2015年10月01日

ジョン・ジョーンズとUFCが執行猶予1年6ヶ月の判決について声明を発表

ジョン・ジョーンズ当て逃げ裁判の判決は執行猶予1年6ヶ月(2015年09月30日)

 こちらの続報。

Jon Jones releases statement: ‘I am truly sorry, and I accept full responsibility’(MMAJunkie.com)

 ジョン・ジョーンズが以下の声明を発表。

「本日、法廷においてこのような判決が出てとても嬉しいです。私の行動は多くの人たちに痛みと迷惑をかけました。本当に申し訳ないと思ってますし、全ての責任は私にあります。私はこの間に人として成長して、このようなことを二度と起こさないために今は自分のスポーツから離れて一生懸命頑張っています。今回の件で多くのことを学びましたし善人として戻って来る決意です。この事件で影響を受けた人たちに謝罪しますし、世間の皆さん、家族、友人、応援してくれている人たちに名誉を挽回する機会が与えられたことに期待しています。今後についてはまだ分かりませんが、人生のあらゆる面で精力的かつ成功するために頑張り続けるつもりです」


UFC Statement on Jon Jones(UFC.com)

 また、UFCは判決が出たことを受けて法律事務所と相談してジョン・ジョーンズの復帰時期を決めたいとの声明を発表しています。
posted by ジーニアス at 09:14| Comment(6) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういや三崎も執行猶予3年だったけどすぐ戦極でカズと試合してましたね。
Posted by けす at 2015年10月01日 09:19
ディアスもこう言ったらいいんだよ。
たとえ心で思ってなくても。
Posted by truth at 2015年10月01日 10:07
当て逃げにほかの暴行にコカインでよくもまぁ・・・
Posted by そうえん at 2015年10月01日 10:14
JJが復帰したら、即タイトルマッチでしょうから、
それまでコーミエには、グスタフソン含めて3戦くらいタイトル防衛してもらいたいですね。

Posted by しば at 2015年10月01日 11:06
本人の意志があればすぐ復帰させてよいでしょう。
大した問題じゃない。
Posted by お at 2015年10月01日 11:56
復帰することに何も文句はないが

練習しっかりしてんのか?

いくらかつての最強とは言え、厳しいだろ
Posted by リーバイス at 2015年10月01日 14:12
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索