この記事へのコメント
リコ、サキ、スポーンとキック勢がmma本格参戦したらすぐ制圧しちゃうだろうな。
このレベルの打撃持ってるmma選手なんていないぞ、まじで。
ドスサントスくらいなら、現時点でも勝っちゃうと思う。
Posted by ゆず at 2015年11月06日 17:30
この人すごいポテンシャルたかそうなんだよな。ボクシング世界ランカーにボクシングでもすぐトップになれるとか言われたそうだし。ぜひUFCにきてほしいな
Posted by あ at 2015年11月06日 21:26
リコはMMAに向いてる気がするので、是非続けてもらいたいですね
Posted by 格闘マニア at 2015年11月06日 23:09
ゆず

絶対に無理です
現に0勝1敗けにすっきり勝ちができません
逆にufcファイターがキックにいったら制圧しますよ まぁ昔からPRIDEファイターがk1で勝ちまくってますからね
キックは技術的に未熟とよく聞きます
なぜなら足を使ってサークリングしないからです
Posted by あ at 2015年11月07日 02:22
未だにキックの打撃技術がそのままmmaで使えると思ってる人がいることに驚愕。
動画見て言ってるの?
JDSに今勝てるとか草も生えないジョークレベル。
リコの今後は見てみないとわからないけど、動画見る限り向いてないと思う。
アンコ型ファイターのいいカモ。
Posted by びっくり at 2015年11月07日 02:58
そう簡単に通用したら稼げないキックから転向したキックボクサー達がUFCのランカーにうようよいるはずです
それどころかベラトールですら厳しい戦績です
ただキックボクサーでもミルコやハントみたいに確変おこす選手がいる可能性はおおいに有り得ますので今後に期待ですかね
Posted by ハン at 2015年11月07日 04:41
ゆずさんがそう仰るのは柔術の経験が無いからでしょう。
今のUFCのトップクラスは皆柔術の黒帯レベルです。
黒帯レベルだとなかなか寝技での決着がつかないので、どうしても打撃での展開が多くなります。
ちなみに寝技での実力差があれば打撃だけでは通用しない事は分かります。
五味選手はすばらしい打撃のスキルを持っていますが、寝技に弱点があるので柔術家にそこを狙われています。
Posted by コム at 2015年11月07日 04:51
MMA開始後に組みの技術を学んでトップ選手になれたのはごくわずか
逆にレスリングや柔術の選手がスタンドで本職を圧倒する例は数多い
どちらの技術の習得が困難かは火を見るより明らか
MMAではスタンドでヴェラスケス>JDS>ミア>ミルコなのが現実

「タックルさえしのげばいい」と言ってた時代とは別次元
Posted by sas at 2015年11月07日 05:18
体幹の強さは伝わるし、むしろキックボクサーの中ではMMA適正ある方じゃないかな。
パウンド以外の展開がないとはいえMMA初戦でマウントを取りに行く気構えもいい。何よりもリコの場合は若さも武器になる。
きちんとした練習環境で技術を積み上げれば、バリー&ハントクラスになれる可能性は十分あるよ。

>>MMAではスタンドでヴェラスケス>JDS>ミア>ミルコなのが現実

それ言うならUFCでKOの山築いてる現王者のロビー・ローラーだって、最後の一発まではマヌーフにパンチ&ローで嬲られ続けグロッキーの小鹿状態だったぞ。
ハントにも言えるけど、全盛期をとうに過ぎたボロボロのキックボクサーと現役バリバリのUFC選手(ストライカー含む)を比べるのは全くフェアじゃないでしょ。
ヒョードル連敗で、ヒョードルが全盛期にUFC行っても通用しなかった、と後だしジャンケンで批判してる人達と一緒。
全盛期のミルコがMMAのトップクラス&強豪を総舐めにした、苦しめた過去は無視できんよ。
Posted by ベン at 2015年11月07日 06:45
ローラーは当時と現在では練習環境や試合への取り組み方が全然違うので例えとして適切ではないと思います。
全盛期のミルコが云々も、キックとMMAの成熟度の違いが現在とは全然違うのだから、それこそフェアじゃないです。
ハントもローラー同様練習環境などを変えてすごく強くなったのに、そういうことを無視して「全盛期をとうにすぎたボロボロの」とか印象操作みたいな感じがしてイヤですね。
才能あるレスラーがMMAに適応して活躍しているように、才能あるキックボクサーがMMAに適応して活躍してもいるので、スポーンやリコが今後活躍する可能性は大いにあります。
でも、ゆずさんの言ってることが暴論だから反論されてるってことを忘れてはダメだと思いますよ。
Posted by y at 2015年11月07日 12:55
キックだけじゃあ食えないじだいなんですね。サワーといい、大変ですね。
Posted by スメルジャコフ at 2015年11月07日 14:38
>>ハントもローラー同様練習環境などを変えてすごく強くなったのに、そういうことを無視して「全盛期をとうにすぎたボロボロの」とか印象操作みたいな感じがしてイヤですね。

全盛期をとうに過ぎたミルコが怪我を抱え、ボロボロの状態で試合してたのは事実でしょ。
UFCに来てからは手術の連続だってミルコ本人がインタビューで度々言ってたくらいだし。
それが印象操作だと言うなら「(ハントや)ローラーは当時と現在では練習環境や試合への取り組み方が全然違う」というyさんのくだりも同じく曖昧だし、自分には印象操作に思えるんだけど。
Posted by ベン at 2015年11月07日 19:36
ベンさんがキックボクサー好きなのは良くわかったけど、なんか何が言いたいのって感じ。
マヌーフがパンチやキックでローラーをグロッキーに追い込んだから何なの?
結局狙いすました右クロスで完全に失神させられてたよね?
ミルコは間違いなくPRIDEルールで強豪だったけど、ランデルマンハントヒョードルノゲイラに負けてる時点で総なめって表現も可笑しい。
恐らく打撃技術の習得が組技より容易みたいなレスに過敏に反応しちゃったんだろーけどさ。
UFCでの打撃と、打撃格闘技の打撃では技術体系が全く違うのは理解しなきゃ。
オクタゴンでのプレスの掛け方と、リングでのプレスの掛け方が違うように、PRIDEで使う打撃とUFCで使う打撃ですら違うのだから。
Posted by びっくり at 2015年11月08日 01:36
キックボクサー好き?とかなんでそんな斜め上の解釈になるんだろう。
全盛期をとうに過ぎた選手とUFCの若手トップを比較して各分野に優劣付けるのはフェアじゃないってこと。
てか最初にそう書いてるよね。
マヌーフとローラーのくだりは、一方だけに都合の良い格付けをするならこういう皮肉も言われちゃうよ?という一例。
ミルコにしても「総舐めにした(選手もいれば)」「苦しめた(選手もいる)」って敢えて補足してるでしょーが。
技術体系の違いとか今さらそんなことをくどくど解説されてもね・・・びっくりさんこそ揚げ足取りばかりで何が言いたいのよく分かんないよ。
Posted by ベン at 2015年11月08日 09:16
「(ハントや)ローラーは当時と現在では練習環境や試合への取り組み方が全然違う」

ハントやローラーがインタビューで語ってることなので全然曖昧じゃないですし、インタビュー知らなくても試合観てたらわかることだと思うんですけど・・・。
そもそも現在のローラーはウェルター級の選手なのに、ミドル級時代のことを持ち出すのもどうかと。
マヌーフはMMA経験も十分積んでるので、リコやスポーンと同列に語ること自体も無理がありますし。
Posted by y at 2015年11月08日 13:24
今回の相手選手は言っちゃなんだけど完全にデビュー向けの噛ませだからね
脇差された後のもがきっぷりからして対戦相手はまともにレスリング練習してない
レスリングもろくに出来ないのに立ち技で実績のある選手に何ができるのかと
MMA0勝1敗の戦績も納得の選手ですよ

今後の彼の活躍には期待しているけどこの試合見て高評価は無理があるし
この勝利から現役立ち技選手のMMAにおける強さをドヤられてもねぇ
Posted by はぁ at 2015年11月08日 18:17
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索