2015年10月01日

ニック・ディアス「UFCの顧問弁護団が協力してくれることになった」

UFC 183 ニック・ディアスに5年間の出場停止&16万5000ドルの罰金処分(2015年09月15日)

 こちらの続報。



 ニック・ディアスがツイッターで「UFCからキャンベル&ウィリアムス法律事務所の弁護団を紹介された。彼らがネバダ州アスレチックコミッションの件で協力してくれることになった」とコメント。

Nevada Governor's office won't 'second guess' the NAC's five-year ban of Nick Diaz(MMAFighting)

 また、MMAFightingのアリエル・ヘルワニ記者がネバダ州のブライアン・サンドバル知事にニック・ディアスの処分についてどう思うか尋ねようとしたところ、知事は秘書を通じて「選手のライセンスに関する司法権があるのはネバダ州アスレチックコミッションのみであり、この件について何か言える立場ではない」とコメントしています。

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
posted by ジーニアス at 16:06| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんだけ迷惑かけといて困ったら泣きつくんかい。
Posted by truth at 2015年10月01日 20:06
迷惑だけでなくUFCに莫大な利益をもたらす存在でもあるからね。
Posted by ロック at 2015年10月02日 11:27
5年は長いだろうけど、UFCのニックへの対応は激甘だよね。
コミッションとUFCを足して2で割った用な対応をしてくれないかね…。
Posted by MMMA at 2015年10月02日 18:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索