2007年05月23日

亀田興毅が金本アニキに“弟子入り”志願



興毅、金本アニキに“弟子入り”志願(スポーツ報知)
 年内2階級制覇を狙うプロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅(20)=協栄=が21日、故郷凱旋試合(23日)に向けて大阪入りし、プロ野球・阪神の鉄人、金本知憲外野手(39)へ、“弟子入り”を志願した。

 下位低迷のダメ虎に直接ゲキを飛ばす決意だったが、阪神は22日から福岡でソフトバンクとの交流戦で不在。話題は20歳代の血液年齢を持つアニキに移り「おれも自己流でやってるけど、ホンマすごいわ」と驚嘆。25歳までに日本人初の3階級制覇を目指す興毅は「長くトップやろ。その秘けつを教わりたいで。会って話を聞きたいわ」と熱望した。(以下略)

 えー、プロレスファンは一瞬新日本の金本のことかと勘違いしたことでしょう。かく言う自分がそうでした(笑)。まぁ亀田は金本浩二のことなんて知らねーか。

阪神金本、亀田の弟子入り志願にビックリ(日刊スポーツ大阪)
 阪神金本は21日、遠征先の博多で驚きを隠さなかった。突然の弟子入り志願に「何とも言えんなあ。3兄弟の何番目? 関心を持ってくれるのはうれしいこと。聞きたいことがあれば、答えてあげたい。代わりにメンチの切り方、教えてもらおうか」。

 試合と重なり、亀田の試合をリアルタイムで観戦したことはないという。だが生粋の格闘技好きでもあり、世界王者からのオファーに心が弾んできた。それだけに、いい加減な気持ちでは対面できないという責任感もある。「何を聞きたいのかな。世界が違うから、おれの考え方が正しいかどうかは分からない。同じ世界(野球界)でも絶対に正しいとは言い切れないしな」と真剣に考え込んだ。

 阪神金本が「3兄弟の何番目?」と訊くとは意外。しかも12月に試合したこともあるんだからリアルタイムで観戦する機会もあったのに。自分の知名度に自信持ってる亀田は少なからずショックでしょう(笑)。

亀田興毅、久々23秒のメンチ切り!=ボクシング 大阪凱旋試合、前日計量(スポーツナビ)

 「あぁ、明日試合なんだ」って感じ。今回もチケットの販売は芳しくないらしいし、注目度は試合の度に下がる一方。視聴率は17%ぐらいと予想。

「高校6冠」大迫が協栄ジムに移籍(スポーツナビ)

 ああ、なんか「長いものに巻かれろ」的な臭いを感じる・・・。

人気blogランキング
posted by ジーニアス at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索