2015年10月17日

エメリヤーエンコ・ヒョードル「榊原さんの提案がなければ復帰はなかった」/最新トレーニング動画

“最強”ヒョードルが語る復帰の理由 大晦日「RIZIN」独占インタビュー(スポーツナビ)
 カムバックを決意した一番大きな理由は、PRIDEを手がけた榊原(信行)さんのチームが再び戻ってくることが大変魅力的だったからです。実は榊原さんが今年の春に私のところへやってきて、新しいショーを作り、新しい歴史を刻もうという提案があったんです。PRIDEの次の新たなページ、新しい歴史に参加する可能性を投げ掛けられました。その提案をしばらく考えたのですが、新しいスターと才能を発掘する素晴らしいプロジェクトだと思ったので、是非やりたいと決意したのです。

 他にもいろいろ語っています。



 エメリヤーエンコ・ヒョードル最新トレーニング動画。

Fedor: The Fighting System of the World's Undisputed King of MMA
Fedor: The Fighting System of the World's Undisputed King of MMA
posted by ジーニアス at 01:07| Comment(23) | TrackBack(0) | RIZIN | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ということは他団体の参戦はないということ?
Posted by AAA at 2015年10月17日 01:14
日本で数試合やって勝ち勘を取り戻した後にUFCへ行ってもらいたい
Posted by ふぁいと at 2015年10月17日 03:33
UFCとも交渉はしてたんじゃないの
Posted by ぃね at 2015年10月17日 04:52
残念ながら初めからUFCで復帰するつもりはなかったような気がする・・。
やはり現在の最高峰レベルとは差があるというのを本人が一番判ってるのかも?
Posted by ユーシン at 2015年10月17日 07:57
後進の活躍する場を作ることが目的なのですね。
これではUFCへの参戦はなさそうですね。
残念です。

自身の最強を証明するためとか、
強い相手と戦うためとか、
金を稼ぐためとか
が目的であれば最終的にUFC参戦が期待できたのですが。
Posted by SK at 2015年10月17日 08:55
ヒョードルのUFCでの試合も見たいけど、RIZINで次の柱が育ってから引退して欲しい気持ちもある。
Posted by にまめ at 2015年10月17日 09:08
ヒョードルが榊原さんがやる事なら、と腰を上げたのを見ると、
プライドのバックはブラックだったが、榊原さんら運営者と選手たちとのやり取りはクリーンだった事がわかる。
榊原さんが動くとプライドのあの熱が戻って来る気がする。
大きく期待!!!
Posted by mr_st at 2015年10月17日 09:53
やれんのか のときもそうだったけど、ヒョードルだけは日本のMMAを見捨てず、こうやってここにいてくれるよね。世界最強になることは10年前に達成してるし、当の本人の気持ちは世界最強を目指そうなんて段階とっくに超越してるでしょ。あのヒョードルが、日本のMMAの復興と後進の育成をって思って、今立ち上がってくれるなんて、素晴らしすぎる。
Posted by ぼかえう at 2015年10月17日 10:11
このインタビューから察するに、UFCに行く事は最初から無かったように感じますね。
それでも日本の格闘技のためにもう一度戦う決意をしてくれた事はとても嬉しいですね。
とにかくあのヒョードルが戦う姿をこの日本で見る事ができるのは凄いことだと思う。
それだけで満足。
Posted by Rampage at 2015年10月17日 10:27
猪木祭りに出たりボードックに出たり、戦国もドリームも出ず北米行ったりしてるから、日本の格闘技どうこうはあまり関係ないと思う。
本人なりに北米トップレベルの壁を感じてるとこもあるだろうし、妥当な判断かもしれないけど。
Posted by もす at 2015年10月17日 12:38
うれしいこと言ってくれますね
アメリカ的なUFCの一極支配に反感もあるだろうし
Posted by 立ち食い at 2015年10月17日 12:59
ロシアでは大統領とも親交が有り政府の仕事をしている彼にとって、いろいろな縛りが有るUFCのファイターは魅力的ではないのかもしれませんね。
ファンにとっては残念ですが、すでに彼はファイターとして再び世界トップになることは考えてなく日本のMMAの繁栄に貢献することを選んだのかもしれません。
Posted by シウバ at 2015年10月17日 13:02
ヒョードルには政府のお仕事もあるしお金に困ってる様子もない。最強も過去に証明しちゃったからなぁ。。
国内のキック団体に後進の派遣を約束してるし、今後はそっち方面で恩返しを、というヒョードルの言葉に嘘はないと思う。
いわば復帰はおまけというか。そう考えればヒョードルがどこで誰と試合しようが寛容になれるんじゃないかと。
あとヒョードルの日本愛はやれんのか以外だと11年の大晦日も有名ですね。
破格ギャラでおいしくない石井戦を受けてくれたヒョードルには当時感謝の言葉しかなかった。
Posted by 川田 at 2015年10月17日 13:51
ぶっちゃけUFCのヘビー級なんてたかがしれてるでしょ!みんなが言うほどヘビー級のレベルは高くないよ
Posted by あ at 2015年10月17日 14:01
ヒョードルは07年以来,4年に1度日本の為に帰ってきてくれてる。free as a birdが頭の中を流れる。
Posted by カネゼニー at 2015年10月17日 15:10
ヒョードルはPRIDE在りし時代は間違いなく世界一だったから今更アメリカがなんと言おうとそこは変えられないし、この歳になって今更また証明するほどの事でもないからね。
アメリカ嫌いな面もあるみたいだし、無理する必要はない。
それにヒョードルがRIZINにいれば、UFCファイターや世界中の未知の強豪は向こうから日本にやってきてくれるので、年間数戦なら無理にUFCに行く必要ない。
むしろ、日本でずっと戦ってほしいし、RIZINも2試合後に上手く契約更新してほしいな。
日本にロシアの良い選手を送ってくれるっていうのも嬉しいね!
Posted by m at 2015年10月17日 15:58
ヒョードルはそういう人間だよな。ソネンのような小さな小さな器じゃないなヒョードルわ。兎に角ロシアからヒョードルを超える新しい選手の誕生を待ってるぜい。あと分からないが何年かしたらライジンとUFCの立場が逆転したりしてな。
Posted by あ at 2015年10月17日 18:24
元々挑戦する気がなかったってことか。
ファブにリベンジしたいも嘘。と。
誰の踏み台になるのか楽しみだけど、勝てる相手としかやらないだろうなぁ。
なにせ連敗した末に階級下のロートルとやったくらいだもん。階級下の素人の女子には勝てるかも。
Posted by あ at 2015年10月17日 19:27
見た目は三枚目でも発言は二枚目
Posted by f at 2015年10月17日 21:07
今のヒョードルがいるぐらいでUFCからわざわざ選手がよくわからない新興団体に来る訳ないだろ…

それにソネンみたいな事言う奴がいるように、ヒョードルを見る目は日本と北米とじゃ違う。
Posted by あ at 2015年10月18日 00:22


がいすぎて誰が誰だかわからん
Posted by R at 2015年10月18日 01:35
明らさまなヒョードル陣営のリップサービス(ファブにリベンジしたいetc)を真に受ける方もどうかしてる。
情報鵜呑みにしてハードル上げたのは自分なのに予想はずれたからって選手に八つ当たりはみっともない。
Posted by う at 2015年10月18日 01:55
くだらねえ!日本の団体は邪魔でしかない
アルロフ見習えよ!
くそだなあ!
ハリトーノフufc行け!
Posted by むんきっ! at 2015年10月18日 19:50
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索