2015年10月25日

石原夜叉坊「廣田戦の契約書には延長ラウンドがあると書いてあった」「RIZINからオファーがあった」

ゴング格闘技 2015年12月号
ゴング格闘技 2015年12月号

「まずはアジア各国の女のコを抱きます!」UFC契約をゲットした“欲望の強運ファイター”石原夜叉坊とは?(週プレNEWS)

 石原夜叉坊インタビュー。一部を引用

―それが、あれよあれよと勝ち抜いて。決勝戦は3ラウンド戦い抜いてドローでしたけど、この判定を聞いた時は?

石原 3ラウンド終了時に、僕はドローって読んでました。契約書には「延長4ラウンドまである」って書いてあったんで、「次取る!」と気持ちを入れたんです。

―え? 延長ラウンドありだったんですか。

石原 はい。で、セコンドのノリピー(田中路教)に「これ、延長っすね」って言ったんですけど、ノリピーは把握してなくて「延長はないよ」と。自信満々に言うんで、「もう戦わんでええんや」ってホッとしたんですよ。でも、延長やるみたいな空気になってきて、「オイッ!」ってノリピーを睨(にら)んだんですけど…戦える精神状況ではなかったですね。

―張り詰めていた気持ちが一度切れたら、もうダメ?

石原 この半年間、この会場で戦うためだけに頑張ってやってきたんで。もう戦わんでいいと思った瞬間に、体が熱くなってダラーンとなったんですよ。やっと終わったって。

―でも結局、4ラウンドは行なわれなかったですよね。

石原 UFCのスタッフも把握してなかったのか、インタビュアーが上がってきて廣田のインタビューが始まっちゃったんですよ。たぶん進行上のミスで、慌ててもう終わりにしようとなったんです。だから僕はめっちゃ運がいいんですよ、4ラウンド行くってなったら勝てる気がしなかったから。

 デイナ・ホワイトがツイッターで「延長ラウンドをするべきだった」とコメントしていましたが、実際は契約でもやることになっていたようです。

―ワルだったからこそ、今の夜叉坊さんの姿は誇らしいでしょうね。UFCと契約しましたが、日本では年末に“PRIDEの復活”と言われる『RIZIN』が始まりますが。

石原 地上派でも放送されるみたいだし、頑張ってほしいですね。実は僕も声かけてもらってたんですけど、UFCと契約しちゃったからしょうがない。

―あ、オファーがあったんですか。

石原 『ROAD TO~』決勝戦の前くらいに。めっちゃ悩んだんですけど。まあ、でも僕がUFCにいられるのは短い期間だと思うんで、それまでDJ.taikiとかに日本の格闘技を盛り上げてもらって、僕がUFCクビになって戻ってきたら主役をかっさらいたいですね。

―UFCに対して、随分弱気じゃないですか。

石原 いや、時間の問題でしょ。僕がアスリートにならん限り、たぶん勝てないんで。

―アスリートにはならない?

石原 ならないです。優先順位が違うんで。

―でも、モテの舞台が世界になるかもしれないじゃないですか!

石原 そうなんすけど、結局、日本に住んでるわけだから、世界中の女性が注目してくれても抱きにいけないじゃないですか!

―ハッハッハ!

石原 日本の人たちはUFC知らんから。年末の日本のイベントがTV中継されるなら、そっちのほうが絶対モテるし。とにかく僕は女のコをいっぱい抱えたいんですよ。そして次の世代のヤツらに「夜叉坊、マジでカッコいい、あいつみたいになりたい」って思ってほしいんです。でも、UFC行っちゃうと、そこがなかなか現実的じゃないですよ。やっぱフジテレビに出たら…とか。

―めっちゃ現実的な目線でブレまくりじゃないですか! いや、ブレてないのか(笑)。

石原 日本の格闘技は、大晦日組に任せて、僕はアジアから攻めていきます。UFCには、北米のオファーは要らんと言っているんです。欧米人にはルックスで勝てないんで。その代わり、アジアのオファーは全部くれと。アジアのUFCファイターにはスターがいないんですよ。顔面見ても全員ホンマにブスなんです、服装にも華がなくて。そう考えたら「俺、イケるぞ」と。結果を出して「アジアの夜叉坊」になって、各国の女のコを抱きます。これもモテるための戦略です!

 やはり『ROAD TO UFC: JAPAN』組には声かけてるんですね。しかも決勝戦の前に!

 他にも父親の葬儀での話、高校時代の話など強烈なエピソード満載です。



 出演予定です。

posted by ジーニアス at 21:53| Comment(34) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グダグダだな
Posted by pt at 2015年10月25日 22:12
インタビュー読む限り現実が見えてるから賢いっちゃ賢いですよね。
こういうタイプは意外と勝ち残っちゃうかも。
Posted by ssa at 2015年10月25日 22:34
最初から「日本」の格闘技を盛り上げるって言ってたもんなー
Posted by くれいじー at 2015年10月25日 22:59
インタビューで話している事があまりにもレベルが低すぎて。

RTUのテレビの時はファンになったのに、残念すぎ。
Posted by jyonetsu at 2015年10月25日 23:10
北米のオファーはいらんって...それじゃUFCじゃなくていいじゃん
Posted by ファルカン at 2015年10月25日 23:24
色々思うことはあるがAVパクった話は笑った
Posted by ななな at 2015年10月25日 23:26
この延長4Rのくだりはマジですかね?
マジだったら、ちゃんとしようよって感じですね。
 
夜叉坊の「ライオンの子」がSSAで流れたときはヤバかったですね。
UFCでどうなろうと今後RIZINに出ることになろうと
夜叉坊には盛り上げてほしい。
Posted by HARD ROUNDER at 2015年10月25日 23:27
まぁUFC盛り上げても年1開催がやっとですからね・・・
日本の格闘技がバリバリ盛り上がったらUFCに随時送る形なのが良いんですが
Posted by そうえん at 2015年10月25日 23:29
まじやる気ないね
こんなヤツがUFC行くなら、他の人に行ってほしかったわ
結局全部微妙な疑惑付きの判定だったからね

WOWOWもこんなヤツ呼ばんでほしいわ
Posted by a at 2015年10月25日 23:41
タイ人には気をつけたほうがいい。
とにかく大変なことになるぞ。
Posted by ・ё)南国【の】 at 2015年10月25日 23:59
やしゃぽうは一貫してて好きよ
Posted by あ at 2015年10月26日 00:02
延長あるかないかは公式サイトとかで前もってファンにもわかるようにしとかなきゃダメだろ。

もしかしたらRTU敗戦組の方が試合数やファイトマネーで夜叉坊を上回る可能性あるね、RIZINが来年何回やるかにもよるだろうけど。
Posted by あ at 2015年10月26日 00:05
とかいいつつ、格闘技においてはめっちゃ真面目だったじゃねえか
俺は好きだ、応援してる
Posted by cc at 2015年10月26日 01:35
個人的には廣田には圧勝してたし、ディフェンスも上手いし、カウンターのセンスも有る夜叉坊には期待してたが、出る前からこんな弱気な発言じゃ期待してた俺もテンション下がるよ。まあ応援するけどさ(笑)
Posted by 格闘技ラブ at 2015年10月26日 02:42
延長ラウンドなくても石原の負け!
Posted by が at 2015年10月26日 08:08
このキャラクターで、毎日一生懸命練習してます!、とは言えないでしょ。
Posted by 高taka at 2015年10月26日 08:42
実は夜叉坊の言ってることって結構鋭いんだよね〜。
ジムの設備や日本人が活躍できる場が整ってない日本と北米の差をイヤってほど肌で感じた夜叉坊だからこそ、自分はUFCで長く戦えないってことを言ってるんだと思う。注目度も例えUFCタイトルマッチに辿り着いたところで日本人は誰も関心もたないと思うけど、RIZINなら普通のワンマッチでも地上波にでれるし、みんなの知る人物になれるからUFC蹴ってもRIZINに行きたいという意味だと思う。
でも他の方も言っている通り、それを口に出して言っちゃうとTUF出場のチャンスまで貰ったくせに、もっと良い条件があれば簡単に鞍替えするなんてふざけるなって思われてしまうんだろうね。
Posted by kamisan360 at 2015年10月26日 08:49
実際のところ契約はどうだったんですかね?
試合後に廣田が「え?な?なんで?」と戸惑ってるところに夜叉が笑顔で寄ってきてマイク持って話し始めた場面、これ読んだ後だと印象変わっちゃいますね。
Posted by けす at 2015年10月26日 09:47
まあこんなこと言ってはいますが、夜叉坊は結構やってくれそうな気がします。

アジアの云々というのは、まだ北米の本シリーズに出るには力が足りないって理解してるからではないでしょうか。
実際に本人も渡米して色んなジムで向こうのファイター達と肌を合わせてるんですから、実力不足は痛感してるんでしょう。
Posted by しば at 2015年10月26日 10:07

観ることが本当に楽しみなファイター。

惹きつけるものがあるから、日本でヒーローになってほしい。

本人が言うように、若い連中の希望になってほしい。
Posted by 押忍ペルマ at 2015年10月26日 11:24
どちらかと言うとUFCで外国人からの方がまだモテるのでは?日本人の女性で、あの刺青みて引かずにファンになる女性って…
ま、元々一般人とか普通の女性からモテたいとは思っていないか。刺青に寛容な人達は自分や周りにも入れてるからか、過剰に反応してきて怖い。
実は後悔してます?
Posted by しゅら at 2015年10月26日 12:16
今なお最強のメディアは地上波だと言うことですね。
そういえば何故か夜叉坊がリリースされるって噂流れてたみたいですがUFC側が改めてどっちか一人を選ぶとか、そういう話が持ち上がったんですかね…。
Posted by カネゼニー at 2015年10月26日 12:41
この人、いつもふざけたコメントするけど真面目に練習して勝ち残ってきただけに若いのに凄いよね。
UFCを現実的に判断して、はっきりと勝ち残れないってもう判断してるのも冷静やし。
これから、もっと強くなるんじゃないかな
Posted by ベン at 2015年10月26日 12:44
ちゃんと延長Rしてたら、RIZINと契約できたかもと思うと残念。
UFCなんかじゃ夜叉坊は光らないし、さっさとリリースしてくれと言えないのかな。
五味やKIDと同じで早く日本に戻ってきて日本を盛り上げてほしい選手だわ。
Posted by m at 2015年10月26日 14:41
まさと、KIDから自演乙を経てやっと世間を巻き込む発言ができる若手が出てきたね。
Posted by mosc at 2015年10月26日 17:00
男にはモテると思うよ
Posted by 博明 at 2015年10月26日 17:07
石原「日本の人たちはUFC知らんから。年末の日本のイベントがTV中継されるなら、そっちのほうが絶対モテるし」

ここまで現実が見えててそれでもUFCで頑張るってなったのは何だかんだで自信がある証拠。
やる気がないとか言わずに見守ってあげましょう。
Posted by … at 2015年10月26日 18:13
なんつーか夜叉坊にしても廣田にしてもUFCで勝つ姿が想像つかない…頑張ってるんだとは思うけど。  
         
Posted by ハヤシ at 2015年10月26日 22:31
コメントそのままに受け取っちゃう人もいるから大変だよなぁって
Posted by tt at 2015年10月26日 22:35
夜叉坊はやる気がないわけじゃなく、「つまらない試合をしてでも勝つ」より「負けても盛り上がる試合がしたい」というほうが大きいような気がします。
ジョシュやロイもゆってたけど観客を魅せることがプロの仕事なんだと。ただ、それだけで勝ち続けられるほど甘い世界じゃないことも理解してるからこそこうゆうコメントなんじゃないでしょうか。
まあ完全に日本の興行向きの選手だとは思うので大晦日に見れないのは残念ですが。軽量級だと夜叉坊だけでなく、堀口、ウルカ、田中とか全盛期に負けないぐらいタレント揃いな気がします。
Posted by はち at 2015年10月26日 23:20
格闘家にとって世界のメインであるufcで戦うことは夢の1つであると思うけど、それ以上の目的意識がはっきりし公言している素直さは結構好きです。それにその目的意識が故の特異さで、ufcでリリースされようがRIZINの舞台はいずれ用意されているように思えます。とにかくufcでも日本でも盛り上げてもらえればと思います。
Posted by アレキサンダー at 2015年10月27日 03:41
男なら誰だって女にモテたいし、いい女と遊びたい。
特に体を鍛えてる人なんかは、みんなそれが理由の一つではないだろうか。
でも、誰もそんなこと口に出さないのはそれがカッコ悪い、モテなくなると思うからだろう。
それをあえて口にする夜叉坊は、男にモテるだろうと思う。もちろんここまでの実力があるのだから、女にもモテるだろうけど。
Posted by Jjd at 2015年10月27日 05:27
「世界の美女を食い漁り凱旋、やっぱり日本の女がサイコーや!」
みたいなキャッチコピーで日本に戻ってくればいいんじゃないですかねw
そのためにもRIZINには存続してもらわないと!
Posted by MMMA at 2015年10月27日 10:07
RIZINはまだどうなるかわからないからUFCと契約して正解だよ
UFCよりあっちの方が旨味があるのは今のところ地上波放送だけだが、本当にフジが大晦日に地上波で放送するのかわからないし、やったとしても来年以降放送を継続するのかもわからないしな
UFCの方がリッチになれる可能性があるし、今は北米に全力を注ぐべき
若くて金持ってればモテるぞ
Posted by GO at 2015年10月27日 18:04
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索