2015年09月28日

『UFC JAPAN 2015』試合後会見動画/石原夜叉坊「モテる試合できてましたか?」

UFC「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015」(スポーツナビ)

【UFC JAPAN 2015】全試合結果(イーファイト)

ジョシュ・堀口・水垣が完勝。K太郎逆転勝ち。廣田×石原はドロー:9.27 埼玉(バウトレビュー)

 改めて試合結果。



 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』ジョシュ・バーネット試合後のマイクパフォーマンス動画。



 『UFC Fight Night 75: Barnett vs. Nelson』試合後会見動画。同時通訳の声も聴き取れます。ユライア・ホールは足を引きずっていたものの骨折はしてないとのこと。

【UFN75】堀口、水垣、夜叉坊 & K太郎の会見での談話(MMAPLANET)
石原夜叉坊
「どんな戦いでしたか? モテる戦いができていました? 試合を見れていないので。今後はフェザー級で戦い続けます。バンタム級は、しんどいので。体を大きくしてフェザー級で戦っていきます」

 石原は元の階級であるバンタム級ではなくフェザー級でやっていく意向。

日本開催UFCで日本人は4勝3敗!(THE PAGE)
 メインのバーネットvsネルソンよりも、PRIDEなどで活躍していたケガール・ムサシが、代役出場となったユライア・ホールの後ろ回し蹴りと、跳び膝蹴りでKOされるというアップセットの起きたバウトが面白かったが、大会終了後、バーネットは「イベントとしては成功したと思う。UFCは今後も日本の格闘技に影響を与えるだろう」とコメントした。知名度の高い山本KID徳郁の試合が怪我が流れたにもかかわらず、動員に大きな影響はでず、UFC国際戦略部のジョー・カー、シニアバイスプレジデントは、「日本は、アジアの中で一番のマーケット。来年も計画を立てて、ここに戻ってきたい」と、来年も「UFC」の日本開催を引き続き行うことを宣言した。

 軽量級のスピードとテクニック、重量級の格闘技の迫力を、エンターテイメントとしてうまくミックスさせながら競技性を高めて進化を遂げていくUFC。だが、日本の格闘技最盛期のころに比べると、早朝から1万人が集まったとはいえ、熱狂とまではいかず、メディアの数もずいぶんと少なかった。年末に向けて新格闘イベントなどが計画されているらしいが、女子を取り込み、V字回復を果たしているプロレス界に比べると、まだまだ冬の時代を脱していない。

 格闘界のメジャーリーグ「UFC」に日本人のスターが誕生して、逆輸入されてくれば、それが起爆剤になるかもしれないが、そのためには、まずはハードルが高いUFCの日本人チャンピオンの誕生が待たれる。

 ジョー・カー国際戦略事業統括本部長は来年もやりたいとコメントしてますが、明言したわけではありません。

 「早朝から1万人が集まったとはいえ、熱狂とまではいかず」とありますが、確かに会場がドッと沸いた場面は例年に比べると少なかったです。観衆については過去最低で昨年同様天井低いバージョンでしたが、今回は400レベル(2階席)の前の方を自由席として開放したので昨年より明らかに少ないという印象は無かったです。

モテ理論 (PHP文庫)
モテ理論 (PHP文庫)
posted by ジーニアス at 07:08| Comment(4) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョシュかっこよすぎるよ。なんて紳士なんだ。

ただ日本語が恋人へ語りかけるみたいで日本に女でもいるのかなと勘ぐってしまいました笑
留学生でも日本語できる男はけっこう恋人が日本人だったりするから。
Posted by 犬ロック at 2015年09月28日 09:33
ジョシュの恋人はコリン シュナイダーですね。
Posted by あ at 2015年09月28日 11:34
会見最後のジョシュが持っているパネルは誰ですか??
Posted by むぅ at 2015年09月28日 18:20
石原選手は、フェザーでやっていくんですか。
私はバンタムで見たかったんですが、チームメイトの田中選手との兼ね合いもあるんですかね。
Posted by うどんスキー at 2015年09月29日 00:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索