2007年05月21日

IGFは髪の毛にいいことが判明&中村祥之氏がサイモン猪木氏と会談~本日のIGF情報

髪の悩みがみるみる解決する100のコツ―抜け毛・薄毛・白髪

唐辛子と大豆で育毛効果 名古屋市立大教授ら実証(東京新聞)
 唐辛子に含まれる成分「カプサイシン」と大豆に含まれる「イソフラボン」を同時に摂取すると育毛に大きな効果があることを、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明講師らのグループが実証し、米科学誌に近く論文が掲載される。岡嶋教授は「1日に、小さじ2杯の唐辛子と半丁の豆腐を食べると効果が出る」としている。

 髪の毛のもととなる毛母細胞は、ペプチド「IGF-1」によって分裂・増殖が盛んになる。岡嶋教授らは、カプサイシンとイソフラボンが、毛根の中のIGF-1を増加させる働きを持つことを、マウスを使った実験で突き止めた。

 実際に薄毛や円形脱毛症の人31人に5カ月間、1日カプサイシン6ミリグラム、イソフラボン75ミリグラムを摂取してもらったところ、20人に育毛効果が認められた。実験とは別に12歳の重症円形脱毛症の少年が摂取すると、はっきりと効果が表れた。

 岡嶋教授は「思春期はIGF-1の値が、人生の中で高い時期なので、大きな効果が期待できる。一方で、悩みも深いので、相談してほしい」と話している。

 うーむ、なるほど。髪の毛でお悩みの方は冷や奴の薬味は唐辛子にするといいかもしれません。

 思春期はIGF-1の値が高い!? プロレスファンのみなさん、6月29日は青春を取り戻すために両国に行きましょう(笑)。

 ・・・ここからは割と真面目に(;・∀・)。

アメリカ2 by 中村祥之(BLOG@ZERO1-MAX)
とにかく多忙な遠征だった。元新日本プロレス社長サイモン氏とも会って色々な話をした。今のところLA道場運営を主にして噂されてたIGFとの関連は否定してました。
LA道場、2001年ZERO-ONEを旗揚げした時、2004年ZERO1-MAXとして活動を継続した時。この時にあった「ハングリー精神」だけがありました。
我々がLA道場に行くという噂を聞きつけ、全米・メキシコからたくさんのレスラーが集まっていました。プロレスを楽しんでいるアメリカのファン、相手の選手だけでなく客とも戦っているレスラー。日本とは何もかもが違う、最近はなかなかアメリカへ行けないのでいい意味で昔を思い出しました。

(中略)

男子も女子もまだまだ未知の強豪はたくさんいます。
またトーニャ・ハーディングのマネジャーにオファーして来ました。

 ほほう、中村氏とサイモン氏が会談ですか。IGFの関連を否定って、そんなの信じている人なんてゼロでしょう(苦笑)。これでZERO1-MAXがIGFに何らかの協力をすることがハッキリしたかな。ロス道場との対抗戦も計画しているみたいだし。佐藤耕平の件も話は付いていると考えていいでしょう。

 それにしてもトーニャ・ハーディングですか(笑)。全女の松永会長が呼ぼうとしてたのが懐かしい。

今じゃとんでもなくデブですけど・・・/人気blogランキング

【その他気になったニュース】
全日本21年ぶり海外!台湾を最有力候補に(日刊スポーツ)
 早ければ今秋だそうで。

風香ショック! 「格闘美」7月16日興行で活動休止(スポーツナビ)
 まぁ仕方ないですね・・・。

5/20(日) 16:00 福岡・アクロス福岡 試合結果(新日本プロレス)
 真壁が永田さんを!

【書籍 / ビデオ /DVD 】 < 田中浩二(NHBnews PRO)
 kamipro最新号の告知。ハッスルが地上波!? 東海テレビだけだったらこっちとしてはあんまり・・・。

【新日本キック】KO勝利の武田幸三が次回ジョン・ウェイン戦での引退を示唆!建石が王座返上(GBR)
 残念だが仕方ないか。

【Dynamite!!】6・2所英男、長渕剛のJAPANを聞いてアメリカ進出!?(GBR)
 長渕? 小比類巻に紹介してもらえばいいのに。

桜庭がアキバに出現! ホイス戦に向けコメント=6.2Dynamite!!USA(スポーツナビ)
 ビジネスセミナーというのがうさん臭いが。

CONDORS, SILVERBACKS WIN AT IFL CHICAGO(IFL)
 モーリス・スミスがマルコ・ファスを返り討ち。

吉田秀彦、次戦は「ヘビーでもミドルでも」=PRIDE(スポーツナビ)
 具体的なプランは固まっていない。

シウバが長期休養宣言(GAME AND MMA)
 ケガしたわけでもないのに・・・。

PRIDE大丈夫かよ・・・/人気blogランキング
 
posted by ジーニアス at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アントニオ猪木 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索