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントだったらすごいことだし、嘘でもいいよ。
ほとんど90%ぐらいはロンダの数字でしょう。ロンダがメイやWWEやエクスペ3なんかと絡んで持ってきた数字がかなり多いはず。
ホルムはこれからトップランカー相手に実力を証明して、ロンダはビッグマッチで新規客を連れてきて、いい時期に再戦してくれたら言うこと無い。
Posted by けす at 2015年11月20日 00:25
改めて、レスナーの集客力の高さに驚かされますね
Posted by あ at 2015年11月20日 07:39
レインメーカーという言葉はロンダの為にある、と言っても過言ではないな。
兎にも角にも格闘技が盛り上がるのは嬉しい。
やっぱり華のある選手は大事にしたい。
Posted by mr_st at 2015年11月20日 08:32
アルドは頼むからもう怪我せんといてねって感じダナ
ロンダが偉大なチャンプだった一番の理由はそこ
Posted by sas at 2015年11月20日 09:25
やっぱりレスナーの売る力って半端なく圧倒的だったなあ
Posted by らはさや at 2015年11月20日 14:21
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索