2015年11月18日

ロンダ・ラウジー、帰国したところをパパラッチされる(動画)

Ronda Rousey I'm Ashamed Of My Face(TMZ.com)



 ロンダ・ラウジーが『UFC 193: Rousey vs. Holm』が開催されたメルボルンからロサンゼルス国際空港に到着したところをパパラッチされています。ロンダはフードを被りサングラス、さらに枕で顔を隠すという完全防備。トラヴィス・ブラウンもいます。

マスコミ就職読本2017年度版 1入門篇
マスコミ就職読本2017年度版 1入門篇
posted by ジーニアス at 06:59| Comment(15) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バカだなブラウンがいたら目立ってしょうがないだろ
Posted by に at 2015年11月18日 12:41
私は心のどこかに女子格闘技への抵抗があります。
偏見であり差別だと言われると、そうなのかもしれませんが。
彼女の人気における重要なファクターが顔であるということ。それを潰された時の心の痛み。
とにかく彼女の心が早く健康になる事を祈ります。
Posted by FCR at 2015年11月18日 12:45
やっぱホントに付き合ってたのか
Posted by 赤平 at 2015年11月18日 13:08
顔の傷、そして心の傷もあると思うが、そんな時でもロンダには堂々としていてもらいたかったという気もします
Posted by w at 2015年11月18日 14:39
フードにサングラスで
マクラ無しでいいのになあ

つらいし、それほど撮られたくないんだろうけど。
マクラ有りの方がニュースに載ったとき変に恥ずかしいと思うんだけど....
Posted by まさ at 2015年11月18日 15:11
ロンダの場合はすべてが計算に見えてしまう。
こういう風に落ち込んでカメラの前に現れればみんなが同情してくれるし。
まぁ落ち込まないわけないし本当に落ち込んでるとは思うけど。
みんなから同情されて慰めてもらってる今の時間もロンダは嫌いじゃないんだろうな。
Posted by たなか at 2015年11月18日 15:36
パパラッチってどこに需要があるんですかね?
有名人を待ち伏せして一斉にカメラのフラッシュを当てるって行為にひどく嫌悪感を覚えるんですけど、こういうのって誰の需要に応えるビジネスなのかイマイチ分からないです
Posted by 209 at 2015年11月18日 16:51
ブラウン…こうやって見ると無茶苦茶デカイ!
目の前に居たらちびるな。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2015年11月18日 17:11
新聞社やマスコミや週刊誌に売るんですよ
Posted by あ at 2015年11月18日 18:47
どうどうと闊歩して帰ってきたらかっこよかったですのに。
Posted by 薬剤師 at 2015年11月18日 20:02
トラビスが横に居たら絶対ばれるだろと思ったが、逆に言うとそういう事?

だとしたら相当タフだな
Posted by スラッカー at 2015年11月18日 20:08
んん~。
あれだけビッグマウスだったんだから、もう少し堂々としてもらいたいもの。
女だから許されるところはあるけども、男だと負けて急にコソコソしてるようだと格好悪いと言われる所だろう。

まあでも早く復活してもらいたいものだ。
このまま小さくなられては勿体ない。
負けて顔を見られるのが恥ずかしいとかよりも、リベンジに燃えたりしてる方がキャラに合ってるよ。

Posted by もす at 2015年11月18日 21:24
スターの宿命ですね。。。
Posted by マウスマウス at 2015年11月18日 22:25
まさかこれは影武者で、ブラウンを配置することでわざと目立たせたとか………ないか。
Posted by MMMA at 2015年11月19日 00:41
悲劇のヒーローであれば、負けても主役で居られますからね。
もちろんホルムの努力あっての結果なんですが、間違いなくラウジーには油断がありましたし。
必死に練習して負けた訳じゃなければ、本来なら同情の余地はないはずなんですけど。
Posted by xyz at 2015年11月19日 08:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索