2015年05月07日

UFCがリーボックのスポンサーフィーの支払金額を発表

UFC officially announces Reebok sponsorship numbers(MMAJunkie.com)

 UFCがリーボックのスポンサーフィーの支払金額を発表。

・1~5試合 2500ドル
・6~10試合 5000ドル
・11~15試合 1万ドル
・16~20試合 1万5000ドル
・21試合以上 2万ドル
・タイトル挑戦者 3万ドル
・チャンピオン 4万ドル

 開始されるのは7月11日の『UFC 189: Aldo vs. McGregor』の週からでファイターには記者会見、公開練習、前日計量、試合で使用するウェア、シューズなどのアイテムが支給されます。これまで恒例だった試合前にケージにスポンサーのバナーを広げることは禁止されます。

What would UFC Fight Night 65 fighters make if the Reebok deal were in effect?(MMAJunkie.com)

 もし今週の『UFC Fight Night 65: Miocic vs. Hunt』で適応された場合のシミュレーションだとスティペ・ミオシッチ、マーク・ハント共に5000ドルしか支給されません。最高でもブラッド・タヴァレス、アンソニー・ペロシュの1万ドルで大半の選手が2500ドルとなります。

posted by ジーニアス at 09:49| Comment(10) | TrackBack(0) | UFC | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合前のケージのタペストリーみたいなの
結構好きだったのに残念。。。
Posted by 000 at 2015年05月07日 10:30
ハントはタイトル挑戦したから3万ドルじゃないんですか?

それとも暫定はタイトル挑戦とみなされないんですかね?
Posted by フランツ at 2015年05月07日 12:03
パッと見少ないと感じますね。というか21試合以上ってw
逆にそれだけやっててタイトル挑戦者じゃないほうが珍しいですね。
Posted by ssa at 2015年05月07日 12:33
思ってたより安いなあ
これいままでのスポンサー収益と比べると高いのか安いのかどっちなんだろう
しかもバナー広げるの無しかあ。。。あれぞUFCってかんじで好きだったんだけどなあ
Posted by ザザ虫 at 2015年05月07日 12:38
バナーにプリントされてるスポンサーや
セコンド陣に知った顔がいた時の若干の嬉しさ、
選手のウェアのカッコ良さ、
(サンチェス戦でメレンデス陣営が着ていた
TAPOUTの上下はカッコ良かった!)
そして大久保涼香さんの卒業…
とまあ最後はUFCに全く関係ありませんが、
こういった試合に関係ない
人によってはくだらないと思われる部分も
自分は楽しみだったので、
密かな楽しみが消えていくのは寂しいですね。






Posted by ドレミ at 2015年05月07日 13:32
UFCはいままでの選手についていたスポンサーのぶんは
何か考慮してあげてるのかなあ???
Posted by まさ at 2015年05月07日 14:31
UFCの衰退が加速する気がする。
Posted by R at 2015年05月07日 15:05
試合前のスポンサーバナー好きだったのに残念
(バナーなしの五味もカッコ良かった!!)

リーボックってアメリカではどんなブランドイメージなんでしょうかね…
Posted by Hi- at 2015年05月07日 16:50
日本の輸入業者も何社か潰れそう
デザインいいの多かったからな
Posted by a at 2015年05月07日 17:18
タイトル挑戦経験者ではなくて、タイトル挑戦者でしょ?
ハントは関係ないよ。
Posted by ななし at 2015年05月07日 19:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
記事検索