2015年09月13日

ヴァンダレイ・シウバが永久追放問題をネバダ州最高裁判所に上告

ネバダ州地方裁判所がヴァンダレイ・シウバの主張を認め永久追放見直しへ(2015年05月19日)

 こちらの続報。

Wanderlei Silva initiates Nevada Supreme Court appeal(MMAJunkie.com)

 ヴァンダレイ・シウバがネバダ州アスレチックコミッション(NSAC)から永久追放処分を受けたことを不服としネバダ州最高裁判所に上告したとのこと。連邦地方裁判所での裁判では永久追放が適切な処分でなかったことは認められましたが、NSACは今も永久追放を取り下げていません。また、当時ヴァンダレイはネバダ州のファイトライセンスを取得してなかったことからNSACに処分を下す権利はなかったという主張は退けられていました。

猫弁と魔女裁判 (講談社文庫)
猫弁と魔女裁判 (講談社文庫)
posted by ジーニアス at 20:11| Comment(3) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大晦日に出たいんやろうなー。
けど、薬漬けで日本に来るのだけはやめてくれ。
(仮にOK間に合えば、vs桜庭がオファーされそうな予感…)
Posted by a at 2015年09月13日 20:42
今クリーンなら、早く解決して日本に来てまた盛り上げてほしいな。
Posted by mos at 2015年09月13日 23:44
ネバダの永久追放が解除されても、UFCとの契約が残ってる限りは日本で試合はできないんでは?
Posted by uji at 2015年09月14日 18:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索