2015年10月28日

榊原信行「ヴァンダレイがフリーになれば真っ先に声を掛ける」「8月にも2大会やるつもり」「リングの構造も変える」


RIZINヘビー級トーナメント出場者ブルーノ・カッペローザ動画(2015年10月27日)

 こちらの続報。

Nobuyuki Sakakibara discusses Rizin FF plans for 2016, Fedor Emelianenko’s opponent, drug testing and more(MMAFighting)

 『Jungle Fight 82』視察のためにサンパウロを訪れていた榊原信行代表が以下のコメント

「エメリヤーエンコ・ヒョードルの対戦相手には多くの候補が挙がっていますが、最長でも10日以内に決めたい(※インタビューしたのは10月24日)。我々としても期待に応えなくてはいけないので選ぶのは大変です。魅力的な試合ができる必要がありますからね」

「他にもPRIDEで活躍したヴァンダレイ・シウバやミルコ・クロコップなどにも声を掛けようとしましたが、契約の問題がなかったのはヒョードルだけでした。ヴァンダレイ・シウバが復帰したら日本の観客も本当に興奮するでしょう。しかし彼は今もUFCと契約しています。彼がフリーになれば真っ先に話をしたいです。PRIDEで輝いていたファイターには全員RIZINに出て欲しいです。しかし、例えばヒカルド・アローナとは交渉しようとしてたのですが、彼はヒザが悪くて復帰の予定がないとのことでした

「我々はマスタークラスの創設を考えています。45歳以上で試合をしたい人にチャンスを与えることになります。ダン・ヘンダーソンは45歳にしてハイレベルな試合をしています。アメリカではホイス・グレイシーに会いましたが彼は闘う準備はあると言ってくれました。ケン・シャムロックも興味を示してくれました。例えばヴァリッジ・イズマイウ vs. ホイス・グレイシーなんて面白いかもしれません

「(桜庭和志 vs. 青木真也の体重差について尋ねられ)これは個人的な意見ですが最近の選手は体重が数キロ違えば闘おうとしない。2、3キロの差でそういうことを言われては我々は面白い試合が組めなくなります。日本の場合、柔道や相撲は無差別級で行われてきましたし、2、3キロの差を気にするのはおかしいと思います。我々としては考えを変えていきたい。体重の僅かな差だけでファンはクリス・サイボーグ vs. ロンダ・ラウジーのようなビッグファイトが見られない。エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. チェ・ホンマンとかアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. ボブ・サップを見てもそうですが、小さい方が負けるとは限りません。それに今でもそれらの試合はみなさんの記憶に残っています。もちろん我々は闘うことを強制する気はありません。しかし選手同士が闘いたいのであれば我々は試合を組みます。もちろん安全面は考慮します」

「開催するのは多くても年間4大会でしょう。2016年は8月に2大会、年末に2大会やるつもりです。それは選手にRIZINで闘う準備をするモチベーションを与えるためです。サッカーのワールドカップのようなものを作りたいと考えてます」

「私はUFC、ロレンゾ・フェティータ、デイナ・ホワイトをリスペクトしています。UFCがこれだけ巨大化したのは彼らが一生懸命頑張ったからです。しかしMMAをもっと強力なモノにするためにも私は違ったことをやっていきたい」

「12月29日はPRIDEの時と同じリングを使うつもりですが、31日はガラリと変えるつもりです。リングですけど通常のリングとは違い、これまでに無かったものするつもりです。現在作っている最中です。正方形ではありますが、みなさん衝撃を受けるでしょう。旧PRIDEと比較しても遜色ない大会になるでしょう」

「(PRIDEルール同様、第1ラウンドが10分になることを尋ねられ)5分だと最初の3分は様子を見て終盤に仕掛けるということもできますが10分だとそうはいきません。柔術家と話をしましたが、グラウンドからサブミッションに移行するためにも10分の方が良いと言っていました。サブミッションの攻防を避けようとするとエネルギーを消耗するので、試合はより面白くてダイナミックになると思います」

posted by ジーニアス at 19:14| Comment(51) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>体重の僅かな差だけでファンはクリス・サイボーグ vs. ロンダ・ラウジーのようなビッグファイトが見られない。

これは両陣営が譲らないから組まれないだけでは。
片方が折れれば多少の体重差なんてお構いなくUFCはロンダvsサイボーグを組むと思います。
選手のウェイトオーバーで急遽キャッチウェイトとか北米では日常茶飯事だし、記憶に新しいUFCのビッグマッチも階級違いの選手同士だったはず。
キャッチウェイトも無差別試合も好きだけど、階級を跨いだ試合をやるのは日本くらいという論調には違和感。
Posted by あき at 2015年10月28日 20:06
年間4大会は、いいけど、何故、2大会にこだわるのか、理解出来ない。
マスタークラスは、全盛期を、知ってるだけに、複雑な気持ちで観そうw。
Posted by 裸王 at 2015年10月28日 20:18
名前の挙がる選手は古臭い名前ばかりだし、そのレベルでも揃うかどうかは怪しいのだが、こうやってしゃべらせると榊原はさすがに上手いし賢いなと思う。

どこに勝算を置いているのかはわからないが、どんな大会になるか見物だ。
Posted by もす at 2015年10月28日 20:29
UFC「そうか、ならばヴァンダレイは永久に幽閉だ」
Posted by さ at 2015年10月28日 20:42
榊原さんて評価高いけど、RIZINのプランを聞く限りだと随分ギャンブラーだなという印象。

マスターズクラスの創設に関しては賛成だけど、
オリジナルリングの使用とか、1R10分とか選手にとって汎用性に欠けるルールが多いような…
とはいえ、ヒットしてまたPRIDEの時みたいになってほしいね。
Posted by George at 2015年10月28日 20:52
ヒョードルVSホンマンやノゲイラVSサップの例をあげてもスーパーヘビー級ですしねぇ。まぁUFCでも1階級差あってもその階級かキャッチウェイトで試合する選手はいますが。

リングは2日間とも同じにしてほしー。GPもあるのに違う試合場というのはちょっと。もう2ヵ月程だけどできあがってるのかな?でないと選手も準備できないでしょう。

ベラトールは誰が出てくる?チャンピオン出てきたらすごい。UFC経験者のコンゴも見たい。
Posted by オレグ at 2015年10月28日 20:54
>もちろん我々は闘うことを強制する気はありません。しかし選手同士が闘いたいのであれば我々は試合を組みます。もちろん安全面は考慮します

これは白々しすぎるのでは、、
第三者による監視機関も無いのに信じられません
Posted by OCT at 2015年10月28日 20:57
PRIDEはナンバーシリーズは全試合重量級と言うUFCでも出来ない事をやっていただけに、今でも越えられない凄い大会でしたけど、RIZINは残念ながらDREAMの延長じゃないか?と思ってしまいます。
Posted by イチロー at 2015年10月28日 21:05
12月の次が8月って間隔が空き過ぎだろ
日本に格闘技ブームの頃みたいな熱気を取り戻すというなら、継続的に話題を作って大会やらなきゃ話にならん
最低でも3~4月に次回大会やらなきゃ。

4、8、10、12月の4回にでも分けて開催すればいいのに、なぜ2大会セット開催に固執するんだ?
Posted by PrKg at 2015年10月28日 21:18
これまでのコメントを聞く限りでは、正直、榊原さんの言う「安全面」は飾りですよね。
日にちを空けての短期間のトーナメントも、どういう見解で安全だと判断したのか、もう少し詳しく聞きたいなぁ。

というか年4大会って実質2大会じゃないか!笑
Posted by 大 at 2015年10月28日 21:33
ヴァンダレイ=ドーピング問題はずっと付きまとういますね(笑)
Posted by ひで at 2015年10月28日 21:49
2日間の8人トーナメントで勝ち残った選手は最大3試合やるんだよね?
少なくとも選手を大事にする気は全くなさそう。
Posted by GDP at 2015年10月28日 21:57
UFC以外の団体は、みなパッとしないけど
これぐらいの発想して全く違う団体の方がいいと思う。

UFCみたいに塩試合大会なんか、日本地上波じゃ放送事故やしね
Posted by ベン at 2015年10月28日 22:04
バルトとかRENAとかガルシアとか、現状で参戦発表された選手だけでもDREAMとは色が違いますよね。
プロレスラーの参戦とか、ベラトールのヘビー級チャンピオンのミナコフも出るとか噂聞きますし。
Posted by xyz at 2015年10月28日 22:07
>エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. チェ・ホンマンとかアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. ボブ・サップ

このモンスター路線は重い方の選手が選手として素人だから軽い方が勝てた訳で
技術向上とルール整備がされた現代MMAでは時代と逆行してるような気もします。
勿論BJペンやAJみたいに自ら上の階級にチャレンジするのは応援しますが。

あと今の海外選手はケージでのユニファイドルールを前提に練習してるはずですが
リング&PRIDEルールで有力な海外選手が参戦してくれるのかも心配です。
Posted by ni at 2015年10月28日 22:21
大事なのはまずバラさんのやり方に乗ってみること。
期待してます。

MMAが5分3Rじゃなきゃいけない理由はどこにもないし
ルールがどうこう言う人もいるけど
俺は最初ユニファイドがぜんぜん楽しめなかった。
ここ数年でだいぶ慣れ親しんだつもりだったけど
廣田夜叉坊でおどろいたもんよ

グラウンドで下になったら不利というのだけは未だにしっくりこないんだよなあ


Posted by 蚊取り線香 at 2015年10月28日 22:49
古い選手の名前ばかり、、、
これじゃ新しいファン層が形成されそうもないね
Posted by 水野 at 2015年10月28日 23:05
ヴァンタレイがフリーになるにはNSACの制裁を解除したのちしっかり薬物検査を受けて、UFCと契約した試合数をこなす必要がある、ってことなんじゃないのかな。
Posted by uji at 2015年10月28日 23:06
まず榊原氏はロレンゾとダナに、はなまるうどんのお歳暮を送り、『ヴァンダレイの好物を食べさせに日本へ来てもらい、ついでに埼玉に寄り道してもらうけど、多めに見てやって下さい』的なお手紙を書くのがよいんじゃないかな。
Posted by pride.gold at 2015年10月28日 23:33
10分・5分・5分は大賛成。
1R5分~10分の間で仕留められるようにストーリー組めたりするからね。
あと、10分のがお互い疲れて来たりでスキが生まれて、1本・K.Oが生まれやすくなると思う。

ウエイトは、せめて5kgぐらいまでにして欲しい。
サクみたいに15kgぐらい差があるのはやめて欲しい。無茶!
やっぱ、当時それで勝ちまくっていたサクは凄すぎる!
適正体重だったらNo.1だったろうな。
Posted by フライド at 2015年10月28日 23:46
ステロイドしまくりの楽しいパーティになりそうだ!
Posted by リーバイス at 2015年10月29日 00:11
榊原代表へ
ローカルの試合ばかり組んでも意味は感じられません。日本に素晴らしい若手は多数います。その若手の選手達が北米MMAを目標にするのではなく、この大会を目標にできるようになったら未来は明るくなりませんか?
選手は有名になりたい、大金を手にしたいという願望がモチベーションの一つになっていると思います。ところが今の日本では堀口恭二や岡見勇信を知ってる人が何人いますか?今でもKIDや桜庭は道を歩いてる人に聞いても知っていると答えるでしょう。新しいスターが一人誕生するだけで日本の格闘技に対しての考えはプラスになって行くと思います。PRIDEの時の熱をもう一度味わせて下さい。格闘家や格闘技ファンが肩身の狭い思いをする時代は終わりにしてください。
Posted by … at 2015年10月29日 00:29
UFCはRIZINが出来た事によってヴァンダレイだけじゃなくKID、五味、秋山辺りもリリースしなくなりそう。
連敗したら身体を気遣うふりして引退を勧めるんだろうな。
Posted by あ at 2015年10月29日 00:40
トークが上手いだけに相変わらず胡散臭い…

しかしまあ、金と信者を集めるのはさすがに上手いな。
Posted by あ at 2015年10月29日 00:44
日本の格闘技マニアは天邪鬼ばっかだな~。
下記全部ネガティヴアンサーじゃないかw
榊原さんには、俺たち格闘技マニアは無視してもらって、一般層に受ける取り組みを頑張って欲しい。
それが一番の成功の近道だろう。
Posted by BOON at 2015年10月29日 00:46
PRIDEは本格派が一部いただけで基本はお祭り興行だったはず。
PRIDEの一番の魅力は選手の実力でも試合のレベルでもなく、会場が醸し出す空気感だったと思うんだよね。だから特に結果を出してない日本勢の試合でも楽しめてた。
RIZINはどれだけファンの目を曇らせ幻想に酔いしれさせるかがポイントでしょ。
俺は素直に馬鹿になって楽しみたい。本格MMAはUFCだけでお腹いっぱいかな。
Posted by MMMA at 2015年10月29日 01:28
階級を重要視せず、競技化と逆行しバイオレンススポーツを売りにするしかないってのは寂しいもんだ。選手の安全など欠片も考えているようには見えない。金子対ベネットのような仕込みでもするつもりなのかね…
Posted by 摩周 at 2015年10月29日 01:39
というか桜庭は実質常に階級上の相手とやってたようなもんだったよね
Posted by ワイン at 2015年10月29日 07:07
BTTトップのブスタマンチやスペーヒーは1R10分の方が良いと言ってましたからね
Posted by wwe at 2015年10月29日 07:23
>これは個人的な意見ですが最近の選手は体重が数キロ違えば闘おうとしない。2、3キロの差でそういうことを言われては我々は面白い試合が組めなくなります。日本の場合、柔道や相撲は無差別級で行われてきましたし、2、3キロの差を気にするのはおかしいと思います。我々としては考えを変えていきたい。

それはあなた方主催者マッチメーカーの問題で試合する当事者に責任を求めるのはお門違いだよ
Posted by あ at 2015年10月29日 07:41
恐らくフジテレビ側の契約に短期間での2大会開催がある気がする。
フジテレビ的には試合数が多いほうが放送する試合を選べるし
一回の放送で優勝者も決めたいのだろう
トーナメントとワンマッチ数試合だけだと塩った時には厳しいからね

2大会分から良い所だけチョイスできるし最初の大会の日と翌日も編集できる時間があるのはかなり、違う

とりあえず夏休みと年末という日本人が一番休む連休中なら観客と視聴率も期待できるからでしょうね
Posted by ヒカルダォン at 2015年10月29日 08:55
>PRIDEはナンバーシリーズは全試合重量級と言うUFCでも出来ない事をやっていただけに、

異常な出場回数や他競技選手・非適正階級の選手を使うことでね…
そもそも大会自体UFCよりずっと少ないわけだし
Posted by sas at 2015年10月29日 09:33
佐藤大輔&フジテレビ。
もうこれだけで、かなりたのしめます。

あとはマッチメーク。

Tufや無料放送による新規顧客開拓。
また、世界発信のペイパービュー販売の大成功。

十年前にくらべると、mma市場は格段に大きくなり、実質的なファイトマネーも高騰してます。
Ufcが積み上げてきたものは、計り知れません…

が、rizinに期待します。
地道に続け、いつの日か世界最高峰の舞台が帰ってくることを願い、応援し続けます!
Posted by Jpmmalove at 2015年10月29日 11:15
バラさん、ヒョードル対ビッグフット見てないのか忘れたのか…
もろに体重差の影響あったでしょうが!

Posted by 腹減り at 2015年10月29日 12:23
ヒョードルの相手で満足できるのはハリトーノフぐらいだろうな。無理なのかな。
Posted by mm at 2015年10月29日 14:25
>>…さん
それローカルちがう。
ロートルや。
Posted by ワイン at 2015年10月29日 15:29
>ステロイドしまくりの楽しいパーティになりそうだ!
>Posted by リーバイス at 2015年10月29日 00:11

↑某掲示板のようなノリを一般サイトで書くとか本当に呆れる。
ちゃんとやると言っている検査が始まって機能してなかったら言えばいいけど
現時点でのこういう日本の団体への嫌がらせや足を引っ張る目的のコメントは管理人さんの判断で承認しない方がいいんじゃないでしょうか。
Posted by m at 2015年10月29日 15:40
確かハリトーノフはヒョードルのキャンプに練習相手として参加するとの情報を見た記憶があります。
よってヒョードルとの対戦は組めないんじゃないでしょうか。

しかし、榊原さんはコメントの仕方が本当にうまいね。この人が世界の格闘技団体のトップを取っていたのもよく分かる。
とりあえず、BOONさんのいうようにマニアの見当違いの批判や無茶な要望・揚げ足取りは無視して、まずは一般人ウケの運営を中心に視聴率という結果を出すことに集中してほしい。
すべてはそれが上手く行かないと格闘技ファンに配慮することすら出来ないし、未来も何もないですからね。
Posted by m at 2015年10月29日 15:45
久々にフリークスショーが見られそうで楽しみ!
Posted by 8 at 2015年10月29日 17:08
>異常な出場回数や他競技選手・非適正階級の選手を使うことでね…
>そもそも大会自体UFCよりずっと少ないわけだし

UFC選手の年間試合数の少なさにしても、当事者・ファン双方から不満が出ることもあるんだし、UFC方式が全て正しい前提で話を進められてもね。
この記事にしても日本のメジャー興行再興をサポートしようというファンが多い中に、UFC基準で日本興行を断罪する一部ファンがいるから話が噛み合わなくなる。
日本には日本のやり方があるし北米には北米に合ったやり方がある。そこはいい加減分けて考えるべきなのに。
Posted by KC at 2015年10月29日 18:41
BJペンやAJとか一部の天才は階級上でも実力を発揮できるけど、やっぱり無理せずそれぞれの選手が各々の才能を発揮できる階級を作って欲しいと思います。あとベルトの数を増やしてください。タイトルマッチは多い方が、後々に夢が広がりますので。
Posted by Kamisan360 at 2015年10月29日 19:33
ヴァンダレイに関しては検査でごねてるからイメージ悪いですよね(笑)何にも問題なければ普通に検査受けて契約試合を消化すればいいだけの話

ドーピングの話で足を引っ張るなって言ってますけどじゃあ具体的にとんな風に検査するとか話が見えてこないから批判はありますよ。
Posted by ひで at 2015年10月29日 20:14
>>mさん

俺は検査するという言葉をそのまま信じる方が理解できないね。

こういうファンばかりだから日本の格闘技人気は衰退したんだと感じる。

何やっても日本はこれで良い、批判は受け入れない。

いつまでたってもこれじゃ日本MMAの地盤が固まるのは厳しいな。

何やっても奉られるんだから
Posted by リーバイス at 2015年10月29日 21:44
>リーバイスさん
横からですみません。
内容薄い1,2行のお手軽日本叩き
リヂンがナントカっていう冷やかし以下の三流レス
もちろん代案なんて出さない
日本の格闘技が衰退したのは↑のような自称MMAファンのマニアにも原因あるんじゃないですか?
最初の書き込み見るにあなたも例外ではないと思うんですけど。
Posted by あき at 2015年10月29日 23:13
検査やるならどこか公的な機関に依頼してくれないとどうも信用できないよな~。

なんせPRIDEがアレだっただけに。
Posted by あ at 2015年10月29日 23:47
>>あきさん

何か勘違いしてるね

俺は日本MMAを叩いてない。
地道に努力してる団体だってある。

雷神みたいにその場しのぎで視聴率取れれば良い、とにかく一般人の目に止まれば話題になれば良い。
これじゃ長続きしないと考える。

批判的意見は全て反日本と非難する、代案がなければ批判するな。
こんな人間ばかりだから批判もされず同じ路線繰り返し、ブームが起これば去り、また10年立てばブームになり・・

それを繰り返すんだと思う。
Posted by リーバイス at 2015年10月30日 00:58
>リーバイスさん
私の言葉足らずで誤解があったようですが、日本の格闘技全般についてというよりも、例えばPRIDE,DREAMのような国内メジャー、準メジャー団体についての話をしています。
ご指摘の通りRIZINのような視聴率ありきの興行では、PRIDE,DREAMと同じ道を歩んでしまう可能性も考えられます。
しかしUFCに市場を完全に掌握されてる今、まずは手馴れた従来通りのやり方で世間一般の注目を集めていくしかないのも事実だと思うのです。
mさんのコメントと一部重複しますが、運営方針の正誤はある程度興行を重ねてみないと分からない部分も多々ありますし、海外では成功する方法が日本には通用しないなんてこともあるでしょう。

それとこれはリーバイスさん含めRIZINの運営方針に批判的な方々に聞きたいのですが、日本格闘技(メジャー)がUFCのような今後10年、20年続くようなムーブメントを築くにはどうしたらいいとお考えでしょうか?
是非お聞かせ願いたいです。
Posted by あき at 2015年10月30日 02:14
>あきさん

RIZINのようなやり方でしか日本でメジャーなMMA団体が存在し得ないのなら、日本にメジャーなMMA団体はなくてもいいと思います。確かにPRIDEは楽しかった。それは「手馴れた従来通り」のものではなくて、創成期特有の混沌とした醍醐味があって、その時点での最良の選手が数多く集まっていたから。ただ、もう時代は違います。創成期特有の混沌は再生産できるものではないし(だからこそ面白かったわけで)、PRIDE時代から格段に進化した現在のMMA(あえてUFCとは言いません)を楽しんでいる一人として言えば、現時点でRIZINから発表された選手やカード、というか方向性そのものに期待/興奮できないのが今の心境です。
Posted by roots at 2015年10月30日 10:43
亀田やらで受けても一時的なものだし邪法でしかないと個人的には思う。一発屋芸人を見てる気分になる。

ヒョードルvsハリトーノフ、青木vsゲイジーorブルックスorチャンドラーがあれば良かったのに。
パンクラスの方が普通に魅力的に見える。
Posted by 塩 at 2015年10月30日 15:19
日本で開催される格闘技で、議論されること自体が、一格闘技ファンとして、嬉しく思います。
ノれるか、ノれないかは、個人個人の主観によるもので如何ともし難い所だと思いますが、UFCだって眠くなる試合もあるし、競技としてスポーツ化してきているので、かつてのPRIDEとも違う訳ですよね。
年末のRIZINはUFCとは別物として楽しく観戦してみたい、というのが私の主観です。
青木桜庭戦がある29日に仕事で行けないのがとても残念です。
ただ、もっとプロモーションした方が良いと思いますが。
かつての格闘技ファンも恐らく半数以上が認識してないと思います。
Posted by pride.gold at 2015年10月31日 13:42
UFCだけでは埋めきれない、PRIDEが作った穴があります。
その残りを埋めてくれるのがRIZINだと自分は思っています。
変な喩えになりますが、食べ物で言うと甘いものとしょっぱいものみたいな感じで、両方を交互に見ていきたいですね(笑)
Posted by 気高い孤独 at 2015年10月31日 15:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索