2015年09月24日

フォーブス制定『世界アスリート長者番付2015』にUFCファイターはトップ100に入らず

Forbes World's Highest-Paid Athletes list features zero UFC fighters(BloodyElbow)

The World's Highest-Paid Athletes(Forbes)

 フォーブス制定『世界アスリート長者番付2015』トップ10は以下の通り。

1位 フロイド・メイウェザーJr.(ボクシング)3億ドル
2位 マニー・パッキャオ(ボクシング)1億6000万ドル
3位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)7960万ドル
4位 リオネル・メッシ(サッカー)7380万ドル
5位 ロジャー・フェデラー(テニス)6700万ドル
6位 レブロン・ジェームズ(バスケットボール)6480万ドル
7位 ケビン・デュラント(バスケットボール)5420万ドル
8位 フィル・ミケルソン(ゴルフ)5080万ドル
9位 タイガー・ウッズ(ゴルフ)5060万ドル
10位 コービー・ブライアント(バスケットボール)4950万ドル

 実際はトップ100まで発表されていますが、UFCファイターはランクインしていませんでした。100位の選手は1880万ドルです。女子選手は26位のマリア・シャラポワ(2970万ドル)と47位のセリーナ・ウィリアムズ(2460万ドル)しかランクインしていません。日本人は58位に田中将大(2300万ドル)、92位に錦織圭(1950万ドル)がランクインしています。

フォーブス制定『世界女子アスリート長者番付2015』でロンダ・ラウジーが8位にランクイン(2015年08月13日)

 先月紹介した『世界女子アスリート長者番付2015』ではロンダ・ラウジーが650万ドルで8位でした。ロンダは最近「現在UFCで一番稼いでいるのは私よ」とコメントしています。

The Money 7つの原則 〜私たちは幸せなお金持ちになるために生まれてきた〜
The Money 7つの原則 〜私たちは幸せなお金持ちになるために生まれてきた〜
posted by ジーニアス at 10:43| Comment(13) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
100位の選手でも20億円

そりゃ入らんわ
Posted by リーバイス at 2015年09月24日 10:49
会社にピンハネされ過ぎ
ファイターよりデイナのほうが億万長者なんじゃないの?
Posted by GO at 2015年09月24日 11:34
トップ10と空目してまぁ仕方ないかーなんて思ったけどトップ100圏内にすら入らないなんて...
リーボックのスポンサー制度でベテラン&中堅以下選手も軒並み貧乏生活強いられてるし色々と夢がないなあ
てかWハゲ搾取しすぎやろ!
Posted by tk at 2015年09月24日 12:44
ボクサーだってメイとパッキャオ以外はコット、カネロ、クリチコぐらいしか100位内には入らないですよね?
格闘技は本当負担かかるのに稼げないですねぇ。
Posted by ssa at 2015年09月24日 13:50
昔GSPが1500万ドル稼いだとラジオかなんかで言ってたと思いますが、それでも100位圏内に入らないんですね。。

しかもこのGSPの収入の大半はスポンサー契約によるものだったそうですし、リーボックの件で選手個人のスポンサー集めにくくなった今ではさらに厳しくなりそうですね。

Posted by SK at 2015年09月24日 15:14
うーん…MMAファンからするとやや悲しい。
プロスポーツは稼いでなんぼだしね。
Posted by アンドジャスティスフォーオール at 2015年09月24日 17:08
UFCってアメリカで大人気なんじゃないの?
今やFOXでも流れ、PPVもトータル売上ではボクシングを越えているんでしょ?
それでもTOP100に誰一人入らないんだから、如何に選手側に還元されていないかがよく分かる。
Posted by あ at 2015年09月24日 17:43
UFCと選手が、ボクシングのトップどころのようなPPV報酬や選手に格段に都合の良い契約できればランキングに入る選手はちゃんと出てくるんでしょうけれどね。
GOさんもいうように選手にお金を多く渡さなくていいから今のUFC自体はボロ儲けだろうな
Posted by mo at 2015年09月24日 18:17
チームによる争奪戦やFAでの年棒高騰などがないのに、テニスはやっぱり凄いな。
フェデラーなんて10年以上、トップ10入りし続けてるんじゃないか。
そのテニス界の中で世界5位圏内の錦織は本当に凄い。

GSPだラウジーだと言っても、田中や錦織より稼げている訳ではないんだな。
日本人アスリートが年20億円以上稼ぐなんて以前は想像もしなかった事。

UFCは選手一人の試合数が少ないので、総額だとそんなに行かないだろう。
でも一晩で2億3億稼げるというのは充分ロマンのある話だ。
Posted by もす at 2015年09月24日 22:52
クリックすれば誰が100位以内に入ってるかわかるのにそれもしないで適当にコメントするのはやめましょうよ。

ボクシングでは、メイ、パッキャオ、クリチコの3人だけですよ。彼らの実績/活躍した年数を考えると、ボクシングと比較して現在のUFCの選手が100位以内に入るに足ると考えるのはいくらか無理があると思いますが。
Posted by roots at 2015年09月25日 02:47
メイウェザーにスポンサー収入が驚き(これまではなかった)。テニス選手は収入の大半がスポンサーからのそれで、フェデラーで言えばサラリー/勝利による賞金が9ミリオンなのに対して、スポンサーからが58ミリオン。パトロンが興味を持つような競技だとそういう図式になる。
Posted by bss at 2015年09月25日 18:02
PPV数やストリーミング配信の売れ行きが公開してるとおりならここに何人か入っているべきなんですけどね・・・

なんだかなぁ
Posted by そうえん at 2015年09月25日 21:29
ピンハネされすぎって言ってる人がいるけどマクレガーやラウジーがあれだけ稼げてるのはズッファのプロモーションのおかげでしょ
本当に人気があってズッファのプロモーションがなくてもPPVが売れるなら他団体への移籍をチラつかせてマネーゲームをして大型契約をすることも可能なわけだしね
選手単独でPPV売れるなら自主興行でも何でもやればいい
Posted by アルドー at 2015年09月25日 22:27
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索