2015年10月23日

クロン・グレイシーがRIZINに参戦か

【REAL】2階級で賞金200万トーナメント開催、大みそか地上波放映も(イーファイト)

【REAL03】12月5日大会REAL03が、大晦日でTV中継。素手MMA経験のプロレスラーも参戦(MMAPLANET)
<REALウェルター級選手権試合>
マルキーニョス・ソウザ(ブラジル)
藤井章太(日本)

<スーパーライト級T1回戦>
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル)
上山龍紀(日本)

<スーパーライト級T1回戦>
ピーター・ダベンポート(豪州)
カルロ・ペデルソリ(イタリア)

<スーパーライト級T1回戦>
金子優太(日本)
カレン・ポッター(豪州)

<スーパーライト級T1回戦>
キーラン・ジョブリン(ニュージーランド)
X

<ヘビー級T1回戦>
桜木裕司(日本)
ユン・ガンチョル(韓国)

<ヘビー級トーナメント出場選手>
クリスチャン・コロンボ(デンマーク)
ラドゥ・スピンゲル(米国)
トム・ササキ(ブラジル)
川口雄介(日本)
ジャック・ゴジラ・チェジェンスキー(ポーランド)
他1名

<フェザー級>
飯嶋貴幸(日本)
アムリジリガラ(中国)

 12月5日に横浜文化体育館で開催する『REAL 3』の対戦カード。大晦日にTOKYO MXで放送されます。放送時間は未定。

12・5MMA「REAL3」開催 不参加グレイシー次男は年末「RIZIN」参戦か(東スポWeb)
 一方で、昨年12月の「REAL1」の総合デビュー戦で65秒殺勝利を収めた、ヒクソン・グレイシー(55)の次男クロン・グレイシー(27)は今大会不出場となる。一部では新格闘技イベント「RIZIN」(12月29、31日、さいたまスーパーアリーナ)への出場が噂されているが、REALを運営するファイティンググローブ・山田重孝代表は「いい条件であればそこに出るのはファイターとして当然。彼の選んだ道にとやかく言うつもりはない。来年も引き続きオファーは出します」と話した。

 クロン・グレイシーはRIZINに参戦するようです。

不敗の格闘王 前田光世伝 グレイシー一族に柔術を教えた男
不敗の格闘王 前田光世伝 グレイシー一族に柔術を教えた男 (祥伝社黄金文庫)
posted by ジーニアス at 09:05| Comment(17) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
REALとは何だったのか…
サトシをエースにするのかね
国内で柔術やってる人でもないと興味持てないよ
Posted by なか at 2015年10月23日 09:09
おおおっ!青木さんとやって欲しかった!
桜庭さんにはヘンゾとかでやって、日本×グレイシーという私達おっさん世代に夢を見させて、亀田さんや把瑠都さんでボクシングや相撲の層も取り込んだら視聴率上がると思うんですが笑。怒られるかな、。とにかく今は視聴率とスポンサー。マニアの気持ちも分かるけど、とにかく今回のRIZINの成功は視聴率だと思います。次に繋げないと。日本はUFC路線は今は無理。トップレベルの選手をRIZINに引くには、長いビジョンでやらないと。
Posted by FCR at 2015年10月23日 09:16
クロンは如何にもグレイシーって感じの距離の詰め方をするから何か懐かしさを感じるw
Posted by MMMA at 2015年10月23日 12:09
桜庭VSクロンの方がPRIDEっぽかったな
Posted by ジョルジュコーラ at 2015年10月23日 12:16
皆さんが言うとおり、クロンは桜庭か青木との試合が見たかった。グレイシー側が断りそうだけど。

RIZINとREALは協力関係無かったのかぁ。
REALは結構海外選手呼びますね。
特に調べたわけでないけど、在日じゃない外人選手を数多く呼ぶのはいいと思います。無名で実力も伴ってるかわからないの呼んでもしょーがない、という見方もあるでしょうが、今RIZIN以外はほぼ軽量級日本人主体ですしね。REALで結果残した外人選手は、他の団体にも呼ばれるようになり、新たなスターになるかも。
そうなると結局REALがしりすぼみになっちゃうか。
Posted by オレグ at 2015年10月23日 12:40
個人的な榊原とRizinへの感情は抜きに考えてクロン参戦は良いと思います。
でも、今後成功するには競技路線じゃなくプロレス路線しかないと思います。ボクシングで海外のスター選手メインで日本で成功するのが無理なように、UFCも日本格闘技界からは手の届かない存在になった。ぶっちゃけ日本地上波でゴロフキンやクリチコの試合放送しても日本人絡めないと視聴率とれないっしょ。日本人と外国人では格闘技への感心違う。
Posted by ローラ at 2015年10月23日 12:54
青木対クロンがいいなー。
桜庭は、同じ年代のれじぇんどグレイシーとしてほしい。
Posted by うり at 2015年10月23日 16:48
>ローラさん
全体的には同意だけど、「日本人と外国人では格闘技への感心が違う」というのはどうなのかな。
日本の一般人と海外の一般人。 日本の格闘技ファンと海外の格闘技ファン。 というふうに分ければ正直大差ないと思いますよ。

とりあえず、地上波で放送する場合、競技路線とエンタメ路線のようなふたつを上手く合わせたやり方がベストだから、
今のところ、RIZINは良い選手で呼べる選手はしっかり呼んでるし、エンタメとのバランスも良いからすべては上手く運んでると思う。

>ジョルジュコーラさん >オレグさん
RIZINはクロン・グレイシーに桜庭戦をオファーしたそうです。
けど、クロンが断ったので実現できず、桜庭の相手は青木になったとのことです。
Posted by m at 2015年10月23日 16:56
世IV虎参戦しないかな
vsRENAでもvsガルシアでもいい
Posted by にご at 2015年10月23日 17:22
にご さんの案に賛成!

>世IV虎参戦しないかな
>vsRENAでもvsガルシア

どうせ色物路線ならば
それならトコトン派手に、
バラエティ性の高くし、

ある意味で、大晦日が
今年は凄く楽しみかも!
Posted by 松戸SPECTER at 2015年10月23日 19:11
>mさん
情報ありがとうございます。
これで本当に参戦となれば、経験積ませたいとかいう理由で、勝てそうな相手を選びそう。
今の桜庭相手でも、いい試合になりそうな気が。
Posted by オレグ at 2015年10月23日 19:59
≫mさんありがとうございますm(__)m

Pride1でヒクソンと高田が闘ったように、RIZINの1回目の大会でやるにもってこいのテーマだと思ったのですが、そういう理由でしたか

話は変わりますがRIZINのロゴマークはZのところが雷になると勝手に予想
Posted by ジョルジュコーラ at 2015年10月23日 21:49
>オレグさん >ジョルジュコーラさん
いえいえ。日本側からしたら意味のあるカードですけど、クロン側からしたら46歳になった桜庭選手とやってもおいしくないよ…、という感じなのでしょうかね。
RIZINのロゴはそろそろ発表になるみたいで楽しみです。
ロゴ候補の大量の見本では確かにZが雷になっている画像も多かったですね。
Posted by m at 2015年10月23日 23:42
プロレス路線はすでにIGFが先にやってますよ?
しかも従来のエンタメプロレスとは区別する
独自のゲノムルールを作って
しかもMMAルール(IGFルール)の試合も真面目にやってる

イロモノ路線(ウケ狙い)のRIZINに惑わされることなく
IGFは地道に日本の格闘技を維持し続けます
Posted by ゲノム at 2015年10月24日 11:23
他の方がおっしゃてたように、桜庭vs.クロンの方昔が実現できなかったヒクソンvs.桜庭のストーリー性もあるし、青木vs.桜庭よりよっぽど面白いマッチメイクだった。もしくは、クロンにグラップリングで敗退している青木vs.クロンの再戦でもよかった。青木が勝てば新グレイシー・ハンター、クロンが勝てば新最強グレイシーと面白みが非常にある。とにかく、青木vs.桜庭は青木勝つ以外に考えられないし、誰も興味が持てない。マッチメイクにセンスがないよ。
Posted by Kamisan360 at 2015年10月24日 12:00
カードも出場選手も出揃ってない、始まってもいない興行をイロモノ路線と断言できるって凄いね。イロモノどころか最近はこれに「地味」がくっついてるIGFとか本当どうしようもないよ。

あとクロンvs青木は将来的に見据えてると思いますよ。ここの運営はヒョードルvsミルコを延ばしに延ばした過去もあるので。来年に期待しましょう。
Posted by なか at 2015年10月24日 16:36
>ゲノム さん

まだ発足したばかりの新団体ですよ
選手発掘・確保も大変だと思う
初期IGFも八百長相撲で解雇された鈴川(まわしに模した際どい試合用タイツでミルコと試合)や、澤田(自称 売名王)もMMA戦に参戦してますよね?

>なか さん
ミルコvsヒョードルの度重なる延期は運営の問題ではなく、ヒョードル陣営(ヒョードルの怪我等)の問題だったはず
榊原氏もミルコ陣営の苛つきに汗ってましたからねw
ミルコを宥める為に暫定王者決定戦組んでますし
Posted by wwe at 2015年10月24日 18:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索