2015年11月11日

ラムジー・ニジェム「UFCをクビになったわけじゃない。サインを拒否しただけだ」

UFCがエリアス・シルヴェリオ、ラムジー・ニジェムらをリリース(2015年10月02日)

 こちらの続報。

Ramsey Nijem says cut from UFC was result of refusal to sign new deal, not losing skid(MMAJunkie)

 ラムジー・ニジェムがコメント。それによるとニジェムはUFCからオファーが来たもののあまりにも低い金額を提示されたことから断ったとのこと。スポンサーがいなければ稼げないレベルだったそうです。また、USADAによる禁止薬物の抜き打ち検査が強化された件も「毎日監視されるほど十分に稼いでいるとは思えない」とコメント。点滴による水分補給禁止により階級を上げなくてはいけないことも不満だったそうです。

人事・賃金コンサルティング入門
人事・賃金コンサルティング入門
posted by ジーニアス at 21:50| Comment(5) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
是非、みんなラムジーに続いて欲しい。
UFCが夢の無い舞台になった事を、幹部に知らしめて欲しい。

ゆくゆくはリーボック切って、スポンサー付けられて、夢の有る舞台に、元に戻って欲しいけど。
Posted by 門轟 at 2015年11月11日 22:53
本気で怒りを感じます
UFCもリーボックも何の特にもなってないはずです
UFCは勇気を持って違約金を払ってでも契約を解除すべきです
Posted by あ at 2015年11月11日 23:12
UFCはほんとに問題山積みだな
使い捨てが顕著すぎる

他団体のみなさん是非そのあたりしっかりシステム整備してやって、
選手を受け入れてやって盛り上げていってください

ライジンさんにも是非 笑
Posted by まさ at 2015年11月12日 09:33
リーボック問題で選手に不満が出てきてる時期にライジンが立ち上がったのは、タイミングとして結構よかったのかも。現在はUFCに隙がある時期。
Posted by ゲーニッツ at 2015年11月12日 09:46
ただラムジーはリリースされても当然の成績だしなぁ
Posted by DA at 2015年11月12日 14:10
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索