2015年10月29日

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ「合計22回手術をした」

‘Minotauro’ Nogueira: ‘I Have Done a Total of 22 Surgeries’(Sherdog)

 10月18日にリオデジャネイロで開かれた『2015 Rio Sports & Health conference』でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが以下のコメント。

「僕は合計22回の手術をしました。もうボロボロです(笑)。初めて手術をしたのは11歳でトラックに轢かれた時です。しかしここ5年間は8回も手術をしたのでもっと大変でした。右腕はヒジから肩にかけて16本のボルトが入っています。トレーニングキャンプを開始した時や気温が変化すると酷く痛みます。左腕も手術をしたし、腰も2回手術しました。その4件の手術は引退を決断する上で重要なことでした」


 また、マルシオ・タヌレ医師が『UFC Fight Night 39: Nogueira vs. Nelson』のノゲイラ vs. ロイ・ネルソンでノゲイラがヒザ靭帯を負傷した時のエピソードについて以下のコメント。

「アブダビに到着した時にミノタウロが私のところに来て『ドクター、昨日スパーリングをした時に音が鳴った。ハプニングが起きたと思う』と言った。試合3日前のことだった。彼は何とかオクタゴンまで歩ける状態だったし、私はそんな酷い痛みを抱えて試合ができる人はほとんどいないと言った。彼はサイボーグだよ」

検診・手術・抗がん剤の前に読む「癌」の本: 過剰な医療が命を縮める
検診・手術・抗がん剤の前に読む「癌」の本: 過剰な医療が命を縮める
posted by ジーニアス at 12:41| Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にボロボロだな。
それでも闘っていたノゲイラには尊敬しかありません。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2015年10月29日 12:45
正真正銘のレジェンドですね。
最後にもう一度日本で!なんて言えないですけど、
何らかの形でまた日本に来てほしい!
Rizinで引退セレモニーやってくれないかな笑
Posted by Rampage at 2015年10月29日 13:17
侍ってのはノゲイラみたいな男の事ですね、本当に尊敬する。
Posted by りく at 2015年10月29日 13:23
この記事を見てからストルーブ戦を思い出すと泣きそうになる。日本時代から考えるとスピードもパワーも別人の用に落ちていて、それでも立ち続ける姿はまさにファイター(戦う者)だった。

今なおノゲイラは沈まぬ太陽だ!
Posted by MMMA at 2015年10月29日 15:51
負けが続いたときは悲しくなったが、
戦えているだけでも凄い状況だったんですね。
 
RIZINで挨拶だけでもしてくれたら本当に嬉しい。
挨拶だけだったらUFCも認めてくれないかな。
Posted by HARD ROUNDER at 2015年10月29日 18:07
月並みですがノゲイラのメンタルの強さには非常に多くの感動と勇気を貰いました。
ぼくの尊敬する人物です!!
Posted by beno at 2015年10月29日 18:14
どのプロスポーツでも偉大な選手は、調子が悪いからといって安易に欠場したりはしませんよね。頭が下がります。
Posted by ayrton at 2015年10月29日 19:26
見紛う事なき真の歴戦の猛者だね
尊敬の念しかない
Posted by さ at 2015年10月29日 22:17
心が感動と敬意でいっぱいです。

ファイターの凄みを改めて知らされました
Posted by ぃね at 2015年10月30日 06:07
ノゲイラお疲れ様。
唯一の心残りと言えば、UFCファイターとしてのノゲイラを日本で観れなかった事かな。
Posted by ジフ at 2015年10月30日 15:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索